乳がん検診なら東京・埼玉エリアにある乳腺外科「ベルーガクリニック」マンモグラフィー検査による乳がんの検査を受付けております。

フリーダイヤル
0120-150-929(イコークリニック)
tel
03-5916-0114(オーイイヨ)
受付時間
月〜金 9:00〜19:00 (土17:30まで)

2006年6月〜
20218月まで

乳がんの発見数
2232
詳細はコチラ >>
J.POSHへの寄付金
3787万円
詳細はコチラ >>
新患数
47074
詳細はコチラ >>

言いたい放題乳腺外科コラム

不定期に当院の今日の乳がん・乳がん検診乳腺外科診療におけるコラムを掲載しております。

Novavax 社の SARS-CoNovavax 社の SARS-CoV-2 ワクチンである NV
  • 2021.07.03(Sat)
  • No.3466

Novavax 社の SARS-CoNovavax 社の SARS-CoV-2 ワクチンである NVX-CoV2373 の有効性は89.7% 。
"Safety and Efficacy of NVX-CoV2373 Covid-19 Vaccine."
DOI: 10.1056/NEJMoa2107659
Novavax 社の SARS-CoV-2 ワクチンである NVX-CoV2373 は、野生型 SARS-CoV-2 スパイク糖蛋白をコードする遺伝子を組換えて作成され、中和抗体産生を促すために免疫増強アジュバントである Matrix-M を含有している。本報告は、NVX-CoV2373 の有効性を検討するため、英国で実施された phase 3 randomized observer-blinded placebo-controlled trial である。18歳から84歳を対象に、NVX-CoV2373 あるいはプラセボを3週間隔で2回接種した。ワクチン有効性は、2回目接種から7日以降にウイルス学的検査で確認された SARS-CoV-2 感染率で評価した。
● 対象は14,039例で、NVX-CoV2373 群が7,020例、プラセボ群が7,019例。女性が48.4%、白人が94.5%、65歳以上が27.9%、併存症を有するものが44.6%。
● SARS-CoV-2 の感染が確認されたものは、NVX-CoV2373 群で10例、プラセボ群で96例、ワクチン有効性は89.7% (95% CI, 80.2 to 94.6) だった。
● イギリス型変異株 B.1.1.7 に対する NVX-CoV2373 の有効性は86.3% (95% CI, 71.3 to 93.5) だった。
● NVX-CoV2373 群で SARS-CoV-2 に感染した10例で、入院したものや死亡したものはいなかった。
● 最も頻度の高い有害事象は局所症状であり、初回接種では NVX-CoV2373 群57.6%・プラセボ群17.9%、2回目接種では NVX-CoV2373 群79.6%・プラセボ群16.4%だった。全身的有害事象頻度は、初回接種では NVX-CoV2373 群45.7%・プラセボ群36.3%、2回目接種では NVX-CoV2373 群64.0%・プラセボ群30.0%だった。NVX-CoV2373 群で高頻度に認めた全身症状は、頭痛、筋肉痛、倦怠感だった。重篤有害事象頻度は、NVX-CoV2373 群・プラセボ群ともに0.5%だった。NVX-CoV2373 群の1例が、2回目接種から3日後に心筋炎を発症した。
"Safety and Efficacy of NVX-CoV2373 Covid-19 Vaccine."
DOI: 10.1056/NEJMoa2107659
Novavax 社の SARS-CoV-2 ワクチンである NVX-CoV2373 は、野生型 SARS-CoV-2 スパイク糖蛋白をコードする遺伝子を組換えて作成され、中和抗体産生を促すために免疫増強アジュバントである Matrix-M を含有している。本報告は、NVX-CoV2373 の有効性を検討するため、英国で実施された phase 3 randomized observer-blinded placebo-controlled trial である。18歳から84歳を対象に、NVX-CoV2373 あるいはプラセボを3週間隔で2回接種した。ワクチン有効性は、2回目接種から7日以降にウイルス学的検査で確認された SARS-CoV-2 感染率で評価した。
● 対象は14,039例で、NVX-CoV2373 群が7,020例、プラセボ群が7,019例。女性が48.4%、白人が94.5%、65歳以上が27.9%、併存症を有するものが44.6%。
● SARS-CoV-2 の感染が確認されたものは、NVX-CoV2373 群で10例、プラセボ群で96例、ワクチン有効性は89.7% (95% CI, 80.2 to 94.6) だった。
● イギリス型変異株 B.1.1.7 に対する NVX-CoV2373 の有効性は86.3% (95% CI, 71.3 to 93.5) だった。
● NVX-CoV2373 群で SARS-CoV-2 に感染した10例で、入院したものや死亡したものはいなかった。
● 最も頻度の高い有害事象は局所症状であり、初回接種では NVX-CoV2373 群57.6%・プラセボ群17.9%、2回目接種では NVX-CoV2373 群79.6%・プラセボ群16.4%だった。全身的有害事象頻度は、初回接種では NVX-CoV2373 群45.7%・プラセボ群36.3%、2回目接種では NVX-CoV2373 群64.0%・プラセボ群30.0%だった。NVX-CoV2373 群で高頻度に認めた全身症状は、頭痛、筋肉痛、倦怠感だった。重篤有害事象頻度は、NVX-CoV2373 群・プラセボ群ともに0.5%だった。NVX-CoV2373 群の1例が、2回目接種から3日後に心筋炎を発症した。