乳がん検診なら東京・埼玉エリアにある乳腺外科「ベルーガクリニック」マンモグラフィー検査による乳がんの検査を受付けております。

フリーダイヤル
0120-150-929(イコークリニック)
tel
03-5916-0114(オーイイヨ)
受付時間
月〜金 9:00〜19:00 (土17:30まで)

2006年6月〜
201710月まで

乳がんの発見数
1766
詳細はコチラ >>
J.POSHへの寄付金
2930万円
詳細はコチラ >>
新患数
42202
詳細はコチラ >>

言いたい放題乳腺外科コラム

不定期に当院の今日の乳がん・乳がん検診乳腺外科診療におけるコラムを掲載しております。

50歳以上のワーファリン内服例は
  • 2017.11.13(Mon)
  • No.2587

50歳以上のワーファリン内服例は非内服例と比較してがん罹患率が低い 。

"Association of Warfarin Use With Lower Overall Cancer Incidence Among Patients Older Than 50 Years."
https://jamanetwork.com/…/jamainte…/article-abstract/2661703

ノルウェー。Norwegian National Registry、Norwegian Prescription Database、Cancer Registry of Norway を用いて、1924〜1954年に生まれ、2006〜2012年にノルウェーに住んでいた1,256,725人を収集。がん診断前にワーファリンの処方を2年間以上受けていたものと、いなかったものに分け、がん罹患率を比較した。主観察項目は7年間 (2006〜2012年) の観察期間におけるがん罹患率とした。
●1,256,725人中、ワーファリン群が92,964例 (5.4%)・非ワーファリン群が7,577,952例 (94.6%)。男性の割合はワーファリン群が61.7%・非ワーファリン群が47.3%、年齢中央値はワーファリン群が70.2歳・非ワーファリン群が63.9歳、観察期間中央値はワーファリン群が4.6年・非ワーファリン群が6.3年、がん診断はワーファリン群が8,754例 (9.4%)・非ワーファリン群が123,933例 (10.6%)、全死亡はワーファリン群が20,502例 (22.1%)・非ワーファリン群が124,480例 (10.7%)。1,256,725人のワーファリン処方理由は心房細動粗動が33,313例 (35.8%)、肺血栓症が3,141例 (3.4%)、静脈炎が2,172例 (2.3%)、虚血性心疾患が9,055例 (9.7%)、脳虚血が2,121例 (2.3%)、心臓弁膜疾患が1,425例 (1.5%)、その他41,724例 (44.8%)。
●非ワーファリン群と比較したワーファリン群の性別および年齢で補正全がん罹患 incidence rate ratio (IRR) は0.84 (95% CI 0.82-0.86)、ワーファリン群の全がん罹患が有意に低かった。
●非ワーファリン群と比較してワーファリン群で罹患がん低かったがん種は、肺がん (IRR 0.80 [95% CI 0.74-0.86])、前立腺がん (IRR 0.69 [95% CI 0.65-0.72])、乳がん (IRR 0.90 [95% CI 0.82-1.00])、婦人科がん (IRR 0.85 [95% CI 0.74-0.97])、膀胱がん (IRR 0.82 [95% CI 0.75-0.90])、脳腫瘍 (IRR 0.74 [95% CI 0.64-0.87])、胃がん (IRR 0.77 [95% CI 0.65-0.90])、頭頸部がん (IRR 0.64 [95% CI 0.51-0.81]) であった。大腸がんでは非ワーファリン群とワーファリン群に有意差はなかった (IRR 0.99 [95% CI 0.93-1.06])
●非ワーファリン群と比較した心房細動粗動のためにワーファリン内服例のIRRは全がん種で0.62 (95% CI 0.59-0.65)、肺がんで0.39 (95% CI 0.33-0.46)、前立腺がんで0.60 (95% CI 0.55-0.66)、乳がんで0.72 (95% CI 0.59-0.87)、大腸がんで0.71 (95% CI 0.63-0.81) であった。

ベルーガクリニックの知識

ベルーガクリニックは、このような国内でエビデンスを基づく適切な診療を行う全国トップクラスの専門医の知識を終結し、日々web会議を行っております。

長谷川善枝先生
弘前市立病院 乳腺外科科長
弘前大学医学部臨床教授
日本乳癌学会評議員
柏葉匡寛先生
ブレストピア宮崎病院
副院長
日本乳癌学会評議員
大地哲也先生
東京女子医科大病院
外科 助教
日本乳癌学会専門医
津川浩一郎先生
聖マリアンナ医科大学病院
乳腺・内分泌外科教授
日本乳癌学会理事
吉村吾郎先生
市立岸和田市民病院
乳腺外科 部長
日本乳癌学会評議員
原文堅先生
国立病院機構
四国がんセンター
乳腺科・化学療法科
がん薬物療法専門医
飛田陽先生
鹿児島大学 大学院
医歯学総合研究科
腫瘍学講座
病理学分野 准教授
柴田伸弘先生
宮崎大学医学部付属病院
がん診療部 助教
がん薬物療法専門医
日本乳癌学会専門医