乳がん検診なら東京・埼玉エリアにある乳腺外科「ベルーガクリニック」マンモグラフィー検査による乳がんの検査を受付けております。

フリーダイヤル
0120-150-929(イコークリニック)
tel
03-5916-0114(オーイイヨ)
受付時間
月〜金 9:00〜19:00 (土17:30まで)

2006年6月〜
20219月まで

乳がんの発見数
2238
詳細はコチラ >>
J.POSHへの寄付金
3802万円
詳細はコチラ >>
新患数
47117
詳細はコチラ >>

言いたい放題乳腺外科コラム

不定期に当院の今日の乳がん・乳がん検診乳腺外科診療におけるコラムを掲載しております。

アストラゼネカ社 ChAdOx1 nCoV-19 ワクチンの英国変異種
  • 2021.04.01(Thu)
  • No.3446

アストラゼネカ社 ChAdOx1 nCoV-19 ワクチンの英国変異種に対する中和抗体活性は英国変異種以外より低いものの、英国変異種に対して70.4%のワクチン有効性を有する (文献2021-039)。
"Efficacy of ChAdOx1 nCoV-19 (AZD1222) vaccine against SARS-CoV-2 variant of concern 202012/01 (B.1.1.7): an exploratory analysis of a randomised controlled trial."
オックスフォード大学とアストラゼネカ社が開発した SARS-CoV-2 に対するアデノウイルスベクターワクチン ChAdOx1 nCoV-19 ワクチンのフェーズ2/3臨床試験において、同ワクチンの SARS-CoV-2 英国変異種 (B.1.1.7) に対する有効性を検討した。
● 対象は、2020年5月21日から11月13日までに2回のワクチン接種を受けた18歳以上の英国人8,534例 (18-55歳が78%、女性が59歳) で、ChAdOx1 nCoV-19 ワクチン群4,244例、コントロールワクチン (髄膜炎菌ワクチン) 群4,290例。
● 2020年10月1日から2021年1月14日までの SARS-CoV-2 感染は520例で、このうち有症状感染は269例だった。
● 有症状感染269例中、上気道スワブの核酸増幅検査でウイルス変異を検討できたものは147例だった。この147例中、 B.1.1.7 変異種による感染は52例 (35%)、B.1.1.7 変異種以外による感染は95例 (65%) だった。
 ・B.1.1.7 変異種感染52例中、ChAdOx1 nCoV-19 ワクチン群は12例、コントロールワクチン群は40例で、ChAdOx1 nCoV-19 ワクチン有効性は70.4%だった。
 ・B.1.1.7 変異種以外による感染95例中、ChAdOx1 nCoV-19 ワクチン群は15例、コントロールワクチン群は80例で、ChAdOx1 nCoV-19 ワクチン有効性は81.5%だった。
● ChAdOx1 nCoV-19 ワクチン接種例49例の血清を用いてウイルス中和抗体価を測定し、50%ウイルス中和平均幾何抗体価は B.1.1.7 変異種では58 (95% CI 44-77)、B.1.1.7 変異種以外では517 (95% CI 424-631)、幾何抗体価比は8.9 (95% CI 7.2-11.0) だった。中和抗体活性は英国変異種以外より低いものの、英国変異種に対して70.4%のワクチン有効性を有する 。
"Efficacy of ChAdOx1 nCoV-19 (AZD1222) vaccine against SARS-CoV-2 variant of concern 202012/01 (B.1.1.7): an exploratory analysis of a randomised controlled trial."
オックスフォード大学とアストラゼネカ社が開発した SARS-CoV-2 に対するアデノウイルスベクターワクチン ChAdOx1 nCoV-19 ワクチンのフェーズ2/3臨床試験において、同ワクチンの SARS-CoV-2 英国変異種 (B.1.1.7) に対する有効性を検討した。
● 対象は、2020年5月21日から11月13日までに2回のワクチン接種を受けた18歳以上の英国人8,534例 (18-55歳が78%、女性が59歳) で、ChAdOx1 nCoV-19 ワクチン群4,244例、コントロールワクチン (髄膜炎菌ワクチン) 群4,290例。
● 2020年10月1日から2021年1月14日までの SARS-CoV-2 感染は520例で、このうち有症状感染は269例だった。
● 有症状感染269例中、上気道スワブの核酸増幅検査でウイルス変異を検討できたものは147例だった。この147例中、 B.1.1.7 変異種による感染は52例 (35%)、B.1.1.7 変異種以外による感染は95例 (65%) だった。
 ・B.1.1.7 変異種感染52例中、ChAdOx1 nCoV-19 ワクチン群は12例、コントロールワクチン群は40例で、ChAdOx1 nCoV-19 ワクチン有効性は70.4%だった。
 ・B.1.1.7 変異種以外による感染95例中、ChAdOx1 nCoV-19 ワクチン群は15例、コントロールワクチン群は80例で、ChAdOx1 nCoV-19 ワクチン有効性は81.5%だった。
● ChAdOx1 nCoV-19 ワクチン接種例49例の血清を用いてウイルス中和抗体価を測定し、50%ウイルス中和平均幾何抗体価は B.1.1.7 変異種では58 (95% CI 44-77)、B.1.1.7 変異種以外では517 (95% CI 424-631)、幾何抗体価比は8.9 (95% CI 7.2-11.0) だった。