乳がん検診なら東京・埼玉エリアにある乳腺外科「ベルーガクリニック」マンモグラフィー検査による乳がんの検査を受付けております。

フリーダイヤル
0120-150-929(イコークリニック)
tel
03-5916-0114(オーイイヨ)
受付時間
月〜金 9:00〜19:00 (土17:30まで)

2006年6月〜
20206月まで

乳がんの発見数
2119
詳細はコチラ >>
J.POSHへの寄付金
3550万円
詳細はコチラ >>
新患数
45999
詳細はコチラ >>

言いたい放題乳腺外科コラム

不定期に当院の今日の乳がん・乳がん検診乳腺外科診療におけるコラムを掲載しております。

米国州政府からの在宅命令は
  • 2020.06.14(Sun)
  • No.3318

米国州政府からの在宅命令は COVID-19 入院患者減少に一定の効果がある 。
"Association of Stay-at-Home Orders With COVID-19 Hospitalizations in 4 States."
doi:10.1001/jama.2020.9176
コロラド州・ミネソタ州・オハイオ州・バージニア州の4州において、州全体への在宅命令前後での coronavirus disease 2019 (COVID-19) による累積入院患者数の相関を検討した。COVID-19 潜伏期間中央値は4-5.1日、初発症状発現から入院までの期間中央値は7日と報告されていることから、在宅命令から COVID-19 による入院に影響する期間の中央値を12日 (在宅命令有効期間中央値) と仮定した。COVID-19 による初めての入院患者発生日から、連日、累積入院患者数を記録して、指数関数的増加関数から入院患者数予測を行った。在宅命令有効期間中央値前後で、予測入院数と実際の入院数を比較した。
● 在宅命令有効期間中央値までの COVID-19 累積入院実数は指数関数的増加関数による予測数と相関を認めた。
・コロラド州:R2 = 0.973
・ミネソタ州:R2 = 0.965
・オハイオ州:R2 = 0.98
・バージニア州:R2 = 0.994
● 在宅命令有効期間中央値以降の COVID-19 累積入院実数は増加傾向が鈍り、予測された指数関数的増加曲線の95%信頼区間の下限以下だった。
・ミネソタ州:在宅命令有効期間から5日後の予測累積入院数は988人だったが、実数は361人だった
・バージニア州:在宅命令有効期間から5日後の予測累積入院数は2,335人だったが、実数は1,048人だった