乳がん検診なら東京・埼玉エリアにある乳腺外科「ベルーガクリニック」マンモグラフィー検査による乳がんの検査を受付けております。

フリーダイヤル
0120-150-929(イコークリニック)
tel
03-5916-0114(オーイイヨ)
受付時間
月〜金 9:00〜19:00 (土17:30まで)

2006年6月〜
20219月まで

乳がんの発見数
2238
詳細はコチラ >>
J.POSHへの寄付金
3802万円
詳細はコチラ >>
新患数
47117
詳細はコチラ >>

言いたい放題乳腺外科コラム

不定期に当院の今日の乳がん・乳がん検診乳腺外科診療におけるコラムを掲載しております。

中国シノファーム社製 SARS-CoV-2 不活化ワクチンによる有症状
  • 2021.05.29(Sat)
  • No.3461

中国シノファーム社製 SARS-CoV-2 不活化ワクチンによる有症状 COVID-19 発症に対する有効性は、WIV04 ワクチンで72.8%、HB02 ワクチンで78.1% 。
"Effect of 2 Inactivated SARS-CoV-2 Vaccines on Symptomatic COVID-19 Infection in Adults. A Randomized Clinical Trial."
doi:10.1001/jama.2021.8565
中国シノファーム社製 SARS-CoV-2 不活化ワクチンの有効性を確認する double-blind randomized phase 3 trial。不活化ワクチンは SARS-CoV-2 の WIV04 株と HB02 株から作成され、対象を WIV04 ワクチン群、HB02 ワクチン群、コントロール群 (ミョウバンのみ含有) に無作為化した。主観察項目は、2回のワクチン接種から14日以降の有症状 COVID-19 に対する有効性とした。
● 40,411例が無作為化され、2回の接種を受けたものは38,206例で平均年齢は36歳、男性は84%だった。38,206例の内訳は WIV04 ワクチン群12,743例、HB02 ワクチン群12,726例、コントロール群12,737例だった。
● 観察期間中央値は77日で有症状 COVID-19 発症は142例で、WIV04 ワクチン群で26例、HB02 ワクチン群で21例、コントロール群で95例だった。1,000人年あたりの頻度は、WIV04 ワクチン群で12.1、HB02 ワクチン群で9.8、コントロール群で44.7だった。コントロール群と比較したワクチン有効性は、WIV04 ワクチンで72.8% (95% CI 58.1%-82.4%)、HB02 ワクチンで 78.1% (95% CI, 64.8%-86.3%) だった。
● 重篤 COVID-19 をコントロール群の2例で認められたが、二つのワクチン群では認めなかった。
● 高頻度有害事象は接種部痛 (WIV04 ワクチン群24.3%、HB02 ワクチン群19.4%、コントロール群27.9%)、次いで頭痛 (WIV04 ワクチン群12.9%、HB02 ワクチン群13.1%、コントロール群12.6%) であり、その他有害事象の大多数はグレード1?2で軽度だった。重篤有害事象頻度は WIV04 ワクチン群0.5%、HB02 ワクチン群0.4%、コントロール群0.6%で、三群に差はなかった。