乳がん検診なら東京・埼玉エリアにある乳腺外科「ベルーガクリニック」マンモグラフィー検査による乳がんの検査を受付けております。

フリーダイヤル
0120-150-929(イコークリニック)
tel
03-5916-0114(オーイイヨ)
受付時間
月〜金 9:00〜19:00 (土17:30まで)

2006年6月〜
201711月まで

乳がんの発見数
1776
詳細はコチラ >>
J.POSHへの寄付金
2964万円
詳細はコチラ >>
新患数
42365
詳細はコチラ >>

言いたい放題乳腺外科コラム

不定期に当院の今日の乳がん・乳がん検診乳腺外科診療におけるコラムを掲載しております。

  • 検索したいキーワードを入力し、「条件」「表示」を選択して「検索」ボタンを押して下さい。
  • キーワードは「半角スペース」で区切って複数指定することができます。
キーワード: 条件: 表示:
世界の若年がん (20歳〜39歳) の年齢調整罹患率は10万人あたり43.3
  • 2017.11.02(Thu)
  • No.2576

世界の若年がん (20歳〜39歳) の年齢調整罹患率は10万人あたり43.3、年齢調整がん死亡率は10万人あたり15.9。人間開発指数...

Videssa® Breast は
  • 2017.11.01(Wed)
  • No.2575

Videssa® Breast は血清タンパクバイオマーカーと腫瘍関連抗原に対する自己抗体から乳がんを診断する血清学的検査で、その...

45歳の非遺伝性乳がん女性が一側乳房切除+対側乳房予防切除
  • 2017.10.31(Tue)
  • No.2574

45歳の非遺伝性乳がん女性が一側乳房切除+対側乳房予防切除受けた場合、一側乳房切除と比較して$6,178のコスト高になり、QAL...

高齢者ではガイドラインで推奨されている基準に満たない
  • 2017.10.30(Mon)
  • No.2573

高齢者ではガイドラインで推奨されている基準に満たない週2時間未満のウオーキングでも身体活動なしと比べて死亡リスク...

がん根治手術後患者の新規継続的オピオイド処方
  • 2017.10.29(Sun)
  • No.2572

がん根治手術後患者の新規継続的オピオイド処方は10.4%で行われており、術後化学療法実施例において頻度が高い 。 "New Pers...

乳房部分切除が行われた高齢女性の36%では
  • 2017.10.28(Sat)
  • No.2571

乳房部分切除が行われた高齢女性の36%では放射線治療が行われておらず、これら放射線治療省略例でホルモン療法が行われ...

乳房インプラントが関与する未分化大細胞型リンパ腫
  • 2017.10.27(Fri)
  • No.2570

乳房インプラントが関与する未分化大細胞型リンパ腫 breast implant–associated anaplastic large cell lymphoma (BIA-ALCL) に関するシステ...

針生検で乳がんリスク病変と診断された病変に対し
  • 2017.10.26(Thu)
  • No.2569

針生検で乳がんリスク病変と診断された病変に対し、一般的乳がんリスク因子・病理学的リスク因子・病理結果テキスト内容...

Adjuvant setting における trastuzumab の皮下投与と静脈内投与
  • 2017.10.25(Wed)
  • No.2568

Adjuvant setting における trastuzumab の皮下投与と静脈内投与では3年 event-free survival には差はなく、有害事象は皮下投与群で多か...

米国非高齢者乳がん患者では
  • 2017.10.24(Tue)
  • No.2567

米国非高齢者乳がん患者では白人と比較して黒人の死亡リスクが高く、最も影響しているのは保険種別である 。 "Factors That Co...

ベルーガクリニックの知識

ベルーガクリニックは、このような国内でエビデンスを基づく適切な診療を行う全国トップクラスの専門医の知識を終結し、日々web会議を行っております。

長谷川善枝先生
弘前市立病院 乳腺外科科長
弘前大学医学部臨床教授
日本乳癌学会評議員
柏葉匡寛先生
ブレストピア宮崎病院
副院長
日本乳癌学会評議員
大地哲也先生
東京女子医科大病院
外科 助教
日本乳癌学会専門医
津川浩一郎先生
聖マリアンナ医科大学病院
乳腺・内分泌外科教授
日本乳癌学会理事
吉村吾郎先生
市立岸和田市民病院
乳腺外科 部長
日本乳癌学会評議員
原文堅先生
国立病院機構
四国がんセンター
乳腺科・化学療法科
がん薬物療法専門医
飛田陽先生
鹿児島大学 大学院
医歯学総合研究科
腫瘍学講座
病理学分野 准教授
柴田伸弘先生
宮崎大学医学部付属病院
がん診療部 助教
がん薬物療法専門医
日本乳癌学会専門医