乳がん検診なら東京・埼玉エリアにある乳腺外科「ベルーガクリニック」マンモグラフィー検査による乳がんの検査を受付けております。

フリーダイヤル
0120-150-929(イコークリニック)
tel
03-5916-0114(オーイイヨ)
受付時間
月〜金 9:00〜19:00 (土17:30まで)

2006年6月〜
20211月まで

乳がんの発見数
2183
詳細はコチラ >>
J.POSHへの寄付金
3702万円
詳細はコチラ >>
新患数
46657
詳細はコチラ >>

言いたい放題乳腺外科コラム

不定期に当院の今日の乳がん・乳がん検診乳腺外科診療におけるコラムを掲載しております。

アジスロマイシンはCOVID-19入院症例の死亡率を改善しない
  • 2021.02.02(Tue)
  • No.3421

アジスロマイシンはCOVID-19入院症例の死亡率を改善しない 。
"Azithromycin in patients admitted to hospital with COVID-19 (RECOVERY): a randomised, controlled, open-label, platform trial."
RECOVERY trial は、英国 National Institute for Health Research Clinical Research Network がサポートする176病院で実施された、COVID-19 患者に対する治療法を検討する無作為比較試験。本報告ではアジスロマイシンについて検討した。対象は、臨床的あるいは検査で確認された COVID-19 による入院症例7,763例 (アジスロマイシン群2,582例・通常治療群5,181例)。アジスロマイシン群では、通常治療に加えてアジスロマイシン 500mgを経口または静注で退院まで連日投与された。主観察項目は、intention-to-treat population における無作為化から28日間の全死亡率とした。
● 7,763例の平均年齢は65.3歳、女性は38%。アジスロマイシン群2,582例と通常治療群5,181例に無作為化された。
● 無作為化から28日以内の全死亡はアジスロマイシン群561例 (22%)、通常治療群1,162例 (22%)、死亡率比0.97 (95% CI 0.87–1.07; p=0.50) で差はなかった。
● 入院期間中央値はアジスロマイシン群10日、通常治療群11日で差はなかった。
● 無作為化から生存退院はアジスロマイシン群1,788例 (69%)、通常治療群3,525例 (68%)、退院率比1.04 (95% CI 0.98–1.10; p=0.19) で差はなかった。
● ベースラインで侵襲的人工呼吸管理なしが侵襲的人工呼吸管理あるいは死亡となったものは、アジスロマイシン群603例 (25%)、通常治療群1,273例 (26%)、率比0.95 (95% CI 0.87–1.03; p=0.24) で差はなかった。