乳がん検診なら東京・埼玉エリアにある乳腺外科「ベルーガクリニック」マンモグラフィー検査による乳がんの検査を受付けております。

フリーダイヤル
0120-150-929(イコークリニック)
tel
03-5916-0114(オーイイヨ)
受付時間
月〜金 9:00〜19:00 (土17:30まで)

2006年6月〜
20197月まで

乳がんの発見数
1999
詳細はコチラ >>
J.POSHへの寄付金
3355万円
詳細はコチラ >>
新患数
44788
詳細はコチラ >>

言いたい放題乳腺外科コラム

不定期に当院の今日の乳がん・乳がん検診乳腺外科診療におけるコラムを掲載しております。

HER2 状況が immunohistochemistry 陰性で
  • 2019.02.07(Thu)
  • No.2927

HER2 状況が immunohistochemistry 陰性で fluorescent in situ hybridization 陽性となる症例は1.8%。このような HER2 状況不一致8例で化学療法+ trastuzumab による術前療法により pCR が3例で得られた 。
"Identification of HER2 Immunohistochemistry-Negative, FISH-Amplified Breast Cancers and Their Response to Anti-HER2 Neoadjuvant Chemotherapy."
https://academic.oup.com/…/article-abstr…/151/2/176/5136434…
アメリカ。Ohio State University にて2013-2016年に針生検が実施された浸潤性乳がん連続症例1,107例を対象に、HER2 immunohistochemistry (IHC) と fluorescent in situ hybridization (FISH) を実施、IHC- and FISH+ の頻度と抗 HER2 療法の有効性を検討した。
●1,107例中、IHC+ and/or FISH+ は161例 (14.5%)、IHC- and FISH+ は17例 (1.5%) であった。17例の平均年齢は57.1歳、すべて浸潤性乳管がん、グレード3が64.7%、リンパ節転移陽性が47.0%、ER+ and PgR+ が35.3%であった。
●IHC- and FISH+ の17例はすべて HER2 IHC 1+ であった。HER2/chromosome 17 centromere (CEN17) 比2.0以上で HER2 copy number 4.0以上は8例、HER2/CEN17 比2.0以上で HER2 copy number 4.0未満は2例 (最新のASCO/CAP 2018 HER2 guideline にて陰性に相当)、HER2/CEN17 比2.0未満で HER2 copy number 6.0以上は7例であった。
●IHC- and FISH+ の17例中、8例で術前療法 (doxorubicin/cyclophosphamide together with paclitaxel/docetaxel and trastuzumab を4サイクル) が実施され、3例で pathologic complete response が得られた。pCR 3例の内訳はすべて HER2/CEN17 比2.0以上で、HER2 copy number 4.0以上が2例・4.0未満が1例であった。