乳がん検診なら東京・埼玉エリアにある乳腺外科「ベルーガクリニック」マンモグラフィー検査による乳がんの検査を受付けております。

フリーダイヤル
0120-150-929(イコークリニック)
tel
03-5916-0114(オーイイヨ)
受付時間
月〜金 9:00〜19:00 (土17:30まで)

2006年6月〜
20189月まで

乳がんの発見数
1885
詳細はコチラ >>
J.POSHへの寄付金
3145万円
詳細はコチラ >>
新患数
43483
詳細はコチラ >>

言いたい放題乳腺外科コラム

不定期に当院の今日の乳がん・乳がん検診乳腺外科診療におけるコラムを掲載しております。

担がん患者の深部静脈血栓症・肺塞栓症に対する edoxaban
  • 2018.01.06(Sat)
  • No.2637

担がん患者の深部静脈血栓症・肺塞栓症に対する edoxaban (商品名 リクシアナ) の効果は dalteparin (商品名 フラグミン) に劣らないが、edoxaban では重大出血頻度が多くなる 。

"Edoxaban for the Treatment of Cancer-Associated Venous Thromboembolism."
http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1711948…

有症状および偶発的発見の深部静脈血栓症・肺塞栓症と診断された成人担がん患者1,050例を対象に、edoxaban の成績を 低分子ヘパリン製剤 dalteparin と比較する randomized, open-label, noninferiority trial,。対象は低分子ヘパリンを最低5日間投与後に、edoxaban (60 mg/day 経口投与) 群と dalteparin (200 IU/kg/day を30日間皮下投与し、その後150 IU/kg/day に減量して継続) 群に1:1で無作為割り付けされた。Edoxaban と dalteparin は最低6ヶ月、上限12ヶ月まで投与された。主観察項目は無作為から12ヶ月間における静脈血栓症または肺塞栓症の再燃頻度と、および重大な出血 (ヘモグロビン 2 g/dl 以上の低下または2単位以上の輸血を要した出血) の頻度とした。
●1,050例中の intention-to-treat analysis 対象は1,046例、edoxaban 群が522例・dalteparin 群が524例。平均年齢はedoxaban 群64.3歳・dalteparin 群63.7歳、肺静脈塞栓症例は edoxaban 群・dalteparin 群ともに62.8%、診断から6ヶ月以内のがん患者は edoxaban 群98.3%・dalteparin 群97.5%、転移がん患者は edoxaban 群52.5%・dalteparin 群53.4%、がん治療から4週以内の患者は edoxaban 群71.6%・dalteparin 群73.1%、ECOG performance status 0-1 の患者は edoxaban 群76.3%・dalteparin 群75.1%、静脈血栓症の既往があるものは edoxaban 群9.4%・dalteparin 群12.0% であった。投与期間中央値は edoxaban 群211日・dalteparin 群184日、edoxaban 群が長期であった。
●深部静脈血栓症or肺塞栓症の再燃例あるいは重大出血例はedoxaban 群では522例中67例 (12.8%)・dalteparin 群では524例中71例 (13.5%)、ハザード比は0.97 8 (95% CI 0.70 to 1.36; P=0.006 for noninferiority; P=0.87 for superiority) であり、edoxaban の頻度は dalteparin に対して劣っていなかった。
●深部静脈血栓症or肺塞栓再燃例は edoxaban 群では41例 (7.9%)・dalteparin 群では59例 (11.3%)、リスク差は −3.4% (95% CI −7.0 to 0.2)、ハザード比0.71 (95% CI 0.48 to 1.06; P = 0.09) であった。重大出血例は edoxaban 群で36例 (6.9%)・dalteparin 群では21例 (4.0%)、リスク差は 2.9% (95% CI 0.1 to 5.6)、ハザード比1.77 (95% CI 1.03 to 3.04; P = 0.04) であった。
●高頻度の有害事象はがん進行と肺炎であり、両群の頻度に差はなかった。

ベルーガクリニックの知識

ベルーガクリニックは、このような国内でエビデンスを基づく適切な診療を行う全国トップクラスの専門医の知識を終結し、日々web会議を行っております。

長谷川善枝先生
弘前市立病院 乳腺外科科長
弘前大学医学部臨床教授
日本乳癌学会評議員
大地哲也先生
東京女子医科大病院
外科 助教
日本乳癌学会専門医
日本乳癌学会評議員
吉村吾郎先生
市立岸和田市民病院
乳腺外科 部長
日本乳癌学会評議員
原文堅先生
国立病院機構
四国がんセンター
乳腺科・化学療法科
がん薬物療法専門医
日本乳癌学会評議員
飛田陽先生
鹿児島大学 大学院
医歯学総合研究科
腫瘍学講座
病理学分野 准教授
日本乳癌学会評議員
柴田伸弘先生
宮崎大学医学部付属病院
がん診療部 助教
がん薬物療法専門医
日本乳癌学会専門医