乳がん検診なら東京・埼玉エリアにある乳腺外科「ベルーガクリニック」マンモグラフィー検査による乳がんの検査を受付けております。

フリーダイヤル
0120-150-929(イコークリニック)
tel
03-5916-0114(オーイイヨ)
受付時間
月〜金 9:00〜19:00 (土17:30まで)

2006年6月〜
201812月まで

乳がんの発見数
1914
詳細はコチラ >>
J.POSHへの寄付金
3222万円
詳細はコチラ >>
新患数
43876
詳細はコチラ >>

言いたい放題乳腺外科コラム

不定期に当院の今日の乳がん・乳がん検診乳腺外科診療におけるコラムを掲載しております。

米国国立がん研究所
  • 2019.01.07(Mon)
  • No.2906

米国国立がん研究所 Division of Cancer Control and Population Sciences のディレクターである Robert T. Croyle によるがん患者の禁煙に関する論評 

"Addressing a Core Gap in Cancer Care — The NCI Moonshot Program to Help Oncology Patients Stop Smoking."
https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMp1813913

 腫瘍学領域では、禁煙という容易に実行可能で、費用対効果の高い戦略を怠ってきた。効果的な禁煙治療は喫煙者の禁煙成功率を2-3倍とし、さらなる新しい革新的治療法されている。しかし、禁煙治療ががん治療の一部として提供されることはこれまでほとんどなかった。がん診断後に喫煙を続けると、治療後の死亡率、ならびに二次発がんリスク、がん再発のリスク、治療による副作用の発生率が増加することが示されている。
 National Comprehensive Cancer Network は全てのがん患者は禁煙治療を提供されるべきことを推奨しているが、2009年の調査では58の米国国立がん研究所指定がんセンターのうち21%では禁煙治療が提供されていなかった。喫煙がん患者で禁煙カウンセリングを受けたものは約半数に過ぎない。一般集団と比較してがん患者の喫煙率は高率であるが、これは非喫煙者と比較して喫煙者でがん罹患率が高いことに加え、腫瘍領域で有効な禁煙治療を提供できなかったことが影響している。臨床医はがん治療に専念し、禁煙治療がおろそかになっている。喫煙は全がん死亡の30%に関与しているが、臨床医はその有害性を理解していないのかもしれない。一部の臨床医は、自身が適切な禁煙治療の指導を受けていない、喫煙がん患者に喫煙の有害性を説くことは患者に罪悪感を感じさせる、と考えている。これらの禁煙治療の障害を克服するためには、戦略的に設計されたプログラムが必要である。
 米国国立がん研究所は Cancer Moonshot の一部としてがん患者の禁煙を促す全国的な取り組み、がんセンター禁煙指導 Cancer Center Cessation Initiative を開始した。2017年に約22のがんセンターが、2018年にはさらに20センターがこの禁煙指導プログラムのために年間25万ドルの資金提供を受けた。その、最終目標は全がん患者に禁煙治療 (カウンセリングと薬物治療) を提供することである。がんセンター禁煙指導では、喫煙がん患者をすべて洗い出し、禁煙指導・根拠に基づく禁煙治療を提供し、その治療効果を評価するためのフォローアップが実施される。各がんセンターは、国立がん研究所からの資金援助終了後も禁煙プログラムを継続する計画の立案が求められる。各がんセンターの禁煙プログラム内容は一律ではなく、どのようなプログラムが有用であるかを判断するための機会を提供する。このような禁煙プログラムは、糖尿病・心大血管疾患・慢性閉塞性肺疾患の患者へも応用可能である。
 2016年に米国議会が制定した Cancer Moonshot は、「がん研究を加速し、より多くのがん患者に利用可能な治療法を拡大するとともに、がんの予防と早期発見を可能にする」ことを目的としている。がんセンター禁煙指導はより多くのがん患者の参加を促し、がん治療の有効性を高め、がん再発を防ぐことに有用となるよう計画されている。このようなエビデンスに基づく禁煙治療は、全喫煙がん患者の治療において不可欠な要素である。

ベルーガクリニックの知識

ベルーガクリニックは、このような国内でエビデンスを基づく適切な診療を行う全国トップクラスの専門医の知識を終結し、日々web会議を行っております。

長谷川善枝先生
弘前市立病院 乳腺外科科長
弘前大学医学部臨床教授
日本乳癌学会評議員
大地哲也先生
東京女子医科大病院
外科 助教
日本乳癌学会専門医
日本乳癌学会評議員
吉村吾郎先生
市立岸和田市民病院
乳腺外科 部長
日本乳癌学会評議員
原文堅先生
国立病院機構
四国がんセンター
乳腺科・化学療法科
がん薬物療法専門医
日本乳癌学会評議員
飛田陽先生
鹿児島大学 大学院
医歯学総合研究科
腫瘍学講座
病理学分野 准教授
日本乳癌学会評議員
柴田伸弘先生
宮崎大学医学部付属病院
がん診療部 助教
がん薬物療法専門医
日本乳癌学会専門医