乳がん検診なら東京・埼玉エリアにある乳腺外科「ベルーガクリニック」マンモグラフィー検査による乳がんの検査を受付けております。

フリーダイヤル
0120-150-929(イコークリニック)
tel
03-5916-0114(オーイイヨ)
受付時間
月〜金 9:00〜19:00 (土17:30まで)

2006年6月〜
20196月まで

乳がんの発見数
1984
詳細はコチラ >>
J.POSHへの寄付金
3331万円
詳細はコチラ >>
新患数
44636
詳細はコチラ >>

言いたい放題乳腺外科コラム

不定期に当院の今日の乳がん・乳がん検診乳腺外科診療におけるコラムを掲載しております。

脊椎以外の有痛性骨転移症例の疼痛コントロ-ルは
  • 2019.05.02(Thu)
  • No.3005

脊椎以外の有痛性骨転移症例の疼痛コントロ-ルは分割照射より高容量単回定位照射が有用 。

"Single-Fraction Stereotactic vs Conventional Multifraction Radiotherapy for Pain Relief in Patients With Predominantly Nonspine Bone Metastases. A Randomized Phase 2 Trial."
https://jamanetwork.com/…/jamaonco…/article-abstract/2731142
https://doi:10.1001/jamaoncol.2019.0192

脊椎外の有痛性骨転移に対して、単回定位照射と分割照射の疼痛軽減効果を比較する、phase 2 nonblinded prospective randomized clinical noninferiority trial。対象は、Texas MD Anderson Cancer Center にて治療された160例で、適格条件は (1) 病理学的にがんと診断、(2) 0-10 疼痛スケールで2以上、(3) 期待余命2ヶ月以上の18歳以上とした。単回定位照射は病巣径4cm以上では12 Gy・4cm未満では16 Gy、分割照射は30 Gy / 10 fractions とし、対象を1:1で無作為化した。主観察項目は疼痛コントロール率とし、コントロール不可の定義を疼痛スケールで2以上の悪化、オピオイド投与量の50%以上の増加、再照射、病的骨折とした。非劣性マージンは両群の疼痛コントロール率の差が10%以下とした。
●Intent-to-treat 対象180例の平均年齢は62.4歳、性別は男性96例。単回定位照射81例、分割照射79例に無作為化された。
●疼痛コントロール率は治療終了2週後で単回定位照射62% (34/55)・分割照射36% (19/52)(p=0.01)、治療終了3ヶ月後で単回定位72% (31/43)・分割照射49% (17/35) (p=0.03)、治療終了9ヶ月後で単回定位77% (17/22)・分割照射46% (12/26) (p=0.03) であり、いずれも単回定位照射が高率であった。
●有害事象には両群で有意差はなかった。
 ・グレード2嘔気:単回定位照射21.0%、分割照射25.3%
 ・グレード3嘔気:単回定位照射1.2%、分割照射5.0%
 ・グレード2嘔吐:単回定位照射8.6%、分割照射13.9%
 ・グレード3嘔吐:単回定位照射0%、分割照射2.5%
 ・グレード3倦怠感:単回定位照射9.9%、分割照射5.1%
 ・放射線皮膚炎:単回定位照射1.2%、分割照射2.5%
 ・病的骨折:単回定位照射1.2%、分割照射0%

ベルーガクリニックの知識

ベルーガクリニックは、このような国内でエビデンスを基づく適切な診療を行う全国トップクラスの専門医の知識を終結し、日々web会議を行っております。

長谷川善枝先生
弘前市立病院 乳腺外科科長
弘前大学医学部臨床教授
日本乳癌学会評議員
大地哲也先生
東京女子医科大病院
外科 助教
日本乳癌学会専門医
日本乳癌学会評議員
吉村吾郎先生
市立岸和田市民病院
乳腺外科 部長
日本乳癌学会評議員
原文堅先生
国立病院機構
四国がんセンター
乳腺科・化学療法科
がん薬物療法専門医
日本乳癌学会評議員
飛田陽先生
鹿児島大学 大学院
医歯学総合研究科
腫瘍学講座
病理学分野 准教授
日本乳癌学会評議員
柴田伸弘先生
宮崎大学医学部付属病院
がん診療部 助教
がん薬物療法専門医
日本乳癌学会専門医