乳がん検診なら東京・埼玉エリアにある乳腺外科「ベルーガクリニック」マンモグラフィー検査による乳がんの検査を受付けております。

フリーダイヤル
0120-150-929(イコークリニック)
tel
03-5916-0114(オーイイヨ)
受付時間
月〜金 9:00〜19:00 (土17:30まで)

2006年6月〜
20196月まで

乳がんの発見数
1984
詳細はコチラ >>
J.POSHへの寄付金
3331万円
詳細はコチラ >>
新患数
44636
詳細はコチラ >>

言いたい放題乳腺外科コラム

不定期に当院の今日の乳がん・乳がん検診乳腺外科診療におけるコラムを掲載しております。

poly-adenosine diphosphate-ribose polymerase (PARP
  • 2019.06.21(Fri)
  • No.3055

poly-adenosine diphosphate-ribose polymerase (PARP) 阻害剤の niraparib と programmed death receptor-1 (PD-1) inhibitor の pembrolizumab の併用は、進行再発トリプルネガティブ乳がんに対して一定の抗腫瘍効果と安全性を示す 。

"Open-Label Clinical Trial of Niraparib Combined With Pembrolizumab for Treatment of Advanced or Metastatic Triple-Negative Breast Cancer."
https://jamanetwork.com/jo…/jamaoncology/fullarticle/2735888
https://doi:10.1001/jamaoncol.2019.1029

TOPACIO 試験は、BRCA mutation status および programmed death-ligand 1 (PD-L1) expression に関係なく進行再発 triple-negative 乳がん55例を対象に、PARP 阻害剤 niraparib と PD-1 阻害剤 pembrolizumab の併用投与による臨床的有効性と安全性を確認する multicenter open-label single-arm phase 2 study。主観察項目は objective response rate (ORR) とし、副観察項目は安全性・disease control rate (DCR; complete response + partial response + stable disease)、duration of response (DOR)、progression-free survival (PFS)、overall survival (OS) とした。
●55例の年齢中央値hあ54歳、進行再発病巣に対する前治療ライン数中央値は1 (2ライン以上が14例 [25%])、術前後全身療法ありは43例 (78%)、進行再発病巣治療および術前後全身療法を問わずに platinum-based chemotherapy 歴ありは31例であった (platinum-based chemotherapy 最終投与から8週未満は16例、8週以上は15例)。
●データカットオフまでの期間中央値は14.8ヶ月。55例中8例はベースラインにおける適切な画像評価がなく、有効性評価対象は47例。Complete response は5例 (11%)・partial responseは5例 (11%)・ stable diseaseは13例 (28%)・progressive diseaseは24例 (51%)、ORR は10例 (21%; 90% CI 12%-33%)、DCR は23例 (49%; 90% CI 36%-62%) であった。DOR はデータカットオフ時に中央値に到達せず、7例は治療継続中であった。
●BRCA 遺伝子変異を有する15例において、ORR は7例 (47%; 90% CI 24%-70%)、DCR は12例 (80%; 90% CI 56%-94%)、PFS 中央値は8.3ヶ月 (95% CI 2.1 months to not estimable) であった。BRCA 遺伝子変異のない27例では、ORR は3例 (11%; 90% CI 3%-26%)、DCR は9例 (33%; 90% CI 19%-51%)、PFS 中央値は2.1ヶ月 (95% CI 1.4-2.5ヶ月) であった。
●グレード3以上の治療関連有害事象は貧血 10例 (18%)、血小板減少症8例 (15%)、倦怠感4例 (7%) であった。免疫関連有害事象を8例 (15%) に認め、うちグレード3以上は2例 (4%) であった。

ベルーガクリニックの知識

ベルーガクリニックは、このような国内でエビデンスを基づく適切な診療を行う全国トップクラスの専門医の知識を終結し、日々web会議を行っております。

長谷川善枝先生
弘前市立病院 乳腺外科科長
弘前大学医学部臨床教授
日本乳癌学会評議員
大地哲也先生
東京女子医科大病院
外科 助教
日本乳癌学会専門医
日本乳癌学会評議員
吉村吾郎先生
市立岸和田市民病院
乳腺外科 部長
日本乳癌学会評議員
原文堅先生
国立病院機構
四国がんセンター
乳腺科・化学療法科
がん薬物療法専門医
日本乳癌学会評議員
飛田陽先生
鹿児島大学 大学院
医歯学総合研究科
腫瘍学講座
病理学分野 准教授
日本乳癌学会評議員
柴田伸弘先生
宮崎大学医学部付属病院
がん診療部 助教
がん薬物療法専門医
日本乳癌学会専門医