乳がん検診なら東京・埼玉エリアにある乳腺外科「ベルーガクリニック」マンモグラフィー検査による乳がんの検査を受付けております。

フリーダイヤル
0120-150-929(イコークリニック)
tel
03-5916-0114(オーイイヨ)
受付時間
月〜金 9:00〜19:00 (土17:30まで)

2006年6月〜
20202月まで

乳がんの発見数
2081
詳細はコチラ >>
J.POSHへの寄付金
3508万円
詳細はコチラ >>
新患数
45731
詳細はコチラ >>

言いたい放題乳腺外科コラム

不定期に当院の今日の乳がん・乳がん検診乳腺外科診療におけるコラムを掲載しております。

BRCA1/2 変異のある乳がんは変異なしの場合
  • 2020.03.21(Sat)
  • No.3235

BRCA1/2 変異のある乳がんは変異なしの場合と比較して術前治療による pCR 率が高い 。
"Association of Germline Variant Status With Therapy Response in High-risk Early-Stage Breast Cancer. A Secondary Analysis of the GeparOcto Randomized Clinical Trial."
doi:10.1001/jamaoncol.2020.0007
GeparOcto は、triple-negative breast cancer (TNBC) を含むさまざまサブタイプの乳がん945例の術前治療において、intense dose-dense epirubicin + paclitaxel + cyclophosphamide (iddEPC) と paclitaxel + nonpegylated liposomal doxorubicin (PM) の成績を比較する無作為比較試験。iddEPC は epirubicin 150mg/m2 を2週毎3サイクル、paclitaxel 225 mg/m2 を2週毎3サイクル、cyclophosphamide 2000mg/m2 を2週毎3サイクルで順次投与された。PM は paclitaxel 80mg/m2 を毎週12サイクル、nonpegylated liposomal doxorubicin 20 mg/m2 を毎週12サイクルで併用投与され、TNBC ではさらにcarboplatin AUC 1.5 の毎週12サイクルが追加された (PM[Cb])。両群とも HER2+ では trastuzumab 6 (8) mg/kg 3週毎と pertuzumab 420 (840) mg 3週毎投与が追加された。 主観察項目を pathologic complete response (pCR) とし、iddEPC vs PM(Cb) の pCR 率は、全体で48.3% vs 47.6%、TNBC では48.5% vs 51.7%、HER2+ で62.0% vs 57.4%、Luminal B で 14.1% vs 14.6% と差はなかった。
本報告では、BRCA1/2 変異状況を検索した914例を対象に、BRCA1/2 変異の有無別に pCR 率の比較した。
●914例の平均年齢は48歳、iddEPC 群451例・PM(Cb) 群463例。BRCA1/2 変異ありは96例で、サブタイプ別では TNBC 69例 / HER2+ 5例 / Luminal B 22例だった。
●914例の pCR 率は iddEPC 群48.3%・PM(Cb) 群47.9%、オッズ比0.99 (95% CI 0.76-1.28; P = 0.91) で有意差はなかった。
●914例において BRCA1/2 変異の有無で比較すると、治療レジメンを問わず BRCA1/2 変異ありでの pCR 率が有意に高かった。
 ○全914例 pCR 率 (BRCA1/2 変異あり96例 vs 変異なし818例)
  ・60.4% vs 46.7%、オッズ比1.74 (95% CI 1.13-2.68; P = 0.01)
●TNBC および Luminal B において BRCA1/2 変異の有無で比較すると、治療レジメンを問わず BRCA1/2 変異ありでの pCR 率が有意に高かった。
 ○TNBC 393例の pCR 率 (BRCA1/2 変異あり69例 vs 変異なし324例)
  ・69.6% vs 46.0%、オッズ比2.69 (95% CI 1.54-4.69; P = 0.001)
 ○Luminal B 156例の pCR 率 (BRCA1/2 変異あり22例 vs 変異なし134例)
  ・31.8% vs 11.9%、オッズ比3.44 (95% CI 1.22-9.72; P = 0.02)
●TNBC および Luminal B において、BRCA1/2 変異ありでは PM(Cb) の pCR 率が iddEPC より高い傾向を示したが、有意差はなかった。
 ○TNBC の pCR 率 (BRCA1/2 変異あり vs 変異なし)
  ・iddEPC:64.7% vs 45.0%、オッズ比2.24 (95% CI 1.04-4.84; P = 0.04)
  ・PM(Cb):74.2% vs 47.0%、オッズ比3.26 (95% CI 1.44-7.39; P = 0.005)
  ・治療レジメンによるオッズ比1.58 (95% CI 0.56-4.43; P = 0.39)
 ○Luminal B の pCR 率 (BRCA1/2 変異あり vs 変異なし)
  ・iddEPC:25.0% vs 12.7%、オッズ比2.29 (95% CI 0.51-10.30; P = 0.28)
  ・PM(Cb):40.0% vs 11.3%、オッズ比5.25 (95% CI 1.22-22.69; P = 0.03)
  ・治療レジメンによるオッズ比2.00 (95% CI 0.32-12.33; P = 0.46)