乳がん検診なら東京・埼玉エリアにある乳腺外科「ベルーガクリニック」マンモグラフィー検査による乳がんの検査を受付けております。

フリーダイヤル
0120-150-929(イコークリニック)
tel
03-5916-0114(オーイイヨ)
受付時間
月〜金 9:00〜19:00 (土17:30まで)

2006年6月〜
201912月まで

乳がんの発見数
2054
詳細はコチラ >>
J.POSHへの寄付金
3479万円
詳細はコチラ >>
新患数
45492
詳細はコチラ >>

掲示板

上記内容にご同意頂けた方のみこちらからご投稿ください

※※※ 免責事項 ※※※
誠に勝手ながら、乳腺関係以外の投稿はご遠慮下さい。診療に関わる個人的内容、公序良俗に反した内容の投稿、常識を逸した内容・表現の投稿はこちらで削除させていただくこともあります。
ホームページ全体のsecurityを高めるためと、クリニックからきめ細やかな個別対応サービスを迅速におこなうためにE-mailアドレスの入力をお願いします。ご投稿者様のアドレスは個人情報保護のため、掲示板には非表示といたします。
お名前は匿名で結構です。
相談者が回答により、万が一不都合、不利益を被った場合でも、回答した医師、管理者(ベルーガクリニック)のいずれもその責を負わないものと致します。また、掲示板に掲載された内容によって生じた損害や、ユーザ同士のトラブル等に対し、管理者は一切の補償および関与をいたしません。
「掲示板利用規約」のすべてにご同意いただいたものとします。
同じご質問内容の重複投稿や、複数のスレッド作成はご遠慮ください。また、返信内容に対するご質問は、同スレッド内でお願いいたします。

新規投稿はコチラ

  • 検索したいキーワードを入力し、「条件」「表示」を選択して「検索」ボタンを押して下さい。
  • キーワードは「半角スペース」で区切って複数指定することができます。
キーワード: 条件: 表示:
マンモトーム生検結果後の治療法で迷っています
  • 投稿者:匿名希望(71才女性)
  • (71歳)
  • 投稿日:2020/1/17(Fri) 11:47

よろしくお願いいたします。2018年11月末(70才)に左乳房非浸潤性乳管癌全摘後無治療です。一年後(2019年11月)の検診にて今度は右乳房D区域に4.9ミリ腫瘤。マンモトーム生検(3本検体)の結果下記の結果になりました。

いずれの検体にも腫大核を有する異形細胞の不整管状~篩状増生を認めます。
Low nuclear grade相当のductal carcinoma in situ(DCIS)~ADHの所見と考えます。本生検上では 間質への明瞭な浸潤は見られません。

現在の所情報はこれだけです。
私は限局型の全身性強皮症の持病がありますのでその場では全摘と覚悟してしまいました。しかしながら温存でも放射線治療なしの方法等他の方法もあるのでしょうか?高齢の事も考慮してもどの様に考えたら良いのか分からなくなっております。持病の事とか薬の副作用も考えて術後は無治療が希望です。
(主治医に聞けば)と言われればそれまでなのですが一度全摘と言ってしまいなかなか言えなくて困っております。主治医からはその他の方法はまだ聞いておりません。聞きにくい状態です。

私の様な場合は緊急に考えなくても良いのでしょうか?
ご迷惑をおかけしてしまいますが 先生にアドバイスを頂けないでしょうか。申し訳ございません。よろしくお願いいたします。

匿名希望様へのお返事
  • 投稿者:ベルーガクリニック 医師 富永
  • 投稿日:2020/1/17(Fri) 13:27

 ご投稿ありがとうございます。
 年齢的は高齢とは言えないので、標準治療になり、術式は範囲にもよりますが、このサイズなら部分切除(温存)を施行し、放射線治療がセットになります。但し、全身性強皮症があり、放射線ができないなら、放射線省略と言う事も考慮されますが、これは標準治療ではないので、要相談になります。また、何もしないでもう少し進行するまで待つという選択肢もあります。乳がんはどなたも緊急と言う事はありません。

Re: 迅速な対応を頂きましてありがとうございました。
  • 投稿者:匿名希望(71才女性)
  • (71歳)
  • 投稿日:2020/1/17(Fri) 13:53

ご多忙の所 迅速な対応を頂きましてありがとうございます。感謝申し上げます。
簡潔明瞭なご説明のおかげで 理解、納得できて落ち着きを取り戻しました。
冷静になって自分の治療法を選択できると思います。本当にありがとうございました。

 

匿名希望様へのお返事
  • 投稿者:ベルーガクリニック 医師 富永
  • 投稿日:2020/1/17(Fri) 14:12

 ご丁寧なお返事ありがとうございます。

乳房のしこり
  • 投稿者:いちご
  • (43歳)
  • 投稿日:2020/1/15(Wed) 15:53

きっと何とも言えないと言われると思いますが、ご意見をお聞かせください。
去年の12月20日過ぎにお風呂で何気なく乳房のに触れた所、左乳房の内側中央あたりに母指大の硬いしこり、その斜め下辺りに大きめに硬いしこりわ感じて12月23日に乳腺外来へいきました。エコーでは影があるとの事で、マンモグラフィーも撮りましたが5ヶ月前にはなかった影があると。
月経周期もあるので、今月20日に造影下でMRIを撮り、結果次第でマンモトーム生検をするとの事です。
最初にしこりに気づいた数日前にはしこりは感じなかったのですが…
やはり乳がんの可能性が高いのでしょうか?

いちご様へのお返事
  • 投稿者:ベルーガクリニック 医師 富永
  • 投稿日:2020/1/15(Wed) 17:21

 ご投稿ありがとうございます。
 詳細な画像所見が記載されないので、これでは私には分かりません。主治医にお聞きください。

Re: 乳房のしこり
  • 投稿者:いちご
  • (43歳)
  • 投稿日:2020/1/16(Thu) 10:31

ご回答いただきありがとうございます。
詳細の説明はなく、癌の硬さではないけど、7月にマンモで写っていなかった影があるからとの説明でした。
不安になり問い合わせました。
すみません。

いちご様へのお返事
  • 投稿者:ベルーガクリニック 医師 富永
  • 投稿日:2020/1/16(Thu) 16:26

 ご丁寧なお返事ありがとうございます。

エコーで精密検査
  • 投稿者:ykn
  • (25歳)
  • 投稿日:2020/1/15(Wed) 19:43

初めて乳がん検診で超音波検査を受けたとことろ要精密検査になりました。
のう胞、乳管拡張、混合性病変の記載がありましたが、
触ってみて特にしこりなどはないのですが、がんの疑いはありますでしょうか。
マンモグラフィー の検査は受けたことがありません。

ykn様へのお返事
  • 投稿者:ベルーガクリニック 医師 富永
  • 投稿日:2020/1/15(Wed) 22:10

 ご投稿ありがとうございます。
 これは所見が記載されているだけです。これからは推測できません。ただ、精密検査と言う言葉は悪性の疑いがあるからでしょう。貴女が聞きたい事は検診を行った施設が一番解ってます。精密検査を指示した責任はそちらにあるので、精密検査に対いする理由を含め、そちらにお問い合わせされる事をお勧め致します。

針生検とその結果について
  • 投稿者:おにぎり
  • (57歳)
  • 投稿日:2020/1/14(Tue) 17:18

健康診断のエコー検査で要精検となり乳腺専門医による診察と検査(マンモは技師)を以下の内容で受けました。

1回目の検査:マンモ、エコー(エコー検査の際、乳腺腫瘤とまではいかないが乳房左上外側の脇の下寄りに薄暗く写る部分が有るので、念の為、細い針で採取するとの説明がありその場で採取。)

結果:5段階の3。良性でも悪性でもなく判断がつかない結果と説明。
確実な診断を付ける為に針生検(エコーによる吸引式乳房式組織生検を後日行うとの説明を受ける。

2回目の検査:説明とは異なる方法の検査が行われる。(採取の際、パチンと音がする方法で6回位行われた。エコーを使用。違う方法で行われたと気づいたのはその採取の時。)

結果:「採取した細胞に悪いものが含まれていない」との説明。
その際、「1回目の検査と矛盾はあるが、前回と同じ細胞を取っているわけではないから」という説明。

今後は、エコー中心で丁寧に診てゆき、変化が有るようだったら採り直しをすると説明。次回のエコーは3か月後が望ましいとの事。
エコー中心というのは、私の場合、高濃度乳房でマンモでは写りが悪く診断できない為、エコーで丁寧に診るのが良いとの説明。(医師はマンモ読影レベルSA)


質問は以下の4点です。
1、診断をはっきりさせる為に針生検をすると聞いていたので、2回目の採取は、1回目の採取部分も含めて採取すると想像していたのですが、それは困難な事なのでしょうか?

2、初診時のエコー検査時に採取の際、私の乳腺は厚い為、針が折れて通らないかもしれないと言われ、やはり実際に通らず、もう少し太い針で刺した経緯があります
2回目の採取時に行われた方法は、Webで調べたところバネの力を利用して採取する方法のようなので、乳腺が厚い患者に適した採取方法だったのかと不安が残ります。

3、今後は、経過観察で良いものなのかお考えをお教えください。

4、2回目の検査後3週間程経過してから乳房の左側に鈍痛が時々あります。鈍痛は数分でおさまります。気にしなくてよいものでしょうか?


ご多忙の中、大変恐れ入りますが、宜しくお願い申し上げます。

おにぎり様へのお返事
  • 投稿者:ベルーガクリニック 医師 富永
  • 投稿日:2020/1/14(Tue) 19:04

 ご投稿ありがとうございます。
①今回の2回目の検査で採取出来てます。
②どんなに硬くても、1回目の細胞診も2回目の針生検も通常は問題なくできます。針が折れる事などありません。そんな話を聞いた事もありません。
③細胞診の結果も組織検査の結果も話は一致致します。「採取した細胞に悪いものが含まれていない」が検査の目的なので、結果が出てます。本当にこんな短期間の経過観察で何か意味があるのでしょうか?もしかして、この先生、何か隠してませんか?針生検を上手くできなかったので、必要病変に的中してないとか。貴女の記載が本当なら、あり得ないような話です。医学的知識がなくても筋道の通らない話です。私なら、この先生は信用しません。転院しても再度針生検しても診断の信憑性が下がるので、もう一度よく話をしてきた方が良いと思います。この先生しか知りえない真実を追求するしかないでしょう。今回の内容に医学的な内容はないです。人的な問題です。
④針を刺した後なので仕方ないです。何れ治ります。

Re: 針生検とその結果について
  • 投稿者:おにぎり
  • (57歳)
  • 投稿日:2020/1/15(Wed) 10:04

ご多忙の中、お時間を割いてご返信頂き有難うございました。
感謝申し上げます。

結果が出たにも関わらず、短期間でエコー検査、変化があれば再度針生検となれば何の為に正確な診断を付ける為に針生検を行ったのかという事になり、ご指摘の内容が腑に落ちました。


医師に話を伺いに行こうと思いますが、真意を得るのが困難であると予想できます。
理由は、2度目の検査の際、事前説明とは異なる方法で行われたので、理由をお伺いしたところ、機嫌が悪くなった経緯がある為です。

しかし、「転院しても再度針生検しても診断の信憑性が下がるので、もう一度話をしてきた方がよいと思います」と頂いた言葉に納得致しましたので勇気を出して訪ねようと思います。

そして、ご返信頂いた②ですが、
1回目の検査時の採取前に「針が折れるかもしれない」
採取中に「針が通らないのでもう少し太い針で採取します」という言葉は事実です。


恐れ入りますが、1点だけ質問させて下さい。
質問内容:細胞検査して下さった病理医が診断を誤ることは考えられますか。

大変ご多忙の中、度々質問させて頂き申し訳ございません。
ご返信頂けますと幸いです。
何卒宜しくお願い申し上げます。

おにぎり様へのお返事
  • 投稿者:ベルーガクリニック 医師 富永
  • 投稿日:2020/1/15(Wed) 14:10

 ご丁寧なお返事ありがとうございます。
 人間が行う事なので、病理医が診断を誤ることあります。
 1回目の検査時の採取前に「針が折れるかもしれない」。採取中に「針が通らないのでもう少し太い針で採取します」という言葉が真実でも、医療ではありえない事という意味です。これが真実なら細胞診自体が検査として消滅します。

Re: 針生検とその結果について
  • 投稿者:おにぎり
  • (57歳)
  • 投稿日:2020/1/15(Wed) 17:20

頂いたご指摘やアドバイスで、心に在った不安や疑問が整理されてゆきました。私にとって非常に貴重な内容でした。感謝申し上げます。

ご多忙にも関わらず、度々の質問にも親身になって下さり有難うございました。

おにぎり様へのお返事
  • 投稿者:ベルーガクリニック 医師 富永
  • 投稿日:2020/1/15(Wed) 17:22

 ご丁寧なお返事ありがとうございます。

しこりの経過観察について
  • 投稿者:じょじこ
  • (26歳)
  • 投稿日:2020/1/14(Tue) 20:48

初めまして。

2018年9月頃にお風呂でしこりが触れることに気付き、
地元の乳腺外科を受診しました。

先生はこれといって細胞診や組織診を進めず(不安だったらやってもいいけど....ぐらいの温度感)経過観察のみで1年と4ヶ月が過ぎました。
今までの経過観察は、こちらです。

2018年9月 マンモ→石灰化、エコー→21×9mmの腫瘤
◎1ヶ月後にまた来てとのこと。

2018年10月 エコー→22×8mm
◎良性だと思う。不安であれば針生検か細胞診をするけど....3ヶ月後で大きくなってたら検査しましょう。

2019年2月 エコー→22mm(たてのmmは記載なし)
◎変動がないので引き続き経過観察

2019年8月 エコー→腫瘤の大きさ記載なし。しかし新しい腫瘤が増えていた。
◎前からあったのは全然心配してない。しかし新しくできた方が怪しい。
3ヶ月後にエコーで見て変わってなければ一先ず安心。

2019年11月 エコー→今までのは22mm/新しいのは10mm
◎変動がないので大丈夫。次は半年後。

先生曰く、大きくなってないので心配はしていないとのことでした。

乳がんであれば1年間で大きくなるものなのでしょうか。
しこりは、乳がん以外であれば弾力があってコリコリ動くと良く言いますが動かないですし硬い気がします。
押さえたり動いたりするとたまに痛みもあります。

「細胞診をしよう!」と見た先生が言ってくれるのであれば迷わずするのですが、「良性の可能性は高い。不安であれば....」と言われるとやはり針を刺すのは怖いので進んでしようとなれず....

こういった場合でも細胞診や組織診はすべきでしょうか。
乳がんだった場合1年間でどのくらい大きくなるものでしょうか。
教えていただけると幸いです。

じょじこ様へのお返事
  • 投稿者:ベルーガクリニック 医師 富永
  • 投稿日:2020/1/14(Tue) 21:23

 ご投稿ありがとうございます。
 乳癌だったら最低1年で5㎜以上大きくなりますが、この内容からするとサイズが例え大きくなっても乳癌と言う事はないです。それはこのサイズならエコーで見て乳癌ならひとめ目で解かります。大きくなったら、乳癌ではなく葉状腫瘍という事もあるので、針生検はする可能性はあります。ただ貴女を脅してマインドコントロールで頻回(1か月後とか3か月後とか普通あり得ないです。)に来院させ検査し過ぎでしょう。下記の方(カッコウさん)にもありましたが、福岡特有の商売ですね。普通ならかなり大きくなったら来て下さいと経過観察も指示しないか、1年後に見ましょう。でしょう。もう少し真摯に診療される先生の所に行った方が賢明です。

先にMRI検査をする必要性と非湿潤タイプでの針生検のデメリット
  • 投稿者:みわこ
  • (78歳)
  • 投稿日:2020/1/6(Mon) 20:47

78歳、シェーグレン症候群。食べ物や薬によって蕁麻疹など出る敏感体質ですが、普段大変活発に楽しく生活していた母についてです。
自覚症状もなく何となく思いつきでやっておこうかな?と母に聞かれたときに、気軽に近所の総合病院でやっているワンコイン健診を勧めてしまいました。
そこで初めて乳がん検診(エコー)を受けたところ右乳房に混合性病変が見つかり、精密検査となりました。
年末にそこの病院で初マンモグラフィをしたところ、医師(外科医でマンモグラフィ読影認定医師)に、まだ分らないが年齢からしておそらくがんだろう。がんであれば手術を勧めます。
袋の中に留まっていて湿潤していません。おそらく10年以上前からあったのでしょう。袋の大きさは1.8センチ。しかし袋の中がどうなっているのかは分らなくて袋のサイズしか分からないし、どのようなものかも分らない。また、他の場所にもあるといけないので造影剤MIR検査を次回します。と言われました。

以前、かかりつけの漢方薬局で先ずは針生検をするものだよと聞いていたのを思い出して、先生に針生検は同時にしないのですか?と聞いたら、針生検をするとちゃんとした画像が撮れなくなってしまうので、その前にMRIをしておきます。と言われました。
先ずはその結果をみてから、エコーをみながら針生検をすると言われました。
それでその時は納得してMRIの予約を来週の9日にしました。

不安で乳がんのことをネットで色々調べていくうちに、貴院のHPに辿り着きました。
貴院の掲示板に「MRIなど寄り道。エコーでみれば専門家なら判断できる。即座に針生検すべき。」をみて

①今回の検査の順番に疑問に思ったのと、敏感体質なので造影剤に対しての不安もあります。(造影剤MRI検査のリスクについて書かれた用紙を渡されてサインをお願いされただけ。年末でバタバタしていた院内で看護師を捕まえて詳細説明をお願いしたけど案内された場所で説明なし。)
②一方、針生検についても、先生がちゃんとした画像が撮れなくなる前にと言った言葉がひっかかり、せっかく袋の中に留まっていてくれている非湿潤タイプなのに、針生検で袋が破れてしまったり傷つくなどリスクはないのか?以前先生の回答にあったように、針生検で散らばっても自然に死滅する可能性が高いから問題ないと現在も考えればいいでしょうか?

そして、最初のエコー健診時の診断結果が右と左を間違えて記載されていたこともあり、医師や技師のレベルに不安を感じ、9日のMRI検査をキャンセルして針生検するのも別の施設でやろうか転院希望を考えています。
③その際、ちゃんとした病理医にみてもらえる、信頼できるデータが出ている施設かどうかをどうやって探していくのか?電話で一件づつ確認して教えてもらえるものなのでしょうか?

そもそも高齢なので気軽に検査などしなければ、知らずに楽しく暮らせたのではないかと高齢なのにむやみに検査を勧めたことを母には言えませんが後悔しています。しかし病変があることを知ってしまって不安でいる以上、検査しないわけにはいきません。
住まいが関東ならば何も迷わず貴院を訪ねるのですが。

お忙しい中、大変恐縮です。知識なく場違いな質問かもしれませんが、毎日不安です。どうぞご教授賜りますようお願いいたします。

みわこ様へのお返事
  • 投稿者:ベルーガクリニック 医師 富永
  • 投稿日:2020/1/6(Mon) 21:20

 ご投稿ありがとうございます。
①普通はまず癌かどうかの生検が先決です。このような病変は画像だけでは癌とは正確に診断できません。癌じゃんかったら、MRIは無駄です。
②まず袋には入ってません。これは間違います。乳管と言う管の中にあるのが非浸潤癌です。針生検で自然に死滅する可能性が高いので散らばる事もありません。
③聞いても、常識的にどこもちゃんとした病理医ですと言います。レストランに電話して、どこの店もうちは不味いですとは言いません。尚、これだけのサイズがある以上、どんなレベルの病理医でも間違わないと思います。微小な病変だけが差が出ます。
 この年齢ですので、診断に拘るのではなく、乳癌だった場合、重要視するのは治療方針をどうすべきかじゃないかと思います。標準治療をそのまま行うのか、それとも高齢を考慮して何かを省略するかの判断に力を注ぐべきかと思います。

Re: 先にMRI検査をする必要性と非湿潤タイプでの針生検のデメリット
  • 投稿者:早川美和子
  • (78歳)
  • 投稿日:2020/1/6(Mon) 22:41

さっそくのお返事ありがとうございます。
はい。なるべく負担の少ない治療方法を考えていきたいと思います。
心配性ですみません。針生検でがんと判明し、手術することを選んだ場合、非湿潤といえども拡がりがないか他の場所の存在をみるために、術前にMRIは必要なのでしょうか?針生検で散らばったものは死滅するとしても、今の担当医が言うように、針生検後はちゃんとした画像が撮れなくなってしまうものなのでしょうか?

遅い時間にすみません。

みわこ様へのお返事
  • 投稿者:ベルーガクリニック 医師 富永
  • 投稿日:2020/1/6(Mon) 22:51

 ご丁寧なお返事ありがとうございます。
 広がり診断にはガイドラインに記載されているように、推奨されている検査です。針生検後はちゃんとした画像が撮れなくなってしまう事はありません。殆どの方は針生検後にMRIを撮影されます。何故ならその局所の形を見たいのではありません。局所の形が変わっても別に問題となりません。広がりを見る為に使うのです。(広がりとはもっと広い範囲を見る為に行ってるのです。)例えば、柿が癌全体とすると、柿の種が現在の病変で、そこを見るのではなく柿の皮を探しているのです。つまり、種の形など何の意味もありません。その医師は乳癌の事をあまり理解されてないのでしょう。

Re: 先にMRI検査をする必要性と非湿潤タイプでの針生検のデメリット
  • 投稿者:みわこ
  • (47歳)
  • 投稿日:2020/1/8(Wed) 08:28

富永先生、分かりやすくアドバイス下さり本当にありがとうございます。心強いです。
どんな情報を信じていいのかわからず、方向に迷う中で、このような掲示板やコラムがある事に大変感謝しています。母も笑顔になり、信頼できる私たちの身近な人たちからのアドバイスとも話が繋がり、私も家族も不安を減らす事ができました。家族で前向きに動いていけそうです!

みわこ様へのお返事
  • 投稿者:ベルーガクリニック 医師 富永
  • 投稿日:2020/1/8(Wed) 08:49

 ご丁寧なお返事ありがとうございます。

Re: 先にMRI検査をする必要性と非湿潤タイプでの針生検のデメリット
  • 投稿者:みわこ
  • (47歳)
  • 投稿日:2020/1/10(Fri) 15:11

富永先生、お忙しい中、恐縮です。
タイトルの内容とはずれてしまいすみません。
あれから私たちの地元で一番信頼できるよ。というがん専門の施設に無事転院できる事になり、1/24に初診です。

色々調べていく中で、母は10年くらい前の60代の時にシェーグレン症候群と診断され、目や口が乾燥したりはしますが元気です。

①今回の18ミリの乳腺の混合性病変はもしやと思いますが、乳腺のアミロイド腫瘤という可能性はあったりするのでしょうか?
たまたま検索していて、そのような内容が出てきて心配になりました。

今度転院先の初診時に、シェーグレン症候群である事はしっかり伝えたいと思います。

②万一アミロイド腫瘤だった場合、乳癌と間違えたりすることはなく、簡単に区別がつくものなのでしょうか?

みわこ様へのお返事
  • 投稿者:ベルーガクリニック 医師 富永
  • 投稿日:2020/1/11(Sat) 20:48

 ご投稿ありがとうございます。
①稀中の稀ですが、可能性はゼロではないです。
②画像上では難しいです。病理組織検査で解ります。

Re: 先にMRI検査をする必要性と非湿潤タイプでの針生検のデメリット
  • 投稿者:みわこ
  • (47歳)
  • 投稿日:2020/1/14(Tue) 08:22

お返事ありがとうございました。大変参考になりました。
気持ちが後向きばかりならないよう、本人の既往歴をしっかり伝え、今後の検査、治療方針など進んでいこうと思います。

みわこ様へのお返事
  • 投稿者:ベルーガクリニック 医師 富永
  • 投稿日:2020/1/14(Tue) 13:12

 ご丁寧なお返事ありがとうございます。

嚢胞について
  • 投稿者:カッコウ
  • (45歳)
  • 投稿日:2020/1/12(Sun) 17:05

はじめまして。

2018年12月
集団検診(マンモ)にて再検査指摘。
右微小円形集簇石灰化カテゴリー3。

2019年1月
専門医院でマンモ+エコー受診。
触診左右所見なし。エコーは左右所見なし。マンモは検診と同所見。
半年後検査を勧められるが私の意向で造影MRIを受診。
結果現時点で悪性所見は見られないので半年後再検。

2019年8月
同医院でマンモ+エコー受診。
触診マンモエコーともに左右前回と変わらず。
もう1回半年後検査し変わらなければ1年後検査へと言われる。

2020年1月
同医院でマンモ+エコー受診。
触診マンモは左右前回と変わらず。次は1年後検査。
エコーは右は所見なし。左に嚢胞(良性)あり。

先生からは「左に嚢胞がありますが良性です。心配ありませんがせっかく受診してもらっているし前回は嚢胞がなかったので半年後にエコーだけ受けに来てください。」と言われました。

①今までずっと所見なしだったのに半年で嚢胞はできてしまうものなのでしょうか?
②嚢胞というのは水分がなくなって消えたりするのでしょうか?
③嚢胞は大きくなるとしこりのように触れるものなのでしょうか?しこりと嚢胞の違いがいまいちよくわかりません。
③マンモと同じ1年後ではなく半年後と言われたのは嚢胞が初見だったからでしょうか?

良性とはっきり言われたので安心していますが帰宅してからなぜ半年後か少しモヤモヤしだしました。医師の見解による話だと思いますが・・・。

つたない文章・長文失礼いたしました。
よろしくお願いします。

カッコウ様へのお返事
  • 投稿者:ベルーガクリニック 医師 富永
  • 投稿日:2020/1/12(Sun) 18:27

 ご投稿ありがとうございます。
①今日なくても明日には出来ているようなもので、またすぐになくなる事もある所見で正常なものです。
②明日なくなるかもしれないようなものです。
③腫瘍とは違いますが、素人からするとしこりのように触れます。
④普通はのう胞は病気ではないので診察の適応とはなりません。のう胞=正常です。
福岡の先生に聞いた話によると、それなりの理由を適当に言えば受診するので、福岡は乳腺クリニックなどの乳腺科が乱立しているので経営が苦しく、お金儲けの為に半年ごとに来させてると言ってました。「左に嚢胞がありますが良性です。心配ありませんがせっかく受診してもらっているし前回は嚢胞がなかったので半年後にエコーだけ受けに来てください。」という言葉は、相当胡散臭いと常識的に思って下さい。普通は『せっかく受診しているからとはどういう意味ですか?真面目に受診しない方が賢いという意味か?正しい診療とは考えられない。患者を馬鹿にしてるんですか。』と詰め寄るべきです!
 通常は右微小円形集簇石灰化の観察に年1回です。のう胞単独なら、経過観察不要で検診に戻るようになります。例えば、当院ですべての経過観察の方で半年後にと指示するのは年10人程度で稀中の稀です。

Re: 嚢胞について
  • 投稿者:カッコウ
  • (45歳)
  • 投稿日:2020/1/12(Sun) 20:13

休日なのに早々に返信いただきありがとうございます。

>お金儲けの為に半年ごとに来させてると言ってました
身内からも「病院も商売だからな」と言われました。
せっかく受診や心配ないのに半年後も全てここに繋がっているみたいですね。

モヤっとしてたものが晴れました。
これからもセルフチェックと年1の検診を続けたいと思います。

ありがとうございました。

カッコウ様へのお返事
  • 投稿者:ベルーガクリニック 医師 富永
  • 投稿日:2020/1/12(Sun) 22:15

 ご丁寧なお返事ありがとうございます。