乳がん検診なら東京・埼玉エリアにある乳腺外科「ベルーガクリニック」マンモグラフィー検査による乳がんの検査を受付けております。

フリーダイヤル
0120-150-929(イコークリニック)
tel
03-5916-0114(オーイイヨ)
受付時間
月〜金 9:00〜19:00 (土17:30まで)

2006年6月〜
20209月まで

乳がんの発見数
2153
詳細はコチラ >>
J.POSHへの寄付金
3607万円
詳細はコチラ >>
新患数
46274
詳細はコチラ >>

言いたい放題乳腺外科コラム

不定期に当院の今日の乳がん・乳がん検診乳腺外科診療におけるコラムを掲載しております。

検診発見乳がんと比較して中間期乳がんは
  • 2020.09.26(Sat)
  • No.3376

検診発見乳がんと比較して中間期乳がんは、グレード3およびER陰性のリスクが高く、乳がん死亡リスクは3.55倍 。
"Incidence, Characteristics, and Outcomes of Interval Breast Cancers Compared With Screening-Detected Breast Cancers."
doi:10.1001/jamanetworkopen.2020.18179
カナダのマニトバ州では50〜64歳の女性を対象に対策型マンモグラフィ検診が実施されている。本報告では、2004年から2010年に同州で診断された乳がん症例を地域がん登録から抽出し、検診発見乳がん、中間期乳がん、検診を受けたがいずれにも該当しない(非該当)乳がん、検診を受けずに診断された(検診なし)乳がんに分類し、それぞれの腫瘍特徴と乳がん死亡率を比較した。分類定義は、検診発見乳がんを検診で異常を指摘され、検診から6ヶ月以内に乳がんと診断された場合、中間期乳がんを検診で異常がなく、検診から2年以内に乳がんと診断された場合、検診を受けたがいずれにも該当しない乳がんを最終の検診から2年以上経過して浸潤がんと診断された場合とした。
● 2004年から2010年に69,025例の女性が212の検診が受けた。同期間に診断された乳がんは1,687例で、その内訳は検診発見乳がんが705例、中間期乳がんが206例、非該当乳がんが275例、検診なし乳がんが501例だった。
● 検診発見乳がんと比較して中間期乳がんは高グレードでER陰性であるリスクが高かった。
 ○ 検診発見乳がんと比較したグレード3乳がんのオッズ比
・中間期乳がん:6.33 (95% CI 3.73-10.75; P < 0.001)
・検診なし乳がん:2.86 (95% CI 2.02-4.04)
・非該当乳がん:2.73 (95% CI 1.84-4.04)
 ○ 検診発見乳がんと比較したER陰性乳がんのオッズ比
・中間期乳がん:2.88 (95% CI 2.01-4.13; P < 0.001)
・検診なし乳がん:1.63 (95% CI 1.20-2.20)
・非該当乳がん:2.22 (95% CI 1.58-3.12)
● 検診発見乳がんと比較して中間期乳がんは乳がん死亡リスクが高かった。
 ○ 滞在時間sojourn timeを2年とした場合の検診発見乳がんと比較した乳がん死亡ハザード比
・中間期乳がん:3.55 (95% CI 2.01-6.28; P < 0.001)
・検診なし乳がん:6.14 (95% CI 3.73-10.11)
・非該当乳がん:2.18 (95% CI 1.21-3.95)
検診発見乳がんと比較して中間期乳がんは、グレード3およびER陰性のリスクが高く、乳がん死亡リスクは3.55倍 (文献2020-179)。
"Incidence, Characteristics, and Outcomes of Interval Breast Cancers Compared With Screening-Detected Breast Cancers."
doi:10.1001/jamanetworkopen.2020.18179
カナダのマニトバ州では50〜64歳の女性を対象に対策型マンモグラフィ検診が実施されている。本報告では、2004年から2010年に同州で診断された乳がん症例を地域がん登録から抽出し、検診発見乳がん、中間期乳がん、検診を受けたがいずれにも該当しない(非該当)乳がん、検診を受けずに診断された(検診なし)乳がんに分類し、それぞれの腫瘍特徴と乳がん死亡率を比較した。分類定義は、検診発見乳がんを検診で異常を指摘され、検診から6ヶ月以内に乳がんと診断された場合、中間期乳がんを検診で異常がなく、検診から2年以内に乳がんと診断された場合、検診を受けたがいずれにも該当しない乳がんを最終の検診から2年以上経過して浸潤がんと診断された場合とした。
● 2004年から2010年に69,025例の女性が212の検診が受けた。同期間に診断された乳がんは1,687例で、その内訳は検診発見乳がんが705例、中間期乳がんが206例、非該当乳がんが275例、検診なし乳がんが501例だった。
● 検診発見乳がんと比較して中間期乳がんは高グレードでER陰性であるリスクが高かった。
 ○ 検診発見乳がんと比較したグレード3乳がんのオッズ比
・中間期乳がん:6.33 (95% CI 3.73-10.75; P < 0.001)
・検診なし乳がん:2.86 (95% CI 2.02-4.04)
・非該当乳がん:2.73 (95% CI 1.84-4.04)
 ○ 検診発見乳がんと比較したER陰性乳がんのオッズ比
・中間期乳がん:2.88 (95% CI 2.01-4.13; P < 0.001)
・検診なし乳がん:1.63 (95% CI 1.20-2.20)
・非該当乳がん:2.22 (95% CI 1.58-3.12)
● 検診発見乳がんと比較して中間期乳がんは乳がん死亡リスクが高かった。
 ○ 滞在時間sojourn timeを2年とした場合の検診発見乳がんと比較した乳がん死亡ハザード比
・中間期乳がん:3.55 (95% CI 2.01-6.28; P < 0.001)
・検診なし乳がん:6.14 (95% CI 3.73-10.11)
・非該当乳がん:2.18 (95% CI 1.21-3.95)