乳がん検診なら東京・埼玉エリアにある乳腺外科「ベルーガクリニック」マンモグラフィー検査による乳がんの検査を受付けております。

フリーダイヤル
0120-150-929(イコークリニック)
tel
03-5916-0114(オーイイヨ)
受付時間
月〜金 9:00〜19:00 (土17:30まで)

2006年6月〜
20193月まで

乳がんの発見数
1948
詳細はコチラ >>
J.POSHへの寄付金
3279万円
詳細はコチラ >>
新患数
44288
詳細はコチラ >>

言いたい放題乳腺外科コラム

不定期に当院の今日の乳がん・乳がん検診乳腺外科診療におけるコラムを掲載しております。

乳がん平均罹患平均リスクの女性に対する
  • 2019.04.09(Tue)
  • No.2982

乳がん平均罹患平均リスクの女性に対する、American College of Physicians の乳がん検診ガイドライン 。
https://annals.org/…/screening-breast-cancer-average-risk-w…
DOI: 10.7326/M18-2147
2013-2017年における世界各国の英文ガイドラインとそのエビデンスを評価して作成された。
●Target audience:全医師
●Taget patient population:無症状の乳がん罹患平均リスク女性。平均リスクとは、乳がんやハイリスク乳腺良性疾患の既往がなく、乳がん罹患リスクを増加させる遺伝子変異を有せず、小児期の胸部放射線治療の既往のない40-74歳の女性。初経年齢が若い女性、閉経年齢の遅い女性、経口避妊薬を内服歴のある女性、閉経後ホルモン補充療法歴のアル女性は平均リスクに含まれる。高濃度乳房は大きな乳がん罹患リスクとは思われない。
●Guidacne statements
 ○Guidacne statement 1:40-49歳の乳がん罹患平均リスク女性がマンモグラフィ検診を受けるか否かについて、医師は議論すべきである。その議論には、検診の利益と不利益に関する受診女性の好みを含むべきである。40-49歳の女性の多くは検診による不利益が利益を上回っている。
 ○Guidacne statement 2:50-74歳の乳がん罹患平均リスク女性に対しては、2年毎のマンモグラフィ検診が提供されるべきである。
 ○Guidacne statement 3:75歳以上あるいは期待余命10年未満の乳がん罹患平均リスク女性に対しては、乳がん検診を中止すべきである。
 ○Guidacne statement 4:全年齢の乳がん罹患平均リスク女性に対して、視触診検診は実施すべきではない。

ベルーガクリニックの知識

ベルーガクリニックは、このような国内でエビデンスを基づく適切な診療を行う全国トップクラスの専門医の知識を終結し、日々web会議を行っております。

長谷川善枝先生
弘前市立病院 乳腺外科科長
弘前大学医学部臨床教授
日本乳癌学会評議員
大地哲也先生
東京女子医科大病院
外科 助教
日本乳癌学会専門医
日本乳癌学会評議員
吉村吾郎先生
市立岸和田市民病院
乳腺外科 部長
日本乳癌学会評議員
原文堅先生
国立病院機構
四国がんセンター
乳腺科・化学療法科
がん薬物療法専門医
日本乳癌学会評議員
飛田陽先生
鹿児島大学 大学院
医歯学総合研究科
腫瘍学講座
病理学分野 准教授
日本乳癌学会評議員
柴田伸弘先生
宮崎大学医学部付属病院
がん診療部 助教
がん薬物療法専門医
日本乳癌学会専門医