乳がん検診なら東京・埼玉エリアにある乳腺外科「ベルーガクリニック」マンモグラフィー検査による乳がんの検査を受付けております。

フリーダイヤル
0120-150-929(イコークリニック)
tel
03-5916-0114(オーイイヨ)
受付時間
月〜金 9:00〜19:00 (土17:30まで)

2006年6月〜
20197月まで

乳がんの発見数
1999
詳細はコチラ >>
J.POSHへの寄付金
3355万円
詳細はコチラ >>
新患数
44788
詳細はコチラ >>

言いたい放題乳腺外科コラム

不定期に当院の今日の乳がん・乳がん検診乳腺外科診療におけるコラムを掲載しております。

HER2 陰性進行再発乳がんの化学療法において
  • 2019.05.09(Thu)
  • No.3012

HER2 陰性進行再発乳がんの化学療法において、連続投与と比較して間歇投与では overall survival が悪化、身体的 QOL も悪化

"Intermittent versus continuous chemotherapy beyond first-line for patients with HER2-negative advanced breast cancer (BOOG 2010-02)."
"Influence on quality of life of chemotherapy scheduling for patients with advanced HER2-negative breast cancer."

HER2 陰性の進行再発乳がんにおいて、化学療法の間歇投与 (4サイクル → treatment holiday → 4サイクル) と連続投与の成績を比較する無作為比較試験。化学療法のレジメンは 1-st line は paclitaxel + bevacizumab とし、2-nd line は capecitabine あるいは non-pegylated liposomal doxorubicin とした。対象は420例
●2nd-line 治療を開始できた対象は270例で、間歇投与が131例・連続投与が139例。本対象において progression-free survival (PFS) 中央値は間歇投与群3.5ヶ月・連続投与5.0ヶ月、ハザード比1.04 (95%CI 0.69-1.57) で有意差はなかった。Overall survival (OS) 中央値はは間歇投与群10.6ヶ月・連続投与12.0ヶ月、ハザード比1.64 (95%CI 1.08 – 2.48) で連続投与が良好であった。
●全対象420例における 1-st line から 2-nd line 通算の PFS 中央値は間歇投与群12.7ヶ月・連続投与13.9ヶ月、ハザード比1.21 (95%CI 0.9 – 1.63) で有意差はなかった。OS央値は間歇投与群17.1ヶ月・連続投与20.9ヶ月、ハザード比1.37 (95%CI 1.03 - 1.54) で連続投与が良好であった。
●身体的 QOL は間歇投与群がベースラインから有意に悪化したのに対し、連続投与では大きな変化はなかった。精神的 QOL は両群とも改善傾向を示した。