【最も多い浸潤性乳管癌を理解しましょう。】の詳細ページです。

Utility Tools

乳がん検診のベルーガクリニックTOPサイトマッププライバシーポリシー

お問い合せはお気軽に

ベルーガクリニックはマンモグラフィー精度管理中央委員会においてA評価という最高評価と認定されています。

2006年6月から2019年2月まで

新患数44134

乳がんの発見数1936

J.POSHへの寄付金3261万円

オフィシャル·サポーター

オフィシャル·サポーター

ベルーガクリニックは
ピンクリボン運動推進宣言
行っています。

ピンクリボン運動 推進宣言について

モバイルサイトへは
上記QRコードを読み込んで
アクセスしてください。

お問い合せはお気軽に

0120-150-929

03-5916-0114

(月-金9:00-19:00、土17:30まで)

title
言いたい放題乳腺外科コラム

最も多い浸潤性乳管癌を理解しましょう。

2009/11/24
No. 58

 浸潤癌も非浸潤癌と同様に乳管上皮細胞から発生する。間質組織へ浸潤性に増殖するのが特徴です。75%は乳管内に癌細胞が進展(広がる)する像が見られます。一般に乳管内成分と呼ばれます。組織構造の違いに3型(乳頭腺管癌・充実腺管癌・硬癌)に分類されます。乳癌の8割強を占めます。3型の比率は1:1:2となり、乳癌全体の4割を硬癌が占めます。

・リンパ節転移陽性率:硬癌>充実腺管癌>乳頭腺管癌
・癌の脂肪織浸潤・リンパ管侵襲・皮膚浸潤:硬癌>充実腺管癌>乳頭腺管癌
・癌巣が乳腺組織内にとどまる:乳頭腺管癌>充実腺管癌>硬癌
・10年生存率:乳頭腺管癌>充実腺管癌>硬癌

【乳頭腺管癌】
 マンモグラフィ画像の中心は石灰化で、6割が石灰化のみで発見されます。腫瘤が伴うものも石灰化が認められます。腫瘤像がはっきり認識出来るものは4割で、腫瘤像に特有な所見はありません。マンモグラフィでこの石灰化を悪性と判断されないと誤診に繋がります。
 エコーでは硬癌や充実腺管癌の中間的位置にあります。圧排発育性の特徴はなく、一般に乳癌は縦横比が高いが、この癌は管内進展の特徴を反映し、縦横比は低いことが少なくない。後方エコー(腫瘍の下)も中間型で特徴はありません。浸潤部分が少ない場合は腫瘤をはっきりと形成しません。つまり、エコーでも特徴に欠け、発見され難く誤診される傾向の高い乳癌です。しかし、浸潤性乳管癌では最も予後の良い乳癌です。

【充実腺管癌】
 マンモグラフィでは約8割が腫瘤を形成し、うち6割が微細分葉状、3割が境界明瞭な辺縁を有しています。腫瘤は全体に高濃度でしかも腫瘤の中心程濃度が高く描出されます。微細石灰化は全体の3割程度と低いとされています。マンモグラフィで腫瘤を指摘される場合は、この乳癌が多いです。
 エコーでは周囲を圧排発育することに特徴があり、比較的境界明瞭な粗ぞうな低エコー腫瘤として発見されます。形は円形から楕円形、多角形を示すこともあり、やや分葉することもあり、様々な形があり特徴がありません。縦に長い腫瘤として認められるので、これで判断をします。腫瘍内部に細胞成分が多く、後方エコー(腫瘍の下)が増強する(白くなる)のが特徴です。

【硬癌】
 マンモグラフィの特徴はスピキュラ(毛羽立ち)を伴う腫瘤です。しかし、実際は細かな毛羽立ちだけでスピキュラの所見がはっきりしないしばしばあり、微細分葉状を示すことの方が多いとされています。また、スピキュラを思わせる所見があっても腫瘤がはっきりしない時や病巣が背景の乳腺に埋もれている時があり、この場合は構築の乱れとしか表現できないので、癌の診断が不確実になり見逃されます。
 エコーでは、境界の不明瞭な不整形の低エコー腫瘤として描出されます。上の方が断裂して、グレー調の不規則な領域(境界部高エコーが形成)として見えます。後方エコー(病変の下)は減衰(黒く見える)します。比較的エコーでは特徴があります。
 触診では不整形で、境界不明瞭な硬い腫瘤を形成するので、1p程度の小さいものでも分かります。最も予後が不良な乳癌です。

 上記判断を知っていると検診などで病変を指摘された時に、良性と間違われそうになっても、診断医に再度確認する手立てになると思います。

 

 

乳がんの手術経験豊富な医師が、乳がん検診やマンモグラフィーを行う「ベルーガクリニック」TOP乳がんについて乳腺外科PBCシステム乳がん検診
各種外来・サービス信頼の証ご挨拶クリニック紹介乳腺外科コラム他の乳がん検診との比較掲示板
メディア情報お知らせサイトマッププライバシーポリシーお問い合わせピンクリボン運動推進宣言について

ベルーガクリニック・ベルーガ乳腺センター【PBCシステム乳がん検診・検査のハイテク乳腺専門クリニック】

乳がん・乳がん検診[東京・埼玉エリア]は乳腺外科のベルーガクリニック

〒174-0046 東京都板橋区蓮根3-14-1 第2カネヨビル2F
都営三田線 蓮根駅・西台駅(巣鴨駅より15分、大手町駅より28分)徒歩5分 ★埼玉県や練馬区・豊島区・北区からも近い便利な立地です。