乳がん検診なら東京・埼玉エリアにある乳腺外科「ベルーガクリニック」マンモグラフィー検査による乳がんの検査を受付けております。

フリーダイヤル
0120-150-929(イコークリニック)
tel
03-5916-0114(オーイイヨ)
受付時間
月〜金 9:00〜19:00 (土17:30まで)

2006年6月〜
20191月まで

乳がんの発見数
1926
詳細はコチラ >>
J.POSHへの寄付金
3244万円
詳細はコチラ >>
新患数
44014
詳細はコチラ >>

言いたい放題乳腺外科コラム

不定期に当院の今日の乳がん・乳がん検診乳腺外科診療におけるコラムを掲載しております。

乳がん全身療法は
  • 2019.02.06(Wed)
  • No.2926

乳がん全身療法は対側乳がんリスクを低下させ、最もリスクを下げるレジメンはホルモン療法ではアロマターゼ阻害剤、化学療法ではタキサンである 。
"The influence of adjuvant systemic regimens on contralateral breast cancer risk and receptor subtype."
https://academic.oup.com/…/advance-article-abstract/doi/10.…
Netherlands Cancer Registry を用いて、2003-2010年に浸潤性乳がんと診断された83,144例を抽出、全身療法と対側乳がんの関係を検討した。
●83,144例の全身療法の内訳は、化学療法では 化学療法なし58.6%・taxane 5.3%・anthracycline 8.2%・taxane + anthracycline 4.3・その他23.6%、ホルモン療法では、ホルモン療法なし51.6%・tamoxifen 40.7%・aromatase inhibitor (AI) 2.9%・tamoxifen + AI 4.8%、化学療法 + ホルモン療法 24.0%、化学療法 + trasutuzumab 3.3%、化学療法 + ホルモン療法 + trasutuzumab 3.6% であった。
●平均観察期間7.7年で、83,144例中2,816例が対側乳がんに罹患した。初発乳がんから対側乳がん罹患までの期間中央値は4.6年であった。5年累積対側乳がん罹患率は1.9%、10年累積対側乳がん罹患率は3.8%であった。
●多変量解析にて、全身療法なしと比較した対側乳がん罹患ハザード比は、化学療法で0.70 (95% CI 0.62-0.80)、ホルモン療法で0.46 (95% CI 0.41-0.52)、化学療法 + ホルモン療法で0.35 (95% CI 0.31-0.39)、化学療法 + trastuzumab で0.57 (95% CI 0.45-0.73)、化学療法 + ホルモン療法 + trasutuzumab 0.24 (95% CI 0.14-0.33) であった。
●化学療法のレジメン別では taxane が最も対側乳がんリスクを低下させており、全身療法なしと比較した対側乳がん罹患ハザード比は、taxane で0.48 (95%CI 0.36-0.62)、anthracycline で0.91 (95% CI 0.77-1.06)、taxane + anthracycline で0.69 (95% CI 0.52-0.78) であった。
●ホルモン療法のレジメン別では、AI が最も対側乳がんリスクを低下させており、全身療法なしと比較した対側乳がん罹患ハザード比は、tamoxefem で0.48 (95%CI 0.44-0.53)、AI で0.32 (95% CI 0.23-0.44)、tamoxifen + AI で0.45 (95% CI 0.36-0.56) であった。
●ホルモン療法はホルモンレセプター陽性の対側乳がんリスクを低下させていたが (ホルモン療法なしと比較したハザード比0.41 [95% CI 0.36-0.47])、ホルモンレセプター陰性対側乳がんリスクとの相関はなかった (ホルモン療法なしと比較したハザード比1.32 [95% CI 0.90-1.93])。
●化学療法はホルモンレセプター陽性の対側乳がんリスクとは相関がなく (化学療法なしと比較したハザード比1.22 [95% CI 0.57-2.64])、ホルモンレセプター陰性の対側乳がんリスクを増加させていた (化学療法なしと比較したハザード比4.01 [95% CI 1.64-9.81])。化学療法によるホルモンレセプター陰性対側乳がんリスク増加には時間依存性があり、フォローアップ当初5年まではリスクを増加させなかったが (ハザード比1.28 [95% CI 0.84-1.95])、5年以降でリスク増を認めた (ハザード比2.84 [95% CI 1.62-4.99])。

ベルーガクリニックの知識

ベルーガクリニックは、このような国内でエビデンスを基づく適切な診療を行う全国トップクラスの専門医の知識を終結し、日々web会議を行っております。

長谷川善枝先生
弘前市立病院 乳腺外科科長
弘前大学医学部臨床教授
日本乳癌学会評議員
大地哲也先生
東京女子医科大病院
外科 助教
日本乳癌学会専門医
日本乳癌学会評議員
吉村吾郎先生
市立岸和田市民病院
乳腺外科 部長
日本乳癌学会評議員
原文堅先生
国立病院機構
四国がんセンター
乳腺科・化学療法科
がん薬物療法専門医
日本乳癌学会評議員
飛田陽先生
鹿児島大学 大学院
医歯学総合研究科
腫瘍学講座
病理学分野 准教授
日本乳癌学会評議員
柴田伸弘先生
宮崎大学医学部付属病院
がん診療部 助教
がん薬物療法専門医
日本乳癌学会専門医