乳がん検診なら東京・埼玉エリアにある乳腺外科「ベルーガクリニック」マンモグラフィー検査による乳がんの検査を受付けております。

フリーダイヤル
0120-150-929(イコークリニック)
tel
03-5916-0114(オーイイヨ)
受付時間
月〜金 9:00〜19:00 (土17:30まで)

2006年6月〜
20197月まで

乳がんの発見数
1999
詳細はコチラ >>
J.POSHへの寄付金
3355万円
詳細はコチラ >>
新患数
44788
詳細はコチラ >>

言いたい放題乳腺外科コラム

不定期に当院の今日の乳がん・乳がん検診乳腺外科診療におけるコラムを掲載しております。

National Comprehensive Cancer Network Distress The
  • 2019.06.04(Tue)
  • No.3038

National Comprehensive Cancer Network Distress Thermometer は、乳がん手術前後における患者申告抑うつの経時変化評価に有用 。

https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1002/cncr.32174…
https://doi.org/10.1002/cncr.32174

National Comprehensive Cancer Network (NCCN) Distress Thermometer (DT) は患者申告抑うつを10ポイントスケール (0; 抑うつなし、10; 非常に強い抑うつあり) で評価する指標である。2014-2016年にノースカロライナ州の3病院で stage 0-4 乳がんと診断され、NCCN DT が実施された1,029症例について、手術術式と患者申告抑うつの関係を検討した。NCCN DT は手術前27週と手術後27週に評価した。
●1,029例の術式は、部分切除が620例・乳房切除が291例・乳房切除+再建が118例。術式別の背景因子は、診断時年齢中央値が部分切除61歳・乳房切除59歳・乳房切除+再建46歳 (p<0.001)、既婚者が部分切除56.9%・乳房切除56.4%・乳房切除+再建78.0% (p=0.001)、非ヒスパニック白人が部分切除62.6%・乳房切除64.9%・乳房切除+再建79.7% (p=0.003)、私的保険加入例が部分切除41.5%・乳房切除44.0%・乳房切除+再建76.3% (p<0.001)、術前治療例が部分切除12.4%・乳房切除24.4%・乳房切除+再建12.7% (p<0.001)、stage 0-1 が部分切除73.6%・乳房切除31.9%・乳房切除+再建54.2% (p<0.001) であった。1,029例の NCCN DT 中央値は4、術式別では部分切除4・乳房切除4・乳房切除+再建5で差はなかった。
●手術前の NCCN DT は3群とも改善していたが、最も大きく改善していたのは乳房切除+再建群であった (NCCN DT の週当たり変化は部分切除 -0.031・乳房切除 -0.033・乳房切除+再建 -0.073)。手術後の NCCN DT は3群とも改善していたが、最も大きく改善していたのは乳房切除+再建群であった (部分切除 -0.005・乳房切除 -0.003・乳房切除+再建 -0.010)。
●手術前27週から手術後27週の NCCN DT 変化と相関していた因子
 ・術前全身療法:部分切除と乳房切除では、手術先行と比較して術前全身療法において NCCN DT が改善していた (NCCN DT の週当たり変化は部分切除 -1.023、乳房切除 -0.964)。
 ・人種:乳房切除+再建では、非ヒスパニック白人と比較して黒人では NCCN DT が改善していた (NCCN DT の週当たり変化は -1.198)。
 ・ステージ:部分切除では、stage 1 と比較して stage 0 において NCCN DT が改善していた (NCCN DT の週当たり変化は -0.503)。
 ・婚姻状態:部分切除では、既婚者と比較して独身者において NCCN DT が悪化していた (NCCN DT の週当たり変化は 0.476)。乳房切除では、既婚者と比較して離婚者において NCCN DT が悪化していた (NCCN DT の週当たり変化は 0.948)。