乳がん検診なら東京・埼玉エリアにある乳腺外科「ベルーガクリニック」マンモグラフィー検査による乳がんの検査を受付けております。

フリーダイヤル
0120-150-929(イコークリニック)
tel
03-5916-0114(オーイイヨ)
受付時間
月〜金 9:00〜19:00 (土17:30まで)

2006年6月〜
201910月まで

乳がんの発見数
2036
詳細はコチラ >>
J.POSHへの寄付金
3422万円
詳細はコチラ >>
新患数
45208
詳細はコチラ >>

言いたい放題乳腺外科コラム

不定期に当院の今日の乳がん・乳がん検診乳腺外科診療におけるコラムを掲載しております。

米国では1990年から2011年にかけて de novo stage 4 乳がんの予後は
  • 2019.10.29(Tue)
  • No.3145

米国では1990年から2011年にかけて de novo stage 4 乳がんの予後は改善したが、改善程度に地域差があり、この差は積極的治療の有無、腫瘍および患者背景の差が原因と推察 。
"Metastatic breast cancer survival improvement restricted by regional disparity: Surveillance, Epidemiology, and End Results and institutional analysis: 1990 to 2011."
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1002/cncr.32531
https://doi.org/10.1002/cncr.32531
1990-2011年の Surveillance, Epidemiology, and End Results and institutional analysis (SEER) データベースを用いて、地域毎の de novo stage 4 乳がんの予後を比較した。比較した地域は Seattle、Seattle を除くSEER 9 (San Francisco-Oakland SMSA / Connecticut / Detroit / Hawaii / Iowa / New Mexico / Utah / Atlanta)、および Seattle にあるワシントン大学症例とし、breast cancer‐specific survival (BCSS) を比較した。
●対象の内訳は Seattle 1,931例・SEER 8地区12,121例・ワシントン大学271例。平均年齢は Seattle と SEER 8地区が61歳・ワシントン大学が55歳、ホルモンレセプター陽性は Seattle 77%・SEER 8地区75%・ワシントン大学77%、手術ありは Seattle 58%・SEER 8地区56%・ワシントン大学50%、化学療法ありは Seattle 53%・SEER 8地区51%・ワシントン大学67%、放射線治療ありは Seattle 60%・SEER 8地区64%・ワシントン大学46%だった。
●1990年から2011年にかけて5年 BCSS は、Seattle では21%から35%へ14%改善、SEER 8地区で19%から26%へ7%改善、ワシントン大学では29%から56%へ27%改善していた。
●ワシントン大学症例で BCSS 改善と相関していた因子は、手術あり (なしと比較したハザード比0.51 [95% CI 0.37-0.71; p<0.001])、近年の診断 (1990-1998年と比較したハザード比は1999-2004年で0.63 [95% CI 0.42-00.94.71; p=0.001]、2005-2011年で0.55 [95% CI 0.39-0.78; p=0.001]、若年 (70歳以上と比較した70歳未満のハザード比は0.62 [95% CI 0.41-0.92; p=0.018])、化学療法あり (なしと比較したありのハザード比0.71 [95% CI 0.52-0.98; p=0.036]) だった。
●Seattle と SEER 8地区を併せた症例で BCSS 改善と相関していた因子は、ワシントン大学症例の因子に加えて、白人 (非白人と比較したハザード比0.83 [95% CI 0.79-0.88; p<0.001])、ホルモンレセプター陽性 (陰性と比較したハザード比0.47 [95% CI 0.44-0.49; p<0.001]) だった。
●1990-1998年と比較した2005-2011年の補正 BCSS イベントハザード比は、Seattle で0.57 (95% CI 0.49-0.66)、SEER 8地区で0.72 (95% CI, 0.67‐0.76)、ワシントン大学で0.55 (95% CI, 0.39‐0.78) だった。