乳がん検診なら東京・埼玉エリアにある乳腺外科「ベルーガクリニック」マンモグラフィー検査による乳がんの検査を受付けております。

フリーダイヤル
0120-150-929(イコークリニック)
tel
03-5916-0114(オーイイヨ)
受付時間
月〜金 9:00〜19:00 (土17:30まで)

2006年6月〜
20179月まで

乳がんの発見数
1757
詳細はコチラ >>
J.POSHへの寄付金
2897万円
詳細はコチラ >>
新患数
42035
詳細はコチラ >>

掲示板

上記内容にご同意頂けた方のみこちらからご投稿ください

※※※ 免責事項 ※※※
誠に勝手ながら、乳腺関係以外の投稿はご遠慮下さい。診療に関わる個人的内容、公序良俗に反した内容の投稿、常識を逸した内容・表現の投稿はこちらで削除させていただくこともあります。
ホームページ全体のsecurityを高めるためと、クリニックからきめ細やかな個別対応サービスを迅速におこなうためにE-mailアドレスの入力をお願いします。ご投稿者様のアドレスは個人情報保護のため、掲示板には非表示といたします。
お名前は匿名で結構です。
相談者が回答により、万が一不都合、不利益を被った場合でも、回答した医師、管理者(ベルーガクリニック)のいずれもその責を負わないものと致します。また、掲示板に掲載された内容によって生じた損害や、ユーザ同士のトラブル等に対し、管理者は一切の補償および関与をいたしません。
「掲示板利用規約」のすべてにご同意いただいたものとします。
同じご質問内容の重複投稿や、複数のスレッド作成はご遠慮ください。また、返信内容に対するご質問は、同スレッド内でお願いいたします。

新規投稿はコチラ

  • 検索したいキーワードを入力し、「条件」「表示」を選択して「検索」ボタンを押して下さい。
  • キーワードは「半角スペース」で区切って複数指定することができます。
キーワード: 条件: 表示:
乳管内乳頭腫について
  • 投稿者:シノ
  • (36歳)
  • 投稿日:2017/8/29(Tue) 04:08

先生はじめまして
現在36歳 独身です
よろしくお願いします。
4年前から乳管内乳頭腫で1年に1度
経過観察を受けております。
4月に今年のマンモグラフィーと
エコーを受けて参りました。
しこりは4年前から1.2ミリ→1.7ミリへと
変化しております。
8月中頃より今まではまばらな間隔で
出ていた血性分泌物が
毎日、量はまちまちですが
出続けるようになりました。今日まで続いております。
このような事が今まで無く、少し動揺しております
4月に検査を受けているので
大丈夫という気持ちと
2週間になる継続した分泌物は
乳房の中で何が起きているからなのか
という気持ちとで行ったりきたりです
分泌物が継続しても次の検査まで待っていても
大丈夫なのでしょうか
それとも
3週間以上続くようならば
再度診察を受けるべきでしょうか

先生すみませんがよろしくお願いします

Re: 乳管内乳頭腫について
  • 投稿者:シノ
  • (36歳)
  • 投稿日:2017/8/29(Tue) 04:27

すみません。
記載を間違えました。
1.2センチ→1.7センチです
大変失礼致しました。

シノ様へのお返事
  • 投稿者:ベルーガクリニック 医師 富永
  • 投稿日:2017/8/29(Tue) 09:46

 ご投稿ありがとうございます。
 出血の原因が乳管内乳頭腫と解ってるので、4月に検査されてるので受診しても意味がありません。
 出血を止める意味だけで手術をご希望なら、それは主治医に相談しても良いでしょう。

Re: 乳管内乳頭腫について
  • 投稿者:シノ
  • (36歳)
  • 投稿日:2017/8/29(Tue) 12:40

早速の返信ありがとうございました
いつも不安になると掲示板の先生の言葉を
読んで力を貰っていました
先生の言葉には説得力があり安心します
感謝します。
もう少し様子を見てみようと思います
ありがとうございました

シノ様へのお返事
  • 投稿者:ベルーガクリニック 医師 富永
  • 投稿日:2017/8/29(Tue) 13:31

 ご丁寧なお返事ありがとうございます。

右胸の痛み
  • 投稿者:ともこ
  • (35歳)
  • 投稿日:2017/8/27(Sun) 21:40

今年の6月に、卒乳して半年たったので、貴院で検診をしていただき、「何もないので、来年また来てください」と言っていただきました。

ただ、ここ最近、右胸がギューッと痛み、乳首を引っ張ってみると、母乳が2ヵ所滲みました。右胸の上方を押すと痛いところがあります。しこりはないと思います。

これは正常なのでしょうか。痛みもあるので少し不安です。

ともこ 様へのお返事
  • 投稿者:ベルーガクリニック 医師 富永
  • 投稿日:2017/8/27(Sun) 22:16

 ご投稿ありがとうございます。
 正常な事です。

Re: 右胸の痛み
  • 投稿者:ともこ
  • (35歳)
  • 投稿日:2017/8/27(Sun) 22:44

ご返信ありがとうございます。
これまでも時々、右胸の2ヵ所滲む時があり、まだ完全に母乳が止まっていない状態で、検診を受けてしまったのではないかと思ったのですが、検診に影響はないでしょうか。

ともこ様へのお返事
  • 投稿者:ベルーガクリニック 医師 富永
  • 投稿日:2017/8/28(Mon) 09:22

 ご丁寧なお返事ありがとうございます。
 特に影響はありません。影響のある方は当院は全てお話してます。

Re: 右胸の痛み
  • 投稿者:ともこ
  • (35歳)
  • 投稿日:2017/8/28(Mon) 19:52

ありがとうございます。
この痛みは放っておいて良いでしょうか。受診の必要はありませんか?

ともこ様へのお返事
  • 投稿者:ベルーガクリニック 医師 富永
  • 投稿日:2017/8/28(Mon) 22:02

ご丁寧なお返事ありがとうございます。
 放置で問題ありません。

検査による乳がん発生率の上昇
  • 投稿者:斎藤カレン
  • (39歳)
  • 投稿日:2017/8/27(Sun) 01:15

こんにちは。いつもこちらで大変勉強させていただいております。

過去の投稿のご回答の中に、'マンモトーム以外の検査は、良性病変だった場合、1.7倍で、何もない方より乳がん発生率が上がる'とございましたが、その理由をご教示いただけますでしょうか。

先日、マンモグラムと超音波の検査をし、超音波結果よりコア針生検となり、繊維腺腫と診断されました。それでも心配だとドクターに話したところ、その腫瘍が半年間で1.5cm大のものが発生したこともあり、100%の確証を得るためには切除を勧められました。私としては緊急性がないとしても、今すぐにでも切除を希望したいですが、検査による乳がん発生率上昇の旨を知り、躊躇っでもしまいました。切除をした場合でも良性病変の場合には乳がん発生率が上がってしまうのでしょうか。リスクの比較論になるかと思いますが、上記の状況で切除の決断は妥当でしょうか。



政府による健康保険システムがない国では医療のビジネス化が顕著で、どこまで妥当性があるのかが時に判断つきかねることがあるので、ご質問させていただきました。

どうぞよろしくお願い致します。

斎藤カレン様へのお返事
  • 投稿者:ベルーガクリニック 医師 富永
  • 投稿日:2017/8/27(Sun) 10:35

 ご投稿ありがとうございます。
 リスクの確率には、統計的なものなので理由は明確ではありません。理由が明確なら予防が可能になります。
 良性疾患は切除してもしなくても、悪性病変発生の確率は同じです。その病変が癌化するのではありません。しかも、逆側の乳房に出る事も含みます。尚、線維腺腫など整溶性が問題なければ、このようなサイズは放置で十分です。

線維腺腫と葉状腫瘍
  • 投稿者:カレン
  • (39歳)
  • 投稿日:2017/8/27(Sun) 22:58

早速のご返信、どうもありがとうございます。線維腺腫でこのサイズの場合放置で大丈夫とのことで不安が少し和らぎまさたが、インターネットで検査すると、短期間で増大や新たに発生したものは葉状腫瘍の可能性も否定できないとありました。また、針生検で線維腺腫と判定されても実際切除しないとわからないともありました。

私の場合、針生検で線維腺腫だったものの、半年の間で新しく出てきたものが1.5cmだったのと年齢的なものでドクターからも切除を進められたかと思います。

葉状腫瘍なら進化が早いと聞きすごく心配です。こ1週間以内に切除した方がよろしいでしょうか。大学病院だと予約が1ヶ月先とかになってしまうのも心配です。

アドバイスの程、よろしくお願い致します。

斎藤カレン 様へのお返事
  • 投稿者:ベルーガクリニック 医師 富永
  • 投稿日:2017/8/28(Mon) 09:21

 ご丁寧なお返事ありがとうございます。
 針生検で線維腺腫の上で、葉状腫瘍を過度に疑う程のサイズではありません。緊急性はないので、貴女の自由になさって下さい。

線維腺腫と葉状腫瘍
  • 投稿者:カレン
  • (39歳)
  • 投稿日:2017/8/28(Mon) 10:47

上記の件、どうもありがとうございました。

斎藤カレン 様へのお返事
  • 投稿者:ベルーガクリニック 医師 富永
  • 投稿日:2017/8/28(Mon) 11:56

 ご丁寧なお返事ありがとうございます。

卵巣摘出
  • 投稿者:匿名
  • (40歳)
  • 投稿日:2017/8/26(Sat) 23:53

いつもお世話になっております
毎年9月に検診にお伺いしています
実は初期の子宮体がんが見つかり来週手術をすることになりました
子宮と卵巣の摘出です。リンパは残します

知人から卵巣を摘出すると乳ガンのリスクが減ると聞いたのですが
初めて耳にして驚いていますが事実なのでしょうか?

検診は10月中にお伺いしますが気になったので投稿しました
よろしくお願いいたします

匿名 様へのお返事
  • 投稿者:ベルーガクリニック 医師 富永
  • 投稿日:2017/8/27(Sun) 10:36

 ご投稿ありがとうございます。
 遺伝性のもの以外はリスク下がります。しかし、ならないのではありません。

Re: 卵巣摘出
  • 投稿者:匿名
  • (40歳)
  • 投稿日:2017/8/27(Sun) 14:04

先生、いつもありがとうございます
今まで通り、しっかりと年に1度の乳ガン検診を受けます
先生のクリニックは受付から会計まで30分かからず毎回素晴らしいシステムだと思います
予約も取りやすいので検診が全く負担にならず葉書も来るので忘れることもありません
来月、お伺いしますのでよろしくお願いいたします

匿名様へのお返事
  • 投稿者:ベルーガクリニック 医師 富永
  • 投稿日:2017/8/27(Sun) 14:55

 ご丁寧なお返事ありがとうございます

健康診断結果
  • 投稿者:ゆきこ
  • (37歳)
  • 投稿日:2017/8/25(Fri) 20:10

初めまして。私は23歳の時、1人出産しました。
今回、会社の健康診断のオプションで乳がん検診を受けました。検診内容は、触診とマンモです。触診は、その場で異常無しといわれました。先日、結果が送られてきたのですが、マンモの欄に『左L 腫瘤陰影』とあり『専門医療機関で精密検査を受けて下さい』となっていました。
正直、不安です。どの病院で精密検査を受けたらいいのか、専門医療機関って?腫瘤陰影って? と色々考えてしまっています。ガン保険にも入っていないし、母子家庭なので、ガンの医療費を考えると不安がつのるばかりです。 
 それでも、早く精密検査を受けなくてはと思っています。どの様な何科を受診したらよいのか、教えて下さい。支離滅裂な文章ですみません。
アドバンスお願い致します。

ゆきこ 様へのお返事
  • 投稿者:ベルーガクリニック 医師 富永
  • 投稿日:2017/8/25(Fri) 21:17

 ご投稿ありがとうございます。
 マンモグラフィでの腫瘤が本当にあるのかを再度エコーで判定して初めて精密検査の有無を決定します。乳腺外科を受診されると良いでしょう。

赤い斑点
  • 投稿者:心配性
  • (24歳)
  • 投稿日:2017/8/25(Fri) 16:40

左胸の半分から上左側に、赤い斑点 直径5センチくらいのが出来ました。しこりは全くないのですが、胸全体がわずかに痛みます。去年も斑点が夏頃できましたが、実習のため忙しくて病院に行けませんでしたが、自然に治りました。今年は長いので心配です。周りに女医さんのいる病院が少なく躊躇しています。よろしくお願い致します。

心配性様へのお返事
  • 投稿者:ベルーガクリニック 医師 富永
  • 投稿日:2017/8/25(Fri) 21:15

 ご投稿ありがとうございます。
 乳腺疾患ではありません。皮膚科受診をお勧め致します。

乳がん 肝臓転移
  • 投稿者:匿名
  • (51歳)
  • 投稿日:2017/8/23(Wed) 00:59

こんばんは 初めて投稿します
15年前、右胸 に乳がん 肝臓に転移してました。
ハーセプチンとタキソテール 9か月 で肝臓のガンは、
消滅。
心臓の収縮がありタキソテール中止しました
4ヶ月間ハーセプチンとリュープリンをしました
右胸のしこりは消えず、右胸摘出
以後リュープリンとタスオミンを11年6ヶ月治療しました
現在の治療は、フェマーラ半錠のみを2年6ヶ月飲んでます
いままでCT検査をしていますが、血液検査とも異常なし
フェマーラを飲む少し前に主治医がかわりました
今の主治医は、もう治療しなくてもいいと言いますが
治療をやめても大丈夫でしょうか?

匿名様へのお返事
  • 投稿者:ベルーガクリニック 医師 富永
  • 投稿日:2017/8/23(Wed) 09:06

 ご投稿ありがとうございます。 
 中止で良いでしょう。

ベルーガクリニックの知識

ベルーガクリニックは、このような国内でエビデンスを基づく適切な診療を行う全国トップクラスの専門医の知識を終結し、日々web会議を行っております。

長谷川善枝先生
弘前市立病院 乳腺外科科長
弘前大学医学部臨床教授
日本乳癌学会評議員
柏葉匡寛先生
ブレストピア宮崎病院
副院長
日本乳癌学会評議員
大地哲也先生
東京女子医科大病院
外科 助教
日本乳癌学会専門医
津川浩一郎先生
聖マリアンナ医科大学病院
乳腺・内分泌外科教授
日本乳癌学会理事
吉村吾郎先生
市立岸和田市民病院
乳腺外科 部長
日本乳癌学会評議員
原文堅先生
国立病院機構
四国がんセンター
乳腺科・化学療法科
がん薬物療法専門医
飛田陽先生
鹿児島大学 大学院
医歯学総合研究科
腫瘍学講座
病理学分野 准教授
柴田伸弘先生
宮崎大学医学部付属病院
がん診療部 助教
がん薬物療法専門医
日本乳癌学会専門医