乳がん検診なら東京・埼玉エリアにある乳腺外科「ベルーガクリニック」マンモグラフィー検査による乳がんの検査を受付けております。

フリーダイヤル
0120-150-929(イコークリニック)
tel
03-5916-0114(オーイイヨ)
受付時間
月〜金 9:00〜19:00 (土17:30まで)

2006年6月〜
20196月まで

乳がんの発見数
1984
詳細はコチラ >>
J.POSHへの寄付金
3331万円
詳細はコチラ >>
新患数
44636
詳細はコチラ >>

言いたい放題乳腺外科コラム

不定期に当院の今日の乳がん・乳がん検診乳腺外科診療におけるコラムを掲載しております。

臨床試験の急増に伴い、臨床診療ガイドラインは
  • 2019.04.30(Tue)
  • No.3003

"Financial Conflicts of Interest and Authorship of Clinical Practice Guidelines—Trust Is Fragile."
https://jamanetwork.com/…/jamanetworkop…/fullarticle/2731676
https://doi:10.1001/jamanetworkopen.2019.2840

臨床試験の急増に伴い、臨床診療ガイドラインは治療の優先順位決定においてますます重要になっている。 影響力の増大に伴い、臨床診療ガイドラインで提供されるアドバイスは、患者・医療サービス・保険会社・社会・製薬企業にとって大きな経済的意味を有する。
日本の現状は、臨床診療ガイドライン作成の国際的ベンチマークである National Academy of Medicine による2011年の勧告 (すべての COI が開示 / 利益を受けているガイドライン著者は少数であるべき / ガイドライン作成委員長は利益を受けるべきではない) から大きく逸脱している。他の国でも同様のことが報告されている。米国内分泌学会ガイドラインにおいて、企業から利益を受けた著者は自己申告の42%に対し、US Open Payments データの調査では78%であった。オーストラリアでは、33の健康関連ガイドラインにおいて、COI を開示していない著者の24%が企業から支払いを受けている可能性があった。
これら報告は、臨床診療ガイドライン著者の COI 開示状況の妥当性に懸念を提起するものである。臨床診療ガイドラインの影響力増加に伴い、医学会・大学・政府は COI の過小開示を真剣に検討し、COI を有する著者の割合と指導的役割を減らすように努める必要がある。医療界の信頼は危機的状況である。信頼は失われやすい。

ベルーガクリニックの知識

ベルーガクリニックは、このような国内でエビデンスを基づく適切な診療を行う全国トップクラスの専門医の知識を終結し、日々web会議を行っております。

長谷川善枝先生
弘前市立病院 乳腺外科科長
弘前大学医学部臨床教授
日本乳癌学会評議員
大地哲也先生
東京女子医科大病院
外科 助教
日本乳癌学会専門医
日本乳癌学会評議員
吉村吾郎先生
市立岸和田市民病院
乳腺外科 部長
日本乳癌学会評議員
原文堅先生
国立病院機構
四国がんセンター
乳腺科・化学療法科
がん薬物療法専門医
日本乳癌学会評議員
飛田陽先生
鹿児島大学 大学院
医歯学総合研究科
腫瘍学講座
病理学分野 准教授
日本乳癌学会評議員
柴田伸弘先生
宮崎大学医学部付属病院
がん診療部 助教
がん薬物療法専門医
日本乳癌学会専門医