乳がん検診なら東京・埼玉エリアにある乳腺外科「ベルーガクリニック」マンモグラフィー検査による乳がんの検査を受付けております。

フリーダイヤル
0120-150-929(イコークリニック)
tel
03-5916-0114(オーイイヨ)
受付時間
月〜金 9:00〜19:00 (土17:30まで)

2006年6月〜
20199月まで

乳がんの発見数
2024
詳細はコチラ >>
J.POSHへの寄付金
3394万円
詳細はコチラ >>
新患数
45060
詳細はコチラ >>

言いたい放題乳腺外科コラム

不定期に当院の今日の乳がん・乳がん検診乳腺外科診療におけるコラムを掲載しております。

HER2 陽性乳がんに対する術後抗 HER2 療法の効果判定
  • 2019.02.04(Mon)
  • No.2924

HER2 陽性乳がんに対する術後抗 HER2 療法の効果判定において、disease-free survival は overall survival の代替指標となり得る 。
"Disease-free survival as a surrogate for overall survival in patients with HER2-positive, early breast cancer in trials of adjuvant trastuzumab for up to 1 year: a systematic review and meta-analysis."
https://www.thelancet.com/…/PIIS1470-2045(18)30750…/fulltext
HER2 陽性の stage 1-3 乳がんにおける術後抗 HER2 療法の有効性を検討した2016年10月までの無作為比較試験についてシステマティック・レビュー&メタ解析を行い、disease-free survival (PFS) が overall survival (OS) の代替指標となり得るかを検討した。抗 HER2 療法による PFS ハザード比と OS ハザード比の関係をSpearmanの順位相関係数で算定した。
●検討対象は8試験 (ALTTO・BCIRG 006・E2198・HERA・HORG・NCCTG N9831・NSABP B-31・PACS 04)、21,480例であり、12種類の抗 HER2 療法が投与されていた。
●患者レベルの解析では PFS ハザード比と OS ハザード比には強い相関を認め、相関係数は0·90 (95% CI 0.89–0.90) であった。
●試験レベルの解析では PFS ハザード比と OS ハザード比は中等度の相関となり、相関係数は0·75 (95% CI 0.50–1.00) であった。HORG 試験は観察期間中央値が49ヶ月と短期間なためイベント数が少なく、同試験を除いた相関係数は0·84 (95% CI 0.67–1.00) であった。