乳がん検診なら東京・埼玉エリアにある乳腺外科「ベルーガクリニック」マンモグラフィー検査による乳がんの検査を受付けております。

フリーダイヤル
0120-150-929(イコークリニック)
tel
03-5916-0114(オーイイヨ)
受付時間
月〜金 9:00〜19:00 (土17:30まで)

2006年6月〜
20202月まで

乳がんの発見数
2081
詳細はコチラ >>
J.POSHへの寄付金
3508万円
詳細はコチラ >>
新患数
45731
詳細はコチラ >>

言いたい放題乳腺外科コラム

不定期に当院の今日の乳がん・乳がん検診乳腺外科診療におけるコラムを掲載しております。

鍼治療は化学療法誘因末梢神経障害に対して有効な可能性あり
  • 2020.03.15(Sun)
  • No.3232

鍼治療は化学療法誘因末梢神経障害に対して有効な可能性あり 。
"Effect of Acupuncture vs Sham Procedure on Chemotherapy-Induced Peripheral Neuropathy Symptoms. A Randomized Clinical Trial."
doi:10.1001/jamanetworkopen.2020.0681
Memorial Sloan Kettering Cancer Center で治療された、化学療法誘因末梢神経障害 chemotherapy-induced peripheral neuropathy (CIPN) を有する固形がん患者を対象に、CIPN に対する鍼治療の効果を pilot randomized clinical trial により検討した。3サイクル以上の化学療法により、中等度〜高度の化学療法誘因末梢神経障害 (しびれ・うずき・痛みの症状の数値評価スケール numeric rating scale [NRS] 4以上) 固形がん患者75例を対象とした。対象を鍼治療群・偽鍼治療群・通常治療群に無作為化し、治療後8週後の NRS 変化を主観察項目とした。鍼治療は、両耳と両上下肢のつぼに鍼を刺入し、2-5 Hz で20分間通電した。
●75例の年齢中央値は59.7歳、女性が80%、白人が53%、がん種は乳がん53%・結腸直腸がん16%だった。評価対象は68例で、内訳は鍼治療群24例・偽鍼治療群23例・通常治療群21例だった。
●ベースラインから8週後の NRS 変化 (鍼治療群 / 偽鍼治療群 / 通常治療群):鍼治療群では疼痛スケール、うずきスケール、しびれスケールが有意に改善した。
 ○疼痛スケール
  ・鍼治療群 −1.75 (p=0.05)
  ・偽鍼治療群 −0.91 (p=0.31)
  ・通常治療群 −0.19
 ○うずきスケール
  ・鍼治療群 −1.83 (p=0.02)
  ・偽鍼治療群 −1.22 (p=0.18)
  ・通常治療群 −0.14
 ○しびれスケール
  ・鍼治療群 −1.54 (p=0.005)
  ・偽鍼治療群 −1.52 (p=0.003)
  ・通常治療群 0.57