乳がん検診なら東京・埼玉エリアにある乳腺外科「ベルーガクリニック」マンモグラフィー検査による乳がんの検査を受付けております。

フリーダイヤル
0120-150-929(イコークリニック)
tel
03-5916-0114(オーイイヨ)
受付時間
月〜金 9:00〜19:00 (土17:30まで)

2006年6月〜
20197月まで

乳がんの発見数
1999
詳細はコチラ >>
J.POSHへの寄付金
3355万円
詳細はコチラ >>
新患数
44788
詳細はコチラ >>

言いたい放題乳腺外科コラム

不定期に当院の今日の乳がん・乳がん検診乳腺外科診療におけるコラムを掲載しております。

術後ホルモン療法のみを受けたホルモンレセプター陽性
  • 2019.05.15(Wed)
  • No.3018

術後ホルモン療法のみを受けたホルモンレセプター陽性/HER2陰性乳がんにおいて、12-gene molecular score (EPclin score) は晩期再発の予測因子である 。

"Prediction of Distant Recurrence using EndoPredict among Women with ER+, HER2- Node-Positive and Node-Negative Breast Cancer Treated with Endocrine Therapy Only."
http://clincancerres.aacrjournals.org/…/1078-0432.CCR-19-03…
http://DOI: 10.1158/1078-0432.CCR-19-0376

ホルモンレセプター陽性/HER2陰性乳がんを対象とした二つの無策比較試験 (ABCSG-6 /ABCSG-8) の対象において、12-gene expression assay の遠隔再発リスク評価における有用性を検討した。対象は1,702例で、ホルモン療法5年間 (tamoxifen 5年あるいは tamoxifen 2年 → anastrozole 3年) のみで、化学療法は受けていない。12-gene molecular score は5未満を低リスク、5以上を高リスクに分類した。
●1,702例の 12-gene molecular score は低リスクが62.6%、高リスクが37.4%であった。リンパ節転移陰性は68.5%、陽性は31.5%であった。リンパ節転移陰性1,166例中、12-gene molecular score 低リスクは77.8%、高リスクは22.2%であった。リンパ節転移陽性536例中、12-gene molecular score 低リスクは29.7%、高リスクは70.3%であった。
●観察期間中央値は9.6年。12-gene molecular score 低リスクの10年 distant recurrence-free rate (DRFR) は95.5%、高リスクの10年 DRFR は80.3%、高リスクの遠隔転移ハザード比は4.77 (95% CI 3.37 to 6.67; p<0.0001) であり、有意に予後不良であった。多変量解析でも 12-gene molecular score は有意な予後因子であった (ハザード比2.55, 95% CI 2.11 to 3.08; p<0.0001)。
●5年間遠隔再発のなかった1,386例において、5-10年 DRFR は低リスクで95.7%、高リスクで84.1%で、高リスクの5-10年遠隔再発ハザード比は4.52, 95% CI 2.65 to 7.72; p<0.0001) であった。多変量解析でも 12-gene molecular score は有意な晩期再発の予後因子であった (ハザード比2.56, 95% CI 1.88 to 3.49; p<0.0001)。