【乳房の痛みが本当に病気か?】の詳細ページです。

Utility Tools

乳がん検診のベルーガクリニックTOPサイトマッププライバシーポリシー

お問い合せはお気軽に

ベルーガクリニックはマンモグラフィー精度管理中央委員会においてA評価という最高評価と認定されています。

2006年6月から2019年1月まで

新患数44014

乳がんの発見数1926

J.POSHへの寄付金3244万円

オフィシャル·サポーター

オフィシャル·サポーター

ベルーガクリニックは
ピンクリボン運動推進宣言
行っています。

ピンクリボン運動 推進宣言について

モバイルサイトへは
上記QRコードを読み込んで
アクセスしてください。

お問い合せはお気軽に

0120-150-929

03-5916-0114

(月-金9:00-19:00、土17:30まで)

title
言いたい放題乳腺外科コラム

乳房の痛みが本当に病気か?

2009/10/03
No. 6

 乳房の痛みを訴えて外来受診される方が多くいらしゃいます。殆どは病的な痛みではありません。原因は女性ホルモンによる影響で乳房が張り、その為に痛みが出ています。
 何故、ブラジャーを付けるのかを考えて頂ければ簡単な事です。乳房や乳腺は胸にただ付いているのではありません。肩から伸びる筋肉により支えられています。生理前に黄体ホルモンの影響で乳腺間質に浮腫が生じ、乳房が張ります。重力の関係で下方に力が掛り、乳房が揺れる事により筋肉に負担が掛り痛みが出ます。例えばノーブラで1日過ごすと胸が痛くなるのも筋肉の痛みです。腋から前胸部の部位を強く摘むと痛みがあると思います。また、乳房の奥の方や乳房の辺縁の痛みが多いと思います。お年寄りのブラジャーをしない方、出産後にブラジャーのサイズを測らずに以前の物を使用している方、最近はユニクロの乳房を圧迫しない下着を付けた方が良く痛みを訴えられます。この痛みが生じるホルモンのアンバランスが乳がんを発生するので、このような症状がある方はマンモグラフィーとエコー検査を併用した乳がん検診を毎年受ける事が大切です。保険診療で外来受診すると乳がん疑いや乳腺症と言う病名が付き、今後生命保険やがん保険加入時や見直しの時に告知義務が生じ、加入制限の対象となり、社会的差別を受ける可能性があります。
 この痛みの対処法は乳房をブラジャーなのどで体が動いても固定が出来る物をご使用になる事です。24時間の下着の着用、痛みが激しい場合はさらしや胸部のサポーターのようなバンドを使用するのが一番楽になります。また、カフェインは痛みを倍増するので控えるのが原則です。根本的にはのう胞や乳腺症があるので、女性ホルモンの影響を強く受けた乳腺が乳房の張りの原因です。乳癌診療ガイドラインには脂肪摂取の乳がんリスクについては、閉経前は根拠不十分、閉経後は可能性ありになっています。しかし、食生活から動物性脂肪を排除し、運動習慣を持つと乳房の張りはなくなります。これは女性ホルモンのバランスがよくなるからではないかと考えます。つまり、乳がんのリスク回避になると考えます。2年前にアメリカで赤身の牛肉を週1回摂取した人と摂取しなかった人の比較で前者が47%リスクが上昇したと言う報告もあります。
 腫瘍による痛みは乳がんも良性腫瘍も同じで誰が触れても明らかな3p以上の腫瘍があり、その腫瘍を中心とした部分的な痛みがメインとなります。これは腫瘍が神経を圧迫したり、刺激を与える為の痛みです。このような場合は直に乳腺外科外来を受診する事が必要です。

乳がんの手術経験豊富な医師が、乳がん検診やマンモグラフィーを行う「ベルーガクリニック」TOP乳がんについて乳腺外科PBCシステム乳がん検診
各種外来・サービス信頼の証ご挨拶クリニック紹介乳腺外科コラム他の乳がん検診との比較掲示板
メディア情報お知らせサイトマッププライバシーポリシーお問い合わせピンクリボン運動推進宣言について

ベルーガクリニック・ベルーガ乳腺センター【PBCシステム乳がん検診・検査のハイテク乳腺専門クリニック】

乳がん・乳がん検診[東京・埼玉エリア]は乳腺外科のベルーガクリニック

〒174-0046 東京都板橋区蓮根3-14-1 第2カネヨビル2F
都営三田線 蓮根駅・西台駅(巣鴨駅より15分、大手町駅より28分)徒歩5分 ★埼玉県や練馬区・豊島区・北区からも近い便利な立地です。