乳がん検診なら東京・埼玉エリアにある乳腺外科「ベルーガクリニック」マンモグラフィー検査による乳がんの検査を受付けております。

フリーダイヤル
0120-150-929(イコークリニック)
tel
03-5916-0114(オーイイヨ)
受付時間
月〜金 9:00〜19:00 (土17:30まで)

2006年6月〜
20219月まで

乳がんの発見数
2238
詳細はコチラ >>
J.POSHへの寄付金
3802万円
詳細はコチラ >>
新患数
47117
詳細はコチラ >>

言いたい放題乳腺外科コラム

不定期に当院の今日の乳がん・乳がん検診乳腺外科診療におけるコラムを掲載しております。

非肥満の乳がん症例と比較して肥満乳がん症例では
  • 2021.02.26(Fri)
  • No.3433

非肥満の乳がん症例と比較して肥満乳がん症例ではサブタイプを問わずに無病生存と全生存が悪化 。
"Association of Obesity with Breast Cancer Outcome in Relation to Cancer Subtypes: A Meta-Analysis."
乳がんの予後と肥満の関係を検討した27研究のメタ解析。
● 27研究の内訳は観察研究が21、介入研究が6。
● 非肥満と肥満 (obesity) の比較
 ○サブタイプを問わず非肥満と比較して肥満で無病生存が悪化していた。
 ・ホルモンレセプター陽性/HER2陰性:ハザード比1.26 (95% CI 1.13 to 1.41; P < 0.001)
 ・HER2陽性:ハザード比1.16 (95% CI 1.06 to 1.26; P <0.001)
 ・トリプルネガティブ:ハザード比1.17 (95% CI 1.06 to 1.29; P = 0.001)
 ○サブタイプを問わず非肥満と比較して肥満で全生存が悪化していた。
 ・ホルモンレセプター陽性/HER2陰性:ハザード比1.39 (95% CI 1.20 to 1.62; P < 0.001)
 ・HER2陽性:ハザード比1.18 (95% CI 1.05 to 1.33; P = 0.006)
 ・トリプルネガティブ:ハザード比1.32 (95% CI 1.13 to 1.53; P = 0.001)
● 非肥満と過剰体重 (overweight) の比較
 ○HER2陽性およびトリプルネガティブで非肥満と過剰体重の無病生存に差はなかった。
 ・ホルモンレセプター陽性/HER2陰性:研究数が少なく解析実施せず。
 ・HER2陽性:ハザード比1.02 (95% CI 0.81 to 1.28; P = 0.85)
 ・トリプルネガティブ:ハザード比1.04 (95%CI 0.93 to 1.18; P = 0.49)
 ○ホルモンレセプター陽性/HER2陰性で非肥満と比較して過剰体重の全生存が悪化していた。HER2陽性およびトリプルネガティブでは非肥満と過剰体重の無病生存に差はなかった。
 ・ホルモンレセプター陽性/HER2陰性:ハザード比1.14 (95% CI 1.07 to 1.22; P = 0.001)
 ・HER陽性:ハザード比0.96 (95% CI 0.76 to 1.21, P = 0.99)
 ・トリプルネガティブ:ハザード比1.08 (95% CI 0.81 to 1.44; P = 0.17)ではサブタイプを問わずに無病生存と全生存が悪化 。
"Association of Obesity with Breast Cancer Outcome in Relation to Cancer Subtypes: A Meta-Analysis."
乳がんの予後と肥満の関係を検討した27研究のメタ解析。
● 27研究の内訳は観察研究が21、介入研究が6。
● 非肥満と肥満 (obesity) の比較
 ○サブタイプを問わず非肥満と比較して肥満で無病生存が悪化していた。
 ・ホルモンレセプター陽性/HER2陰性:ハザード比1.26 (95% CI 1.13 to 1.41; P < 0.001)
 ・HER2陽性:ハザード比1.16 (95% CI 1.06 to 1.26; P <0.001)
 ・トリプルネガティブ:ハザード比1.17 (95% CI 1.06 to 1.29; P = 0.001)
 ○サブタイプを問わず非肥満と比較して肥満で全生存が悪化していた。
 ・ホルモンレセプター陽性/HER2陰性:ハザード比1.39 (95% CI 1.20 to 1.62; P < 0.001)
 ・HER2陽性:ハザード比1.18 (95% CI 1.05 to 1.33; P = 0.006)
 ・トリプルネガティブ:ハザード比1.32 (95% CI 1.13 to 1.53; P = 0.001)
● 非肥満と過剰体重 (overweight) の比較
 ○HER2陽性およびトリプルネガティブで非肥満と過剰体重の無病生存に差はなかった。
 ・ホルモンレセプター陽性/HER2陰性:研究数が少なく解析実施せず。
 ・HER2陽性:ハザード比1.02 (95% CI 0.81 to 1.28; P = 0.85)
 ・トリプルネガティブ:ハザード比1.04 (95%CI 0.93 to 1.18; P = 0.49)
 ○ホルモンレセプター陽性/HER2陰性で非肥満と比較して過剰体重の全生存が悪化していた。HER2陽性およびトリプルネガティブでは非肥満と過剰体重の無病生存に差はなかった。
 ・ホルモンレセプター陽性/HER2陰性:ハザード比1.14 (95% CI 1.07 to 1.22; P = 0.001)
 ・HER陽性:ハザード比0.96 (95% CI 0.76 to 1.21, P = 0.99)
 ・トリプルネガティブ:ハザード比1.08 (95% CI 0.81 to 1.44; P = 0.17)