乳がん検診なら東京・埼玉エリアにある乳腺外科「ベルーガクリニック」マンモグラフィー検査による乳がんの検査を受付けております。

フリーダイヤル
0120-150-929(イコークリニック)
tel
03-5916-0114(オーイイヨ)
受付時間
月〜金 9:00〜19:00 (土17:30まで)

2006年6月〜
20172月まで

乳がんの発見数
1672
詳細はコチラ >>
J.POSHへの寄付金
2741万円
詳細はコチラ >>
新患数
40518
詳細はコチラ >>

各種外来とサービス

腫瘍内科(完全予約制)

乳がん治療先進国米国では、死亡率減少に抗がん剤治療等の薬物療法は効果的だと言われています。当クリニックでは、外来にてこの治療をお受け頂け、乳がん術前術後の抗がん剤治療・内分泌療法・抗体療法などを、遠方の医療機関に行くことなく当院で行えます。予約制ですので、お待ち頂くことなく治療が行えます。各患者様専用のテレビでDVDなどを見ながら、マッサージチェアやリクライニングチェア完備の専用ルームでくつろぎながら治療を行えます。

現在、通院中の医療機関の主治医の許可と紹介状(診療情報等)をお持ち頂ければ同じ治療を行います。また、治療中や治療終了時には、再度主治医へ医療情報をお持ち頂きますので、主治医の診療も継続できます。お近くの医療機関で治療をご希望の患者様には便利なシステムです。お気軽にご相談下さい。保険診療で行えますのでご安心下さい。

セカンドオピニオン(完全予約制)

セカンドピニオン制度は、世界で行われているもので、主治医の意見だけでなく、複数の医師の意見を聞き、納得した治療を受けましょうという意味です。尚、現在受診されている医療機関での診療録・検査結果・レントゲン写真等をご用意できましたらお持ち下さい。

料金
自由診療となります。30分単位で22,000円(税込み)

乳腺病理セカンドオピニオンシステム(完全予約制)

早期がんを含めて確定診断を下す重要な検査となっている乳腺組織の病理組織診断は、専門医の不足から全国均一の医療が提供できる環境とは言い難い状況です。また、治療前に良悪性診断する乳腺からの採取組織が微量であることや、乳腺の組織像が多様であること等が診断をより困難にしています。悪性か良性かの判断に迷う病理所見を長年に亘り診断してきた経験豊かな専門医が診断した場合、その正確性が増すことは言を待ちません。
特に、乳腺病理診断の誤診が全国で見掛けられます。乳がんと診断され手術を行った後に、良性病変と診断された不幸な例も当院に御相談された方に数名いらっしゃいます。逆に、乳がんを良性と診断され後に進行がんで発見された方で命を亡くされた不幸な例も多く見受けられます。

乳腺検査で最も大切な乳腺病理を、再度セカンドオピニオンで正確な診断を行うシステムです。他院で行われた病理標本(スライドなど)をお持ち頂き、乳腺病理の最高峰である元癌研究会癌研究所乳腺病理部長坂元吾偉医学博士が院長の坂元記念クリニック乳腺病理アカデミーに正確な診断を依頼致します。

料金
坂元記念クリニック乳腺病理アカデミー(50,000円税込み)
+当院受付受診と説明(30,000円税込み)

再生医療サポートシステム(完全予約制)

再生医療とは事故や病気によって失われた身体の細胞、組織、器官の再生や機能の回復を目的とした医療です。聖心美容外科附属再生医療センターと提携し、乳癌術後の筋皮弁術やインプラントのようなリスクの高い乳房再建術ではなく、世界初のセリューションシステムを用いた脂肪由来幹細胞移植術を支援する事になりました。これに伴い、聖心美容外科で豊胸術をされた方の乳がん検診は当院が責任を持って行う事をお約束致します。

※ 聖心美容外科関連の患者様のみを対象としています。

ベルーガクリニックの知識

ベルーガクリニックは、このような国内でエビデンスを基づく適切な診療を行う全国トップクラスの専門医の知識を終結し、日々web会議を行っております。

長谷川善枝先生
弘前市立病院 乳腺外科科長
弘前大学医学部臨床教授
日本乳癌学会評議員
柏葉匡寛先生
ブレストピア宮崎病院
副院長
日本乳癌学会評議員
大地哲也先生
東京女子医科大病院
外科 助教
日本乳癌学会専門医
津川浩一郎先生
聖マリアンナ医科大学病院
乳腺・内分泌外科教授
日本乳癌学会理事
吉村吾郎先生
市立岸和田市民病院
乳腺外科 部長
日本乳癌学会評議員
原文堅先生
国立病院機構
四国がんセンター
乳腺科・化学療法科
がん薬物療法専門医
飛田陽先生
松山赤十字病院
病理診断科 副部長
病理専門医・細胞診専門医
柴田伸弘先生
宮崎大学医学部付属病院
がん診療部 助教
がん薬物療法専門医
日本乳癌学会専門医