乳がん検診なら東京・埼玉エリアにある乳腺外科「ベルーガクリニック」マンモグラフィー検査による乳がんの検査を受付けております。

フリーダイヤル
0120-150-929(イコークリニック)
tel
03-5916-0114(オーイイヨ)
受付時間
月〜金 9:00〜19:00 (土17:30まで)

2006年6月〜
20199月まで

乳がんの発見数
2024
詳細はコチラ >>
J.POSHへの寄付金
3394万円
詳細はコチラ >>
新患数
45060
詳細はコチラ >>

言いたい放題乳腺外科コラム

不定期に当院の今日の乳がん・乳がん検診乳腺外科診療におけるコラムを掲載しております。

乳がん細胞のPD-L1タンパク発現状況には
  • 2019.06.27(Thu)
  • No.3061

乳がん細胞のPD-L1タンパク発現状況には研究による不均一性が大きく、予後との関係は明らかではない。PD-L1 mRNA発現は良好な予後と相関し、特にbasal-like subtypeにおいてその関係が顕著 。

"Prognostic implication of PD-L1 expression in breast cancer: systematic review and meta-analysis of immunohistochemistry and pooled analysis of transcriptomatic data."
http://clincancerres.aacrjournals.org/…/1078-0432.CCR-19-11…
htttp://DOI:10.1158/1078-0432.CCR-19-1131

初期乳がんにおける腫瘍あるいは免疫細胞のprogrammed cell death protein ligand-1 protein (PD-L1) タンパク発現状況と予後の関係を検討した38の後向き研究のシステマティックレビュー・メタ解析。 さらに、公的利用が可能な35データセットを用いて原発性乳がん9,548例のPD-L1 mRNA発現状況を調べ、予後との関係を検討した。
●PD-L1タンパク発現と予後に関する38研究のシステマティックレビュー・メタ解析
・PD-L1タンパク陽性率は腫瘍細胞では24%、免疫細胞では33%、両者とも陽性は25%であった。
・全対象の検討で、腫瘍細胞のPD-L1タンパク発現は予後不良と相関していたが、研究間に有意な不均一性を認めた。10研究/3,231例の多変量解析にけるdisease-free survival (DFI) eventハザード比は1.62 (95% CI 1.14–2.33, p=0.008; I2=64%, heterogeneity p-value=0.003)、overall survival (OS) eventハザード比は1.93 (95% CI 1.20–3.09, p=0.006; I2=80%, heterogeneity p-value<0.001。
・Triple-negative乳がんの検討で、免疫細胞のPD-L2タンパク発現は良好な予後と相関していた。8研究/969例の多変量解析にてDFS eventハザード比は0.61 (95% CI 0.51–0.73, p<0.001, I2=17%, heterogeneity p-value=0.29)、7研究/857例の多変量解析でOS eventハザード比は0.53 (95% CI 0.39–0.73, p<0.001, I2=0, heterogeneity p-value=0.57) であった。
●PD-L1 mRNA発現と予後に関する公的利用可能な35データセットの解析~
・全症例の検討で、PD-L1 mRNA発現は予後良好と相関していたが、OSについては有意な不均一性を認めた。1,755例におけるDFI eventハザード比は0.69 (95% CI 0.60-0.79, p<0.001, heterogeneity p-value=0.23)、3,371例におけるOS eventハザード比は0.82 (95% CI 0.74-0.90, p<0.001, heterogeneity p-value=0.005) であった。
・basal-like症例 (PAM50 subtype) の検討で、PD-L1 mRNA発現は予後良好と相関していた。DFI eventハザード比は0.53 (95% CI 0.38-9.74, p<0.001)、OS eventハザード比は0.64 (95% CI 0.52-0.80, p<0.001) であった。