乳がん検診なら東京・埼玉エリアにある乳腺外科「ベルーガクリニック」マンモグラフィー検査による乳がんの検査を受付けております。

フリーダイヤル
0120-150-929(イコークリニック)
tel
03-5916-0114(オーイイヨ)
受付時間
月〜金 9:00〜19:00 (土17:30まで)

2006年6月〜
20204月まで

乳がんの発見数
2101
詳細はコチラ >>
J.POSHへの寄付金
3525万円
詳細はコチラ >>
新患数
45882
詳細はコチラ >>

言いたい放題乳腺外科コラム

不定期に当院の今日の乳がん・乳がん検診乳腺外科診療におけるコラムを掲載しております。

センチネルリンパ節転移陽性乳がんに
  • 2018.12.08(Sat)
  • No.2877

EORTC AMAROS trial。センチネルリンパ節転移陽性乳がんにおいて、腋窩照射による腋窩再発率・overall survival・distant metastasis free survival・局所領域再発は腋窩リンパ節郭清に劣らない。

"Radiotherapy or surgery of the axilla after a positive sentinel node in breast cancer patients: 10 year follow up results of the EORTC AMAROS trial (EORTC 10981/22023)."
https://www.abstracts2view.com/sabcs18/view.php…

センチネルリンパ節 (SNB) 転移陽性乳がんを対象に、腋窩リンパ節郭清 (ALND) と腋窩照射 axillary radiotherapy (ART) の成績を比較する、phase III 非劣性試験。主観察項目は10年腋窩再発率とし、副観察項目は overall survival (OS)、distant metastasis free survival (DMFS)、二次発がん (乳がん以外の二次発がん、対側 DCISを含む)、局所領域再発 locoregional recurrences (LRR) とした。
●4,806例がエントリーし、SNB 転移陽性は1,425例で、ALND 群は744例・ART 群は681例。観察期間中央値は10年。両群の年齢、腫瘍径、グレード、組織型、補助全身療法に有意差はなかった。
●5年腋窩再発率は ALND 群0.41%・ART 群1.04%、10年腋窩再発率は ALND 群0.93%・ART 群1.04%、ハザード比は1.71 (95%CI: 0.67-4.39, p = 0.37)、差は認めなかった。
●10年 OS は ALND 群84.6%・ART 群81.4% (ハザード比1.17 [95%CI: 0.89-1.52, p= 0.26])、10年 DMFS は ALND 群81.7%・ART 群78.2% (ハザード比 1.18 [95%CI: 0.92-1.50, p=0.19]) であり、差を認めなかった。10年累積 LRR は ALND 群3.59%・ART 群4.07%で差を認めなかった (p= 0.69)。二次発がんは ALND 群744例中57例 (うち対側乳がんは11例)・ART 群681例中75例 (うち対側乳がん21例) であり、ART 群で高率であった (p=0.035)。