乳がん検診なら東京・埼玉エリアにある乳腺外科「ベルーガクリニック」マンモグラフィー検査による乳がんの検査を受付けております。

フリーダイヤル
0120-150-929(イコークリニック)
tel
03-5916-0114(オーイイヨ)
受付時間
月〜金 9:00〜19:00 (土17:30まで)

2006年6月〜
20207月まで

乳がんの発見数
2129
詳細はコチラ >>
J.POSHへの寄付金
3570万円
詳細はコチラ >>
新患数
46099
詳細はコチラ >>

言いたい放題乳腺外科コラム

不定期に当院の今日の乳がん・乳がん検診乳腺外科診療におけるコラムを掲載しております。

COVID-19に対するアデノウイルス・ベクター・ワクチン「Ad5-nCoV」は
  • 2020.07.28(Tue)
  • No.3333

COVID-19に対するアデノウイルス・ベクター・ワクチン「Ad5-nCoV」は、5 × 10の10 乗/mlウイルス量一回接種で安全に免疫原性を獲得できる 。
“Immunogenicity and safety of a recombinant adenovirus type-5-vectored COVID-19 vaccine in healthy adults aged 18 years or older: a randomised, double-blind, placebo-controlled, phase 2 trial.”
中国Cansino Biologics社と中国軍事医学科学院生物学研究所が共同開発した「Ad5-nCoV」は、エボラ出血熱のワクチン開発技術を応用し、サルのアデノウイルウイルス( Ad5)をベクターとして作成されたcoronavirus disease 2019(COVID-19)ワクチンである。2020年3月にフェイズ1試験を実施した。本研究では、severe acute respiratory syndrome coronavirus 2(SARS-CoV-2)感染歴のない18歳以上成人ボランティア508例を対象に、Ad5-nCoVウイルス量1 × 10の11乗/ml群、ウイルス量5 × 10の10 乗/ml群、プラセボ群の三群に無作為化し(2:1:1)、その免疫原性を検討したフェイズ2試験である。免疫原性はワクチン接種28日後の幾何平均抗体価 genomic mean titer(GMT)にて評価した。
● 対象508例は平均年齢39.7歳、男性50%で、ワクチン・ウイルス量1 × 10の11乗/ml群が253例、5 × 10の10 乗/ml群が129例、プラセボ群が126例。
● ワクチン接種28日後、SARS-CoV-2の受容体結合ドメインreceptor binding domain(RBD)に対する抗体形成(セロコンバージョン)を認めたものは、ワクチン・ウイルス量1 × 10の11乗/ml群で244例(96%)、5 × 10の10 乗/ml群で125例(97%)、プラセボ群でベースラインから抗体量が増加したものはなかった。
● SARS-CoV-2に対する中和抗体価は、ワクチン・ウイルス量1 × 10の11乗/ml群で19.5(95% CI 16.8–22.7)、 5 × 10の10 乗/ml群で18.3 (95% CI 14.4–23.3)だった。
● Enzyme-Linked ImmunoSpot(ELISpot)アッセイによりSARS-CoV-2特異インターフェロンγを検出できたものは、ワクチン・ウイルス量1 × 10の11乗/ml群で227例(90%)、5 × 10の10 乗/ml群で113例(88%)だった。
● ワクチン接種による全グレード有害事象をワクチン・ウイルス量1 × 10の11乗/ml群で253例中183例(72%)、5 × 10の10 乗/ml群でで129例中96例(74%)、グレード3有害事象をワクチン・ウイルス量1 × 10の11乗/ml群で253例中24例(9%)、5 × 10の10 乗/ml群でで129例中1例(1%)に認めた。重篤有害事象は両群ともなかった。