乳がん検診なら東京・埼玉エリアにある乳腺外科「ベルーガクリニック」マンモグラフィー検査による乳がんの検査を受付けております。

フリーダイヤル
0120-150-929(イコークリニック)
tel
03-5916-0114(オーイイヨ)
受付時間
月〜金 9:00〜19:00 (土17:30まで)

2006年6月〜
20198月まで

乳がんの発見数
2008
詳細はコチラ >>
J.POSHへの寄付金
3371万円
詳細はコチラ >>
新患数
44909
詳細はコチラ >>

言いたい放題乳腺外科コラム

不定期に当院の今日の乳がん・乳がん検診乳腺外科診療におけるコラムを掲載しております。

免疫チェックポイント阻害剤 immune checkpoint inhibitor (ICI) に
  • 2019.08.28(Wed)
  • No.3101

免疫チェックポイント阻害剤 immune checkpoint inhibitor (ICI) に関連する心筋炎は、女性、75歳以上、ICI併用投与例において発症リスクが高い 。

"Factors Associated With Immune Checkpoint Inhibitor–Related Myocarditis."
https://jamanetwork.com/…/jamaonco…/article-abstract/2748891
doi:10.1001/jamaoncol.2019.3113

米国FDAのAdverse Event Reporting System (FAERS) databaseを用いて、ICI関連心筋炎の発症と関連する因子を検討した。
●FAERS databaseに登録されたICI関連有害事象は1,979,157件で、このうちICI関連心筋炎は107件であった。
●薬剤別のICI関連心筋炎オッズ比はnivolumabで19.09 (95% CI 14.34-25.42; p<0.001)、durvalumabで16.81 (95% CI 4.18-67.69; p=0.007)、pembrolizumabで15.70 (95% CI 10.17-24.23; p<0.001)、ipilimumabで14.26 (95% CI 7.85-25.88; p<0.001)、atezolizumabで6.38 (95% CI 1.59-25.59; p=0.04)、ipilimumabとnivolumab併用で30.26 (95% CI 19.58-46.78; p<0.001) であった。
●多変量解析でICI関連心筋炎と関連した因子は性別 (男性と比較した女性のオッズ比1.92 [95% CI 1.24-2.97; p=0.004)、年齢 (75歳未満とと比較した75歳以上のオッズ比7.61 [95% CI 4.29-13.50; p<0.001)、ICI併用投与 (単剤投与と比較した併用投与のオッズ比1.93 [95% CI 1.19-3.12; p=0.008) であった。