乳がん検診なら東京・埼玉エリアにある乳腺外科「ベルーガクリニック」マンモグラフィー検査による乳がんの検査を受付けております。

フリーダイヤル
0120-150-929(イコークリニック)
tel
03-5916-0114(オーイイヨ)
受付時間
月〜金 9:00〜19:00 (土17:30まで)

2006年6月〜
20219月まで

乳がんの発見数
2238
詳細はコチラ >>
J.POSHへの寄付金
3802万円
詳細はコチラ >>
新患数
47117
詳細はコチラ >>

言いたい放題乳腺外科コラム

不定期に当院の今日の乳がん・乳がん検診乳腺外科診療におけるコラムを掲載しております。

アストラゼネカ社の SARS-CoV-2 に対するアデノウイルスベクターワクチン
  • 2021.03.17(Wed)
  • No.3439

アストラゼネカ社の SARS-CoV-2 に対するアデノウイルスベクターワクチン (ChAdOx1 nCoV-19 ワクチン) の南アフリカ変異種に対する有効性は10.4% 。
"Efficacy of the ChAdOx1 nCoV-19 Covid-19 Vaccine against the B.1.351 Variant."
DOI: 10.1056/NEJMoa2102214
南アフリカで実施された ChAdOx1 nCoV-19 ワクチンの無作為比較試験の対象2,026例において、南アフリカ変異種 (B.1.351 変異種) に対するワクチン有効性を検討した。対象は ChAdOx1 nCoV-19 ワクチン群とプラセボ (生理食塩水) 群に1:1で無作為化され、21日〜35日間隔で2回筋肉注射された。
● 2,026例は ChAdOx1 nCoV-19 ワクチン群1,011例、プラセボ群1,010例に無作為化され、少なくとも1回の接種を受けた。
● 25例でワクチン2回目接種後にシュードタイプウイルスを用いた中和試験とプラーク減少中和試験を実施し、プラセボ接種例と比較して B.1.351 変異種に対する中和活性を認めた。
● 2回の接種を受け、2回目接種から14日以降に軽度〜中等度 COVID-19 を発症したものは、ワクチン群750例中19例 (2.5%)、プラセボ群717例中23例 (3.2%)、ワクチン有効性は21.9%だった。
● COVID-19 を発症した42例中、B.1.351 変異種による感染は39例 (92.9%) で、B.1.351 変異種に対するワクチン有効性は10.4%だった。