乳がん検診なら東京・埼玉エリアにある乳腺外科「ベルーガクリニック」マンモグラフィー検査による乳がんの検査を受付けております。

フリーダイヤル
0120-150-929(イコークリニック)
tel
03-5916-0114(オーイイヨ)
受付時間
月〜金 9:00〜19:00 (土17:30まで)

2006年6月〜
20219月まで

乳がんの発見数
2238
詳細はコチラ >>
J.POSHへの寄付金
3802万円
詳細はコチラ >>
新患数
47117
詳細はコチラ >>

言いたい放題乳腺外科コラム

不定期に当院の今日の乳がん・乳がん検診乳腺外科診療におけるコラムを掲載しております。

mRNA COVID-19 ワクチン初回投与後のアレルギー発生率は2%
  • 2021.03.06(Sat)
  • No.3435

mRNA COVID-19 ワクチン初回投与後のアレルギー発生率は2%、アナフィラキシー発生率は0.025% (1万接種あたり2.47)、アナフィラキシー発症例は全例回復 。
"Acute Allergic Reactions to mRNA COVID-19 Vaccines."
doi:10.1001/jama.2021.3976
マサチューセッツ州最大の医療システムで12の病院を抱える Mass General Brigham の従業員64,900人を対象に、mRNA COVID-19 ワクチン初回投与後のアナフィラキシー反応について前向きに調査した。
● 64,900人中、Pfizer-BioNTech ワクチン接種者は5,929人 (40%)、 Moderna ワクチン接種者は38,971人 (60%) だった。52,805 (81%) が1回以上の症状追跡を受けた。
● アレルギー反応を1,365人 (2.10%) に認め、Pfizer-BioNTech ワクチンでは1.95%、Moderna ワクチンでは2.20%であり、Moderna ワクチンで高頻度だった (P = 0.03)。
● アナフィラキシーを16人 (0.025%) に認め、 Pfizer-BioNTech ワクチンでは7人 (0.027%)、Moderna ワクチンでは9人 (0.023%) であり、差はなかった (P = 0.76)。
● アナフィラキシー発症16人の平均年齢は41歳、女性が15人 (94%)、アレルギー歴を有するものが10例 (63%)、アナフィラキシー歴を有するものが5例 (31%) だった。
● アナフィラキシー発症までの平均時間は17分 (1-120分) だった。
● ICUに入院したものが1例、エピネフィリン筋肉注射を受けたものが9例 (56%) で、全例が回復した。