乳がん検診なら東京・埼玉エリアにある乳腺外科「ベルーガクリニック」マンモグラフィー検査による乳がんの検査を受付けております。

フリーダイヤル
0120-150-929(イコークリニック)
tel
03-5916-0114(オーイイヨ)
受付時間
月〜金 9:00〜19:00 (土17:30まで)

2006年6月〜
20199月まで

乳がんの発見数
2024
詳細はコチラ >>
J.POSHへの寄付金
3394万円
詳細はコチラ >>
新患数
45060
詳細はコチラ >>

言いたい放題乳腺外科コラム

不定期に当院の今日の乳がん・乳がん検診乳腺外科診療におけるコラムを掲載しております。

DCIS 治療後の同側乳房内浸潤がん再発と相関する因子は
  • 2019.05.03(Fri)
  • No.3006

DCIS 治療後の同側乳房内浸潤がん再発と相関する因子は黒人、閉経前、触診発見、断端陽性、高グレード、p16 陽性 。

"Predictors of an Invasive Breast Cancer Recurrence after DCIS: A Systematic Review and Meta-analyses."
http://cebp.aacrjournals.org/…/…/04/21/1055-9965.EPI-18-0976
http://DOI: 10.1158/1055-9965.EPI-18-0976

Ductal carcinoma in situ (DCIS) 治療後の同側乳房内浸潤がん再発を検討した40研究 (1,781例) のシステマティックレビュー・メタ解析を行った。
●各研究の平均観察期間は 3.2-15.8年だった。治療法では、乳房部分切除のみ・乳房部分切除+放射線治療±ホルモン療法・乳房切除のすべてを含むものが14研究、乳房部分切除±放射線治療が16研究、乳房部分切除+放射線治療が1研究、乳房部分切除+放射線治療が9研究であった。
●同側乳房内浸潤がん再発と相関したのは以下の6因子であった。
 ・黒人 (非ヒスパニック白人と比較したハザード比1.43 [95% CI 1.15–1.79])
 ・閉経前 (閉経後と比較したハザード比1.59 [95% CI 1.20–2.11])
 ・触診発見 (マンモグラフィ発見と比較したハザード比1.84 [95% CI 1.47–2.29])
 ・断端陽性 (断端陰性と比較したハザード比1.63 [95% CI 1.14–2.32)
 ・高グレード (低グレードと比較したハザード比1.36 [95% CI 1.04–1.77])
 ・p16 陽性 (陰性と比較したハザード比1.51 [95% CI 1.04–2.19])