乳がん検診なら東京・埼玉エリアにある乳腺外科「ベルーガクリニック」マンモグラフィー検査による乳がんの検査を受付けております。

フリーダイヤル
0120-150-929(イコークリニック)
tel
03-5916-0114(オーイイヨ)
受付時間
月〜金 9:00〜19:00 (土17:30まで)

2006年6月〜
20219月まで

乳がんの発見数
2238
詳細はコチラ >>
J.POSHへの寄付金
3802万円
詳細はコチラ >>
新患数
47117
詳細はコチラ >>

言いたい放題乳腺外科コラム

不定期に当院の今日の乳がん・乳がん検診乳腺外科診療におけるコラムを掲載しております。

ジョンソン・エンド・ジョンソン社のアデノウイルスベクターワクチン1回
  • 2021.04.23(Fri)
  • No.3450

ジョンソン・エンド・ジョンソン社のアデノウイルスベクターワクチン1回接種による中等症から重症 Covid-19 に対する有効性は、接種14日以降で66.9%、接種28日以降で66.1% 。
"Safety and Efficacy of Single-Dose Ad26.COV2.S Vaccine against Covid-19."
DOI: 10.1056/NEJMoa2101544
Ad26.COV2.S ワクチンは、ジョンソン・エンド・ジョンソンのオランダ法人ヤンセン・ワクチンズ社とベス・イスラエル・ディーコネス医療センターが開発した、SARS-CoV-2 の完全長・安定化スパイク蛋白質をコードする遺伝子組み換え非増殖型アデノウイルス血清型26 (Ad26) ベクターである。本報告は、Ad26.COV2.S ワクチンの1回投与の有効性をプラセボ (生理食塩水) と比較する international randomized double-blind placebo-controlled phase 3 trial。対象を SARS-CoV-2 感染が否定された18歳以上とし、主観察項目を接種14日以降および28日以降の中等度-重症 Covid-19 罹患に対するワクチン有効性とした。
● 対象は39,321例で、Ad26.COV2.S ワクチン群19,630例、プラセボ群19,691例に無作為化された。
● 有効性
 ・中等症から重症 Covid-19 罹患に対するワクチン有効性:接種14日以降の中等度-重症 Covid-19 罹患者は Ad26.COV2.S ワクチン群116例・プラセボ群348例、ワクチン有効性は66.9% (95% CI 59.0 to 73.4) だった。接種28日以降の中等度-重症 Covid-19 罹患者は Ad26.COV2.S ワクチン群66例・プラセボ群193例、ワクチン有効性は66.1% (95% CI 55.0 to 74.😎 だった。
 ・重症 Covid-19 罹患に対するワクチン有効性:接種14日以降の重症 Covid-19 罹患者は Ad26.COV2.S ワクチン群14例・プラセボ群60例、ワクチン有効性は 76.7% (95% CI 54.6 to 89.1) だった。接種28日以降の重症 Covid-19 罹患者は Ad26.COV2.S ワクチン群5例・プラセボ群34例、ワクチン有効性は85.4% (95% CI 54.2 to 96.9) だった。
 ・20H/501Y.V2 variant による感染が高率 (91例中86例、94.5%) だった南アフリカにおける中等症から重症 Covid-19 罹患に対するワクチン有効性は、接種14日以降で52.0% (95% CI 30.3 to 67.4)、接種28日以降で64.0% (95% CI 41.2 to 78.7)、接種28日以降で73.1% (95% CI 40.0 to 89.4)、接種28日以降で81.7% (95% CI 46.2 to 95.4) だった。
● 安全性
 ・Ad26.COV2.S ワクチン群では局所症状として48.6%に接種部位疼痛を、全身症状として頭痛を38.9%、倦怠感を38.2%、筋肉痛を33.2%、嘔気を14.2%に認めた。
 ・静脈血栓症をAd26.COV2.S ワクチン群で11例、プラセボ群で3例に認めたが、大半の症例は誘因となり得る併存症を有していた。
 ・死亡をAd26.COV2.S ワクチン群で3例、プラセボ群で16例に認めたが、全例で試験介入とは無関係と判定された。