乳がん検診なら東京・埼玉エリアにある乳腺外科「ベルーガクリニック」マンモグラフィー検査による乳がんの検査を受付けております。

フリーダイヤル
0120-150-929(イコークリニック)
tel
03-5916-0114(オーイイヨ)
受付時間
月〜金 9:00〜19:00 (土17:30まで)

2006年6月〜
20177月まで

乳がんの発見数
1733
詳細はコチラ >>
J.POSHへの寄付金
2858万円
詳細はコチラ >>
新患数
41620
詳細はコチラ >>

信頼と実績の証

  • 当院はマンモグラフィー精度管理中央委員会においてA評価という最高評価にて、マンモグラフィー検診施設として認定されています。
  • 検診マンモグラフィー撮影認定診療放射線技師(A評価の女性技師)
  • 検診マンモグラフィー読影認定医師

以上の全ての認定を受けたマンモグラフィー乳がん検診施設・乳腺外科です。

当院の乳腺超音波(エコー)は検査レベルの維持を重視する為、乳腺外科医師が必ず行います。

日本乳癌学会において認定関連施設に認定されています。

2006 年6月1日〜2017年7月31日までの12ヶ月で新患数41620名でした。当院のある板橋区以外の患者様が75%、東京都以外から約32%の方がいらっしゃいました。東京都近郊以外では、静岡県・茨城県・栃木県・群馬県から受診される方が多く見られます。また、北海道から沖縄県まで受診されています。

 当院での乳がん確定診断者数は1733名(非浸潤癌が516名、悪性リンパ腫3名,悪性葉状腫瘍2名、悪性間質腫瘍1名)でした。平均年齢は48.0歳でした。若年性乳癌(35歳以下)が155名(8.9%)で、40歳未満は323名(18.6%)、7月は14名を乳がんと診断し本年は87名を診断致しました。当院のデーターから、若年性乳癌の割合が非常に多くなっており危険率が高くなっている反面、非浸潤性の乳癌(29.7%)も多く発見され、超早期乳癌発見にて94%以上の完治が期待できます。当院は、全国でもトップクラスの非浸潤癌発見の割合の高い医療機関となります。これは、超早期乳癌を発見率の高い、精度の高い診断を意味致します。若年者の非浸潤癌の殆どは、マンモグラフィーの微細石灰化で発見される非触知乳癌(しこりのない)でした。逆に、エコーのみで診断出来た乳癌はの多くは浸潤癌でした。他院での乳癌を見逃された例など悲惨な例が1割程度に見掛けます。

当院の2006年6月〜2010年11月までの乳癌の年齢別人数/受診者数がでました。
2​0歳代:20名/4046名、30歳代:153名/9223名、​40歳代:300名/4969名、50歳代:124名/1642​名、60歳代:56名/537名、70歳代:23名/135名、​80歳代:6名/18名でした。
つまり、年齢が上がる程、乳癌の確率が上がるのですが、受診者数は年齢が上がると下がるという傾向です。これは恐​ろしいと思います。また、30歳代は60人に1人、40歳代は16.5人に1人、50歳代は13.2人に1人、60歳代は9.5人に1人です。これはかなりの確率です。甘く考えないで頂きたいと思います。

【2016年の年間実績】

乳がん発見数:146名 
(2015年161名、2014年137名、2013年166名、2012年172名、2011年166名、2010年203名、2009年192名、2008年150名、2007年130名)
PBC乳がん検診受診者(自費):7348名 (2015年5999名、2014年3932、2013年4271名、2012年4347名、20111年4456名、2010年4865名2009年5164名、2008年3726名)
1.6%が精密検査となりました。
新患数:3269名 (2015年2781名、2014年1883名、2013年2553名、2012年2826名、2011年3475名、2010年3961名、2009年5839名、2008年5620名)
マンモグラフィー撮影者数:9629名 (2015年8494名、2014年6731名、2013年7321名、2012年7553名、2011年7868名、2010年9141名、2009年8625名、2008年6719名)
乳腺エコー検査人数:9629名 (2015年8727名、2014年6943名、2013年7514名、2012年7741名、2011年8042名2010年9422名、2009年9134名、2008年7307名)
ステレオガイド下マンモトーム生検:72件(2015年68件、2014年62件、2013年78件、2012年117件、2011年141件、2010年136件、2009年167件、2008年146件)
エコーガイド下マンモトーム生検:77件 (2015年73件、2014年87件、2013年49件、2012年32件、2011年30件、2010年32件、2009年20件、2008年33件)

【手術等のご紹介先実績】 (推奨施設の記載ではありません)

(東京都)
虎の門病院東京女子医科大学病院(外科)東京大学医学部附属病院東京医科大学病院帝京大学医学部附属病院がん研有明病院都立駒込病院三井記念病院聖路加国際病院国立がん研究センター中央病院順天堂大学附属順天堂医院日本医科大学付属病院東京医科大学八王子医療センター東京医科歯科大学附属病院杏林大学医学部付属病院JR東京総合病院東海大学医学部付属八王子病院NTT東日本関東病院国際福祉医療大学三田病院日本大学医学部附属板橋病院慶応義塾大学病院 昭和大学病院   
(埼玉県)
埼玉県立がんセンター埼玉医科大学国際医療センター埼玉医科大学病院独協大学医学部附属越谷病院防衛医科大学校病院川口市立医療センター ・埼玉医科大学総合医療センター
(千葉県)
 国立がん研究センター東病院千葉県がんセンター・亀田総合病院
(神奈川県) 
聖マリアンナ医科大学病院 ・神奈川県立がんセンター 日本医科大学武蔵小杉病院大船中央病院横須賀共済病院市立総合医療センター横浜栄共済病院 ・湘南鎌倉総合病院
(群馬県)
群馬県立がんセンター群馬大学医学部附属病院
(北海道)
札幌ことに乳腺クリニック
(岩手県)
岩手医科大学附属病院
(秋田県)
秋田大学医学部附属病院
(山形県)
米沢市立病院

(福島県)
星総合病院
(山梨県)
山梨県立中央病院
(茨城県)
筑波大学附属病院
(栃木県)
栃木県立がんセンター
(静岡県)
静岡県立静岡がんセンター
(新潟県)
新潟県立がんセンター新潟病院
(富山県)
富山県立中央病院
(長野県)
信州大学附属病院

(愛知県)
藤田保健衛生大学病院愛知県がんセンター
(滋賀県)
加藤乳腺クリニック
(大阪府)
 関西医科大学附属枚方病院リボン・ロゼ田中完児乳腺クリニック市立岸和田市民病院                  
(兵庫県)
神戸大学医学部附属病院兵庫県立がんセンター
(愛媛県)
四国がんセンター
(鳥取県)
鳥取赤十字病院
(福岡県)
社会保険久留米第一病院 ・九州がんセンター
(大分県)
うえお乳腺クリニック
(鹿児島県)
相良病院

【マンモトーム生検実績】
  • ステレオガイド下マンモトーム生検:1269名施行。
    乳癌と診断された方は297名(内、非浸潤癌が250名)約23.4%でした。目的病変(微細石灰化)採取成功率100%でした。
    当院の過去最小乳癌は直径0.4mmの乳癌を診断しております。国内最小乳癌の診断となります。
  • エコーガイド下マンモトーム生検:552名施行。
    乳癌と診断された方は216名(約39.1%)でした。


ステレオガイド下マンモトーム生検適応患者様に対し、下記の施設をより特別にご依頼を受け当院で検査・診断を行なっております。
虎の門病院
JR東京総合病院
東京医科大学病院

乳腺病理の最高峰である元癌研究会癌研究所乳腺病理部長坂元吾偉院長(坂元記念クリニック病理アカデミー)が病理組織診断を行っており、国内で唯一の100%の病理診断です。

 

※アーバンハイツクリニック(巣鴨)と提携しています。
アーバンハイツクリニック(巣鴨)の乳がん検診にて、要精密検査・再検査となった方は当院乳腺外科にて優先的に拝見致します。ご予約時にお申し出下さい。

※戸田市の公平病院との提携をしています。
戸田市の乳がん検診を公平病院(埼玉県戸田市)でお受けになると、精密検査が必要と判断された方は当院に紹介状が頂けます。現在、乳腺精密検査の提携をしております。是非、戸田市の乳がん検診は公平病院をご利用下さい。

☆優先精密検査受け入れ医療機関一覧
公平病院(戸田市)・アーバンハイツクリニック(巣鴨)・みえこ女性クリニック(板橋区)・麦島内科クリニック(練馬区)

乳がん検診 トリプルアセスメント診断のリボン・ロゼ田中完児乳腺クリニック(大阪市)と提携しています。

当院は、J.POSHの乳がん検診 奨学金まなびへ寄付をおこなっています。

ベルーガクリニックの知識

ベルーガクリニックは、このような国内でエビデンスを基づく適切な診療を行う全国トップクラスの専門医の知識を終結し、日々web会議を行っております。

長谷川善枝先生
弘前市立病院 乳腺外科科長
弘前大学医学部臨床教授
日本乳癌学会評議員
柏葉匡寛先生
ブレストピア宮崎病院
副院長
日本乳癌学会評議員
大地哲也先生
東京女子医科大病院
外科 助教
日本乳癌学会専門医
津川浩一郎先生
聖マリアンナ医科大学病院
乳腺・内分泌外科教授
日本乳癌学会理事
吉村吾郎先生
市立岸和田市民病院
乳腺外科 部長
日本乳癌学会評議員
原文堅先生
国立病院機構
四国がんセンター
乳腺科・化学療法科
がん薬物療法専門医
飛田陽先生
松山赤十字病院
病理診断科 副部長
病理専門医・細胞診専門医
柴田伸弘先生
宮崎大学医学部付属病院
がん診療部 助教
がん薬物療法専門医
日本乳癌学会専門医