乳がん検診なら東京・埼玉エリアにある乳腺外科「ベルーガクリニック」マンモグラフィー検査による乳がんの検査を受付けております。

フリーダイヤル
0120-150-929(イコークリニック)
tel
03-5916-0114(オーイイヨ)
受付時間
月〜金 9:00〜19:00 (土17:30まで)

2006年6月〜
20197月まで

乳がんの発見数
1999
詳細はコチラ >>
J.POSHへの寄付金
3355万円
詳細はコチラ >>
新患数
44788
詳細はコチラ >>

言いたい放題乳腺外科コラム

不定期に当院の今日の乳がん・乳がん検診乳腺外科診療におけるコラムを掲載しております。

乳がん初期治療後の心大血管疾患による10年累積入院率は
  • 2019.02.05(Tue)
  • No.2925

乳がん初期治療後の心大血管疾患による10年累積入院率は10.8%と、非担がんコントロールの9.1%より高率 。
"The Risk of Heart Failure and Other Cardiovascular Hospitalizations After Early Stage Breast Cancer: A Matched Cohort Study."
https://academic.oup.com/…/…/doi/10.1093/jnci/djy218/5304781
カナダ。Ontario Health Insurance Plan / Ontario Cancer Registry / Cancer Activity Level Reporting database / New Drug Funding Program database / Canadian Institute for Health Information Discharge Abstract Database / National Ambulatory Care Reporting System をリンクさせて、2005−2015年に診断された手術可能乳がん症例312,015例と年齢をマッチさせた非担がんコントロール234,954例を抽出し、乳がん罹患と心大血管疾患罹患リスクの相関を検討した。
●対象の年齢中央値は61歳。コントロールと比較して心疾患・慢性腎疾患・高血圧・糖尿病の併存が高率であった。
●10年間の心疾患による累積入院率は乳がん症例で10.8%、非担がんコントロールで9.1%、ハザード比1.30 (95% CI 1.26-1.34) であり、乳がん症例が高リスクであった。
●Anthracycline あるいは trastuzumab を投与された乳がん28,950例と年齢をマッチさせた非担がんコントロール86,850例の比較では、10年累積心疾患入院率は乳がん6.0%、コントロール4.9%、ハザード比1.41 (95% CI 1.33-1.51) であり、乳がん症例が高リスクであった。
●疾患別で10年累積入院率が最も高いのは虚血性心疾患であったが、非担がんコントロールと比較したハザード比は0.99 (95% CI 0.99-1.05) であり、有意差はなかった。その他の心大血管疾患罹患では、非担がんコントロールと比較したハザード比は心不全が1.21 (95% CI 1.14-1.29; P < 0.001)、不整脈が1.31 (95% CI 1.23-1.39; P < 0.001)、脳血管疾患が1.10, 95% CI 1.04-1.17; P = 0.002) であり、いずれも乳がん症例が高リスクであった。