乳がん検診なら東京・埼玉エリアにある乳腺外科「ベルーガクリニック」マンモグラフィー検査による乳がんの検査を受付けております。

フリーダイヤル
0120-150-929(イコークリニック)
tel
03-5916-0114(オーイイヨ)
受付時間
月〜金 9:00〜19:00 (土17:30まで)

2006年6月〜
20199月まで

乳がんの発見数
2024
詳細はコチラ >>
J.POSHへの寄付金
3394万円
詳細はコチラ >>
新患数
45060
詳細はコチラ >>

言いたい放題乳腺外科コラム

不定期に当院の今日の乳がん・乳がん検診乳腺外科診療におけるコラムを掲載しております。

家族歴のある女性に対する MRI 検診はマンモグラフィ検診
  • 2019.06.24(Mon)
  • No.3058

家族歴のある女性に対する MRI 検診はマンモグラフィ検診と比較してがん発見数が多く、MRI 発見浸潤がんは1cm以下のもの、リンパ節転移陰性のものが多い。しかし、MRI 検診はマンモグラフィ検診と比較して偽陽性率が高い 。

"MRI versus mammography for breast cancer screening in women with familial risk (FaMRIsc): a multicentre, randomised, controlled trial."
https://www.thelancet.com/…/PIIS1470-2045(19)3027…/fulltext…
https://doi.org/10.1016/S1470-2045(19)30275-X

オランダ。FaMRIsc study は、乳がん家族歴に基づく Claus モデルにより生涯乳がん累積罹患リスクが20%以上と判定され、BRCA1 / BRCA2 / TP53 に遺伝子変異を認めない30-55歳の女性を対象に、マンモグラフィ検診と MRI 検診の成績を比較する無策比較試験である。MRI 群では毎年 MRI +触診および2年毎マンモグラフィが実施、マンモグラフィ群では毎年マンモグラフィ+触診が実施された。主観察項目は、乳がん発見数 (非浸潤がん・浸潤がんいずれも含む)、大きさ、リンパ節転移状況とした。
●対象は1,354例で MRI 群に674例・マンモグラフィ群に680例 (平均年齢は MRI 群49.4歳・マンモグラフィ群50.0歳) が割り付けられた。両群の平均検診回数は4.3回、観察期間中央値は5.2年であった。
●全期間を通じた発見乳がんの状況
 ・がん発見数:MRI 群40例・マンモグラフィ群15例で、MRI 群が多かった (p=0.0017)。このうち非浸潤がんは MRI 群16例・マンモグラフィ群7例、浸潤がんは MRI 群24例・マンモグラフィ群8例であった。
 ・浸潤がんの腫瘍径:MRI 群9mm・マンモグラフィ群17mmで、MRI 群が小さかった (p=0.010)。
 ・浸潤がんのT ステージ:腫瘍径1cm以下はMRI 群14例 (58%)・マンモグラフィ群6例 (13%)で、MRI 群で多い傾向であった (p=0.065)。
 ・浸潤がんのリンパ節転移陽性:MRI 群4例 (17%)・マンモグラフィ群5例 (63%)で、MRI 群が少なかった (p=0.023)。
●2回目以降の検診発見浸潤がんの状況
 ・がん発見数:2回目以降の検診で MRI 群25例・マンモグラフィ群15例のがんが発見された。このうち非浸潤がんは MRI 群7例・マンモグラフィ群7例、浸潤がんは MRI 群18例・マンモグラフィ群8例であった。
 ・浸潤がんのT ステージ:腫瘍径1cm以下はMRI 群12例 (48%)・マンモグラフィ群1例 (7%)で、MRI 群で多かった (p=0.035)。
 ・浸潤がんのリンパ節転移陽性は MRI 群2例 (11%)・マンモグラフィ群5例 (63%)で、MRI 群が少なかった (p=0.014)。
●検診プロセス指標
 ・がん発見数:1,000検診あたりMRI 14.2・マンモグラフィ14.9 (p=0.0003)
 ・検診発見数:1,000検診あたりMRI 13.9・マンモグラフィ42 (p=0.00012)
 ・検診発見浸潤がん:1,000検診あたりMRI 8.2・マンモグラフィ2.0 (p=0.001)
 ・検診発見非浸潤がん:1,000検診あたりMRI 5.7・マンモグラフィ2.3 (p=0.058)
 ・中間期がん:MRI 1例・マンモグラフィ2例、1,000人年あたりMRI 0.3・マンモグラフィ0.6 (p=1.00)
 ・要生検:1,000検診あたりMRI 53.0・マンモグラフィ17.6 (p<0.0001)
 ・偽陽性:1,000検診あたりMRI 159.7・マンモグラフィ89.8 (p<0.001)
 ・敏感度:MRI 97.5%・マンモグラフィ86.7% (p=0.18)
 ・特異度:MRI 83.8%・マンモグラフィ91.0% (p<0.0001)
 ・陽性反応適中率 (BI-RADS≧3):MRI 8.0%・マンモグラフィ4.5% (p=0.074)
 ・陽性反応適中率 (生検):MRI 26.8%・マンモグラフィ27.8% (p=1.00)