乳がん検診なら東京・埼玉エリアにある乳腺外科「ベルーガクリニック」マンモグラフィー検査による乳がんの検査を受付けております。

フリーダイヤル
0120-150-929(イコークリニック)
tel
03-5916-0114(オーイイヨ)
受付時間
月〜金 9:00〜19:00 (土17:30まで)

2006年6月〜
20196月まで

乳がんの発見数
1984
詳細はコチラ >>
J.POSHへの寄付金
3331万円
詳細はコチラ >>
新患数
44636
詳細はコチラ >>

言いたい放題乳腺外科コラム

不定期に当院の今日の乳がん・乳がん検診乳腺外科診療におけるコラムを掲載しております。

Trastuzumab emtansine 治療歴を有する HER2 陽性進行再発乳がん
  • 2019.05.06(Mon)
  • No.3009

Trastuzumab emtansine 治療歴を有する HER2 陽性進行再発乳がんにおける、trastuzumab deruxtecan (DS-8201a) による治療関連緊急性グレード3以上有害事象頻度は50%。高頻度グレード3以上有害事象は貧血・好中球減少症・白血球減少症・血小板減少。全グレードの間質性肺疾 / 器質化肺炎 / 肺臓炎を20例 (17%) に認め、このうち13例の原因が DS-8201a であり、肺臓炎の2例が治療関連死した 。

https://www.thelancet.com/…/PIIS1470-2045(19)3009…/fulltext…
https://doi.org/10.1016/S1470-2045(19)30097-X

DS-8201a は抗HER2抗体にトポイソメラーゼI阻害薬 hexadecane を結合させた国産の抗体薬物複合体である。米国8施設と日本6施設において、DS-8201a の open-label dose-escalation and dose-expansion phase 1 trial が実施された。既報の dose-escation part で DS-8201a の推奨投与量は5.4 mg/kgあるいは6.4 mg/kgとなった。本論文は、trastuzumab emtansine 治療歴を有する HER2 陽性進行再発乳がんにおける安全性と preliminary activity について報告。
●対象は115例。年齢中央値は55歳、日本人患者は54%、前治療レジメン数中央値は7、前治療レジメン別では trastuzumab 治療歴あり99%・pertuzumab 治療歴あり86%・trastuzumab emtansine 治療歴あり100%、HER2 免疫染色発現状況は3+ 69%・2+ (ISH 陽性) 27%・1+ (ISH 陽性) 1% であった。
●全例で何らの有害事象が発現し、重篤有害事象は19%で、治療関連で緊急性のあるグレード3以上の有害事象を50%で認めた。高頻度グレード3以上有害事象は貧血 (17%)、好中球減少症 (14%)、白血球減少症 (9%)、血小板減少症 (8%) であった。治療関連死を2例(2%) に認め、原因疾患は肺臓炎であった。肺疾患として間質性肺疾患を6例 (5%; グレード1−2が5例/グレード3が1例)、器質化肺炎を6例 (5%; グレード1−2が6例)、肺臓炎を8例 (7%; グレード1−2が6例/グレード5が2例) に認めた。肺疾患発現までの中央値は間質性肺疾患で187.0日、肺臓炎で255.5日であった。独立機関は肺疾患20例中13例の原因が DS-8201a と報告した。
●111例における objective response 率は59.5% (complete response 3% / partial response 57%)、disease control 率は93.7%であった。奏効期間中央値は20.7ヶ月、progression-free survival 中央値は22.1ヶ月であった。

ベルーガクリニックの知識

ベルーガクリニックは、このような国内でエビデンスを基づく適切な診療を行う全国トップクラスの専門医の知識を終結し、日々web会議を行っております。

長谷川善枝先生
弘前市立病院 乳腺外科科長
弘前大学医学部臨床教授
日本乳癌学会評議員
大地哲也先生
東京女子医科大病院
外科 助教
日本乳癌学会専門医
日本乳癌学会評議員
吉村吾郎先生
市立岸和田市民病院
乳腺外科 部長
日本乳癌学会評議員
原文堅先生
国立病院機構
四国がんセンター
乳腺科・化学療法科
がん薬物療法専門医
日本乳癌学会評議員
飛田陽先生
鹿児島大学 大学院
医歯学総合研究科
腫瘍学講座
病理学分野 准教授
日本乳癌学会評議員
柴田伸弘先生
宮崎大学医学部付属病院
がん診療部 助教
がん薬物療法専門医
日本乳癌学会専門医