乳がん検診なら東京・埼玉エリアにある乳腺外科「ベルーガクリニック」マンモグラフィー検査による乳がんの検査を受付けております。

フリーダイヤル
0120-150-929(イコークリニック)
tel
03-5916-0114(オーイイヨ)
受付時間
月〜金 9:00〜19:00 (土17:30まで)

2006年6月〜
20197月まで

乳がんの発見数
1999
詳細はコチラ >>
J.POSHへの寄付金
3355万円
詳細はコチラ >>
新患数
44788
詳細はコチラ >>

言いたい放題乳腺外科コラム

不定期に当院の今日の乳がん・乳がん検診乳腺外科診療におけるコラムを掲載しております。

HER2 陽性 stage 2-3 乳がんの術前後薬物療法において
  • 2019.06.10(Mon)
  • No.3044

HER2 陽性 stage 2-3 乳がんの術前後薬物療法において、docetaxel + carboplatin + trastuzumab + pertuzumab と比較して trastuzumab emtansine + pertuzumab は event-free survival (EFS) が不良。 Trastuzumab emtansine + pertuzumab における EFS event の内訳は手術前病状進行が大半を占める 。

"Neoadjuvant Trastuzumab Emtansine and Pertuzumab in Human Epidermal Growth Factor Receptor 2–Positive Breast Cancer: Three-Year Outcomes From the Phase III KRISTINE Study."
https://ascopubs.org/doi/abs/10.1200/JCO.19.00882
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/4.0/

KRISTINE study は、HER2 陽性 stage 2-3 乳がんの術前後薬物療法において、trastuzumab emtansine + pertuzumab (T-DM1+P) と docetaxel + carboplatin + trastuzumab + pertuzumab (TCH+P) の成績を比較する無作為比較試験。本研究では3年フォローアップの結果を報告。
●444例が T-DM1+P 群223例と TCH+P 群221例に割り付けられた。年齢中央値は T-DM1+P 群50歳・TCH+P 群49歳、ホルモンレセプター陽性は T-DM1+P 群62.3%・TCH+P 群62.0%、clinical stage 2A-3A は T-DM1+P 群83.4%・TCH+P 群82.8%であった。
●観察期間中央値は T-DM1+P 群36.8ヶ月・TCH+P 群36.9ヶ月。
 ・3年 event-free survival (EFS) は T-DM1+P 群85.3%・TCH+P 群94.2%、TCH+P と比較した T-DM1+P の EFS event ハザード比は2.61 (95% CI 1.36 to 4.98)、 T-DM1+P 群で高率だった。EFS の内訳は、手術前 progression event が T-DM1+P 群6.7%・TCH+P 群0%、手術後非浸潤がん event が T-DM1+P 群1.3%・TCH+P 群0%であった。
 ・3年 invasive disease-free survival (IDFS; measured from surgery) は T-DM1+P 群93.0%・TCH+P 群92.0%、TCH+P と比較した T-DM1+P の IDFS event ハザード比は1.11 (95% CI 0.52 to 2.40)。
 ・3年 overall survival (OS) は T-DM1+P 群97.0・TCH+P 群97.6%、TCH+P と比較した T-DM1+P の OS event ハザード比は1.21 (95% CI 0.37 to 3.96)。
●非 pathologic complete response (pCR) 例と比較した pCR 例の IDFS event ハザード比は0.24 (95% CI, 0.09 to 0.60) であり、治療方法による差はなかった。
●全期間を通じたグレード3以上有害事象頻度は T-DM1+P 群31.8%・TCH+P 群67.7%であり、T-DM1+P 群で低率であった。術前治療期間におけるグレード3以上有害事象頻度は T-DM1+P 群13.0%・TCH+P 群64.4%であり、T-DM1+P 群で低率であった。術後治療期間におけるグレード3以上有害事象頻度は T-DM1+P 群24.5%・TCH+P 群9.9%であり、T-DM1+P 群で高率であった。
●全期間を通じた治療中断に到る有害事象頻度は T-DM1+P 群20.2%・TCH+P 群4.6%であり、T-DM1+P 群で高率であった。術前治療期間における治療中断に到る有害事象頻度は T-DM1+P 群3.1%・TCH+P 群5.0%であった。術後治療期間における治療中断に到る有害事象頻度は T-DM1+P 群18.4%・TCH+P 群2.4%であり、T-DM1+P 群で高率であった。