乳がん検診なら東京・埼玉エリアにある乳腺外科「ベルーガクリニック」マンモグラフィー検査による乳がんの検査を受付けております。

フリーダイヤル
0120-150-929(イコークリニック)
tel
03-5916-0114(オーイイヨ)
受付時間
月〜金 9:00〜19:00 (土17:30まで)

2006年6月〜
20175月まで

乳がんの発見数
1706
詳細はコチラ >>
J.POSHへの寄付金
2798万円
詳細はコチラ >>
新患数
41116
詳細はコチラ >>

言いたい放題乳腺外科コラム

不定期に当院の今日の乳がん・乳がん検診乳腺外科診療におけるコラムを掲載しております。

  • 検索したいキーワードを入力し、「条件」「表示」を選択して「検索」ボタンを押して下さい。
  • キーワードは「半角スペース」で区切って複数指定することができます。
キーワード: 条件: 表示:
乳がんの大半が自己発見されるような地域では
  • 2017.05.29(Mon)
  • No.2451

乳がんの大半が自己発見されるような地域では、医師による乳房視触診を受けたことがあると治療開始までの期間が短く、...

ホルモンレセプター陽性 / HER2陰性乳がんの術前治療
  • 2017.05.25(Thu)
  • No.2450

ホルモンレセプター陽性 / HER2陰性乳がんの術前治療において、palbociclib は anastrozole 不応例においても抗増殖能活性を発揮す...

マンモグラフィ検診による40歳代のがん発見率
  • 2017.05.24(Wed)
  • No.2449

マンモグラフィ検診による40歳代のがん発見率は1,000検診あたり6.24と推奨値を満たしており、40歳から検診開始の妥当性が支...

乳房切除後同時再建ではフラップ関連合併症を来すと
  • 2017.05.22(Mon)
  • No.2448

乳房切除後同時再建ではフラップ関連合併症を来すと乳房形態スコアやQOLが低下する。同時再建例のインプラント関連合併...

米国の転移性乳がん患者数は年毎に増加しているが
  • 2017.05.20(Sat)
  • No.2447

米国の転移性乳がん患者数は年毎に増加しているが、生存率は改善している 。
"Estimation of the Number of Women Living with Metastatic B...

TH3RESA trial の overall survival 最終解析
  • 2017.05.19(Fri)
  • No.2446

TH3RESA trial の overall survival 最終解析。Trastuzumab emtansine による overall survival の改善は treatment of physician's choic を上回る 。
"Trastu...

EMILIA study の overall survival 最終解析
  • 2017.05.18(Thu)
  • No.2445

EMILIA study の overall survival 最終解析。本試験では第二回途中解析後にクロスオーバーが認められたものの、trastuzumab emtansine に...

マンモグラフィ検診の初回受診連絡に応じなかった者
  • 2017.05.17(Wed)
  • No.2444

マンモグラフィ検診の初回受診連絡に応じなかった者に対する二回目の受診勧奨は、日時と場所を指定した方法が自由選択...

Goserelin は40歳以下乳がん患者の化学療法による無月経の抑制に有効
  • 2017.05.16(Tue)
  • No.2443

OPTION trial。Goserelin は40歳以下乳がん患者の化学療法による無月経の抑制に有効だが、41歳以上ではその効果は認められない...

乳房切除単独あるいは乳房切除+乳房再建の選択にあたり
  • 2017.05.15(Mon)
  • No.2442

乳房切除単独あるいは乳房切除+乳房再建の選択にあたり、正しい知識と自身の希望に従って術式を選択した例は42.3%に過ぎ...

ベルーガクリニックの知識

ベルーガクリニックは、このような国内でエビデンスを基づく適切な診療を行う全国トップクラスの専門医の知識を終結し、日々web会議を行っております。

長谷川善枝先生
弘前市立病院 乳腺外科科長
弘前大学医学部臨床教授
日本乳癌学会評議員
柏葉匡寛先生
ブレストピア宮崎病院
副院長
日本乳癌学会評議員
大地哲也先生
東京女子医科大病院
外科 助教
日本乳癌学会専門医
津川浩一郎先生
聖マリアンナ医科大学病院
乳腺・内分泌外科教授
日本乳癌学会理事
吉村吾郎先生
市立岸和田市民病院
乳腺外科 部長
日本乳癌学会評議員
原文堅先生
国立病院機構
四国がんセンター
乳腺科・化学療法科
がん薬物療法専門医
飛田陽先生
松山赤十字病院
病理診断科 副部長
病理専門医・細胞診専門医
柴田伸弘先生
宮崎大学医学部付属病院
がん診療部 助教
がん薬物療法専門医
日本乳癌学会専門医