乳がん検診なら東京・埼玉エリアにある乳腺外科「ベルーガクリニック」マンモグラフィー検査による乳がんの検査を受付けております。

フリーダイヤル
0120-150-929(イコークリニック)
tel
03-5916-0114(オーイイヨ)
受付時間
月〜金 9:00〜19:00 (土17:30まで)

2006年6月〜
20179月まで

乳がんの発見数
1757
詳細はコチラ >>
J.POSHへの寄付金
2897万円
詳細はコチラ >>
新患数
42035
詳細はコチラ >>

言いたい放題乳腺外科コラム

不定期に当院の今日の乳がん・乳がん検診乳腺外科診療におけるコラムを掲載しております。

  • 検索したいキーワードを入力し、「条件」「表示」を選択して「検索」ボタンを押して下さい。
  • キーワードは「半角スペース」で区切って複数指定することができます。
キーワード: 条件: 表示:
乳がん骨転移患者における骨修飾作用薬剤
  • 2017.10.22(Sun)
  • No.2565

乳がん骨転移患者における骨修飾作用薬剤 bone-modifying agent (BMA) の役割に関するASCOガイドラインのアップデート 。 "Role of Bone-...

米国FADが1996年から2012年に新規承認した抗腫瘍注射剤
  • 2017.10.21(Sat)
  • No.2564

米国FADが1996年から2012年に新規承認した抗腫瘍注射剤は市販後平均8年間で医療費インフレを考慮しても8.4%値上がりしている...

Zoledronic acid 3ヶ月毎投与と比較して
  • 2017.10.20(Fri)
  • No.2563

Zoledronic acid 3ヶ月毎投与と比較して denosumab 1ヶ月毎投与では、乳がん骨転移患者の骨関連事象に要するコストが$162,918〜$34...

Trastuzumab deruxtecan (DS-8201) は
  • 2017.10.19(Thu)
  • No.2562

Trastuzumab deruxtecan (DS-8201) は、HER2発現状況を問わない標準治療抵抗性の進行再発乳がん・胃がん・胃食道部がんにおいて奏功...

Pertuzumabとtrastuzumabの混注投与は
  • 2017.10.18(Wed)
  • No.2561

Pertuzumabとtrastuzumabの混注投与は逐次投与と比較して効果や安全性は変わらない 。 "Efficacy and Safety of Pertuzumab and Trastuzumab Adminis...

MAF 遺伝子増幅なしの乳がん (約80%) では
  • 2017.10.17(Tue)
  • No.2560

MAF (v-maf musculoaponeurotic fibrosarcoma oncogene homolog) 遺伝子増幅なしの乳がん (約80%) では adjuvant zoledronic acid により生存率が改善す...

化学療法なし・5年間のホルモン療法ありのER陽性乳がんにおいて
  • 2017.10.16(Mon)
  • No.2559

化学療法なし・5年間のホルモン療法ありのER陽性乳がんにおいて、tumor- infiltrating lymphocyte の多寡は再発との相関がなく、tumor...

米国の外科医と放射線腫瘍医の大半は高齢者における乳房部分切除後の放射線治療省略
  • 2017.10.15(Sun)
  • No.2558

米国の外科医と放射線腫瘍医の大半は高齢者における乳房部分切除後の放射線治療省略は非標準治療と考え、放射線治療のベ...

免疫染色サブタイプに Oncotype Dx あるいは PAM50 による gene signatu
  • 2017.10.14(Sat)
  • No.2557

免疫染色サブタイプに Oncotype Dx あるいは PAM50 による gene signature を加味すると予後因子としての意義が増すが、PAM50にIHCサブ...

外科生検による atypical hyperplasia (AH) と lobular carcin
  • 2017.10.13(Fri)
  • No.2556

外科生検による atypical hyperplasia (AH) と lobular carcinoma in situ (LCIS) の頻度は 3〜4%、AH 診断後の25年間の累積乳がん罹患率は...

ベルーガクリニックの知識

ベルーガクリニックは、このような国内でエビデンスを基づく適切な診療を行う全国トップクラスの専門医の知識を終結し、日々web会議を行っております。

長谷川善枝先生
弘前市立病院 乳腺外科科長
弘前大学医学部臨床教授
日本乳癌学会評議員
柏葉匡寛先生
ブレストピア宮崎病院
副院長
日本乳癌学会評議員
大地哲也先生
東京女子医科大病院
外科 助教
日本乳癌学会専門医
津川浩一郎先生
聖マリアンナ医科大学病院
乳腺・内分泌外科教授
日本乳癌学会理事
吉村吾郎先生
市立岸和田市民病院
乳腺外科 部長
日本乳癌学会評議員
原文堅先生
国立病院機構
四国がんセンター
乳腺科・化学療法科
がん薬物療法専門医
飛田陽先生
鹿児島大学 大学院
医歯学総合研究科
腫瘍学講座
病理学分野 准教授
柴田伸弘先生
宮崎大学医学部付属病院
がん診療部 助教
がん薬物療法専門医
日本乳癌学会専門医